任意保険がダメでも被害者請求(交通事故の人身賠償請求)はできる。

交通事故相手方「任意保険」が対応しない場合は被害者請求をしよう!

交通事故の治療で相手方任意保険を使えない時ってどんな場合?

  • 交通事故の相手が任意保険に未加入の時。
  • 交通事故で自分の過失が大きく、軽症な時。
    ※交通事故でお互いに任意保険を使いたくない時(任意保険の等級が下がり、支払う保険料が高くなる等)などに使用する方もいます。

★被害者請求とは

交通事故の被害者(過失が相手方に少しでもある場合は交通事故の被害者となります。例95:5 95%が自分の過失)が、自賠責保険に治療費や休業損害・慰謝料・通院交通費・・後遺障害などを賠償請求する事を言います。
※交通事故被害者とは事故という出来事の被害者であって、加害者に対しての被害者ではありません。
※自賠責保険では70%以上100%未満の過失に対して20%の過失相殺しかされません。(被害者救済のため)
※任意保険では、過失相当分を過失相殺されます。

★任意保険は過失割合の大きな交通事故被害者に対して一括請求対応を拒否される場合があります

交通事故被害者の過失が20%以上になると、相手方任意保険が対応しないケースが増えてきています(軽症で自賠責の範囲内で収まると判断された場合)。
※一括請求では、相手方任意保険が被害者の治療費などを支払います。(被害者が治療費を支払わずに済む。)

もