足や靴の間違った常識

足の常識

 

足の常識は間違い?

日本では足の間違った認識が、常識となっています。

欧米やオーストラリアなど足医療の先進国と日本では、専門家でなくても足に関する常識が大きくかけ離れています。

足に関する常識が眞逆であることも珍しくありません。

日本で靴の常識は、柔らかい靴が足に優しく健康によいとされています。欧米の常識では固く確りした靴が足や健康に良いとされています。

これは足が正常に機能しているか否か不確実な状態で靴を評価するために起こる現象だと思います。

足機能が正常で無い場合は 靴がぴったり=窮屈
足機能が正常な場合場合は 靴がぴったり=フィットする

このように感覚のずれが生じ、常識の相違ができます。

 

  • 外反母趾は親指が原因で起こる病気である。⇒外反母趾は踵の関節が機能しないために起こる病気です。
  • タコウオノメは病気ではない。⇒タコウオノメは足の機能が正常でないために指の付け根に荷重が集中して起こる病変です。
  • 偏平足は足の個性である。⇒偏平足は踵が内側に倒れこんだ為に、土踏まずがつぶれる病変です。
  • 柔らかき靴が足や身体に良い⇒柔らかい靴は内外に傾いた際に体重で踵等の靴底が歪み身体が大きく傾斜するので健康に悪い。
  • 裸足が健康によい⇒足機能が不完全な足は腰痛・膝痛・O脚・骨盤脊椎の歪みをうみ、健康を害するため機能的インソールで矯正が望ましい。

外反母趾やタコウオノメのある足で姿勢が悪く腰痛や膝痛のある方。それは足のせいかも?

 

あなたは損をしています?

ガンコな膝の痛みや腰痛は、足機能を矯正することでその痛みを軽減できたり無くしたりすることがあります。

足の影響を知らないで苦しんでいる、あなたは損をしています。

膝の痛みや腰痛で悩んでいる方は、足の専門家に相談してみることをお勧めします。

あなたの足は大丈夫ですか?

 

足のカウンセリング

いとう接骨院では足のカウンセリングを行っております。(保険外、完全予約制)

足の専門家が静的や動的な足評価をします。

足の評価は歩行時の状態を観察することで適切な評価が可能となります。

※静的:静止した状態での足評価
※動的:歩行時の足の評価(バイオメカニクス)

 

足のことなら本厚木駅前「いとう接骨院」平日夜9時まで診療。

℡ 046-295-6311

mail info@foot-head.com

足に良い子供の靴選び

子供の靴選び

子供の靴選びは、成長と深い関係があるので慎重に行わねばなりません。

足の機能を習得し足を形成する時期は生後1歳~6歳といわれています。

この時期に足へ悪影響が及ぶと成長の過程や成人してから足だけに止まらず、膝・腰・脊椎などに悪影響が及ぶので適切な靴を選びましょう。

  • 外反母趾
  • 変形性の膝関節症
  • 側湾症
  • 肩こり
  • O脚
  • 身長が伸びない

※生後1~2才位までの足は土踏まずの無い柔らかな足で、骨自体も成長のための軟骨が多く成人の足の骨格と大きな相違があります。
※3才位から成人の足の骨格に近づき6歳くらいまでに足機能が成育すると考えられています。(米国足病医学)

ついつい大きな靴を選んでしまう。

槌指

子供の靴を選ぶ際に成長分を見越し、ついつい大きな靴を選びがちです。

現に足の疾患でいとう接骨院に来院される子供の大半は適正サイズの靴より遥かに大きな靴を履いています。

あまり大きなサイズを選ぶと(2サイズ以上:約1センチ)、子供の足が靴の中で不安定になり怪我や足の変形そして病気の原因となります。

特に足機能を矯正している子供の場合、足底板が機能しないばかりか悪影響を及ぼすことがあります。

通常ハンマートゥや靴ずれは小さい靴を履くことにより起こると考えられがちですが、大きな靴を履いた為に起こることが多いのです。

子供の将来を考え、適正サイズの靴を子供に与えましょう。

 

 

不適切なサイズの靴は矯正用インソールの効果が得られない!

たとえば、どんだけ高性能なメガネ用レンズでも、顔のサイズに合わないメガネフレームを使用したらレンズが機能しないばかりかよけい見難くなってしまうことがあります。

足を矯正する場合も同じことが言えます。

スポーツによる影響

足がちゃんと機能しない状態でスパイクなどトラクションの大きい靴を履きスポーツをし過ぎると、骨に大きな反力が及び骨端軟骨が骨化し身長が伸びにくくなります。

激しいスポーツをして身長が伸びなくなる原因の一つに足機能があるのです。

靴を選ぶ時のポイント

  • フィットして適切なサイズ
  • 剛性のある靴
    ※フレックス:親指の付け根と小指の付け根は曲がること。
    ※特に足の骨格が確りしてくる3歳以降は剛性のある靴をお勧めします。

もし足機能に問題があり、足をインソールで矯正している場合。
まず足に合ったインソールを入手し、そのインソールを入れた状態で適切な靴を選びましょう。
その時、成長分を見越し大き目の靴を選んだとしたらインソールと靴の性能を引き出せなくなるどころか身体に悪影響を及ぼしかねません。

あくまでも、足に靴やインソールを合わせるのであって靴やインソールに足を合わせるのではありません!

 

小児用足底板 子供用インソール

 

 

 

 

 

 

 

足のことなら本厚木駅前「いとう接骨院」平日夜9時まで診療。

℡ 046-295-6311

mail info@foot-head.com

 

ムチウチは骨盤から治す

むちうちは骨盤から治す!

ムチウチ(頚椎捻挫:むちうち)が中々治らない患者さんは骨盤の歪みがある方が多くみられます。

ムチウチの回復は頚椎のストレスに大きく影響されます。

骨盤がゆがむと背骨の正常な湾曲がこわれ、カラダに対する路面からの反力や前後左右のブレでムチウチを悪化させます。

頚椎は骨盤のゆがみで、湾曲を失ったストレートネックになりやすいため、症状を更に悪化させます。

交通事故でムチウチ症になった頚椎は、骨盤のゆがみで安静をとることができず悪循環のループに陥ります。

交通事故→ムチウチ→骨盤のゆがみによるストレス→痛みによる運動不足→運動不足による血行不良→血行不良による痛みの慢性化

だからムチウチを治すには骨盤のゆがみも解消しなければならないのです。

そして骨盤が歪む原因の多くは足にあります。

むちうちの治療は足元からカラダのバランスをとらなければなりません。

下半身と上半身を結ぶ骨盤と脊椎

骨盤の中心である仙骨は脊椎の土台となります。

下半身の不具合は仙骨を含む背骨を介して頚椎まで達します。

脊椎は連続した関節で、いくつもの筋肉が胴体部分のみならず上肢下肢にも折り重なるように付着しているため骨盤の影響が全身にも及びます。

もともと骨盤のゆがみによってストレートネックになった頚椎は外力に対して弱いので、交通事故などの大きな衝撃で甚大な被害をうけます。

骨盤、足から頚椎まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いとう接骨院のムチウチ治療

※任意保険一括請求対応・自賠責保険被害者請求対応

 

℡     046-295-6311

mail:  info@foot-head.com

神奈川県厚木市中町3-1-2

いとう接骨院

坐骨神経痛の原因は足だった!

坐骨神経痛の原因は足だった!

☆挫骨神経痛の症状がある方の足にタコ・ウオノメ・外反母趾などがありませんか?
☆挫骨神経痛の症状がある方の靴の減り方変形が症状の無い方と違いませんか?
これらに心当たりがある方は足機能異常を疑って下さい!

頑固でなかなか取れない坐骨神経痛。

坐骨神経痛の原因は色々な説が言われていますが、足が原因と主張する治療家は多くありません。

一部の研究者たちは足が原因であり坐骨神経痛は、その代償として起こる関連痛と唱えている研究者もいますがまだ一般的ではありません。

これは足のバイオメカニクスに精通した足の専門家が少ないためです。(日本も含めアジアでは強い傾向があります。)

このようなカラダの痛みは直接外力によって起こる場合より、代償によって起こる事の方がはるかに多いのです。

なので、痛みを起こす原因を解明しなければ真の回復は困難です。

些細なことで繰り返し起こる腰痛や肩こりの本当の原因は足機能異常による代償です。

 

坐骨神経痛の過回内足による影響

過回内足は下肢を過度に内旋させます。

過回内足によって過剰に伸張した梨状筋が坐骨神経痛を誘発。

  • 下肢が内旋による深部大腿外旋6筋の一つ梨状筋の伸張。
  • 下肢内旋による仙腸関節捻転

距骨下関節の動き

 

☆脚が外旋すると距骨下関節は回外します。

☆脚が内旋すると距骨下関節は回内します。

※参考画像 インパクトトレーディング superfeet tech3

 

rijoukinsinkei sinnbudaitai6kin 梨状筋

※梨状筋が人体に及ぼす影響は大きく、梨状筋症候群として有名です。

 

 

 

 

足の代償によって発生した梨状筋トリガーポイント

足機能が不完全だと、足趾・膝関節・骨盤・脊椎などが足機能を代償し、代償した関節にストレスが発生します。

こうして足機能の代償が梨状筋トリガーポイントを生み、坐骨神経痛を誘発するのです。

梨状筋トリガーポイントは臀部や下肢に関連痛を引き起こし、臀筋を萎縮させることもあります。

※トリガーポイント:筋組織に出来る索状硬結中の強い圧痛がある結節。トリガーポイントを圧すると関連痛がRPP(関連痛パターン)が出現する。
※活動性トリガーポイント:圧迫しなくても疼痛を発する。関連痛パターンの出現。
※潜在性トリガーポイント:圧迫時に疼痛、サイレントで自発痛がない。放置すると、活動性トリガーポイントになる。
※代償とは、ある関節が機能しない場合に他の関節が替わりに機能することです。

 

坐骨神経痛に影響する要因

  • 足部機能の乱れ。
  • 骨盤の仙腸関節のねじれ。
  • 血行不良
  • 気候(気温気圧の急激な変化)
  • 不安定な履物

 

いとう接骨院の挫骨神経痛の治療

☆梨状筋の活動性トリガーポイントによって起る坐骨神経痛を解消するには、足部機能の矯正が不可欠です。

☆ここでは坐骨神経痛の起こる原因で、あまり触れられていない足との関係を記載しました。
当然原因は足以外にも様々な要因があります。

 

℡     046-295-6311

mail:  info@foot-head.com

神奈川県厚木市中町3-1-2

いとう接骨院

 

2014年11月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : akira

偏平足は病気です

偏平足は病気です!

縦アーチが低くなったり、なくなったりした偏平足は病気です。

いわゆる偏平足とは多くの場合、外反偏平足のことを言います。

外反偏平足とは踵の骨が外反(内側に傾く)して縦アーチが消失したり低下した足です。

henpei01 偏平足
偏平足は病気ですが、足自体に強い痛みなどの症状が出ないため病気だと気づきにくい疾患です。
放置すれば、足やその他の部分で代償が起こり身体を
蝕んでいきます。

日本では医療機関でさえ、足機能自体が問題視されない傾向にあるので尚更ですね。

それは足のバイオメカにクスが、よく理解されていないためです。

外反扁平足は過回内足によって起こる病気ですが、その他ハンマートゥ・外反母趾・内反小趾・開張足・タコ ウオノメなども併発することが多い疾患です。

外反偏平足を放置すると、足を構成する骨自体に変形が起こり関節を破壊します。

酷くなる前に足を矯正しましょう。

もしあなたが偏平足で膝・腰の痛みや肩こりが症状としてあれば、足のせいかもしれません!

 

団体、足のカウンセリングについてのお問合せ↓ お気軽に!

℡     046-295-6311

mail:  info@foot-head.com

神奈川県厚木市中町3-1-2

いとう接骨院

 

 

 

 

2014年11月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : akira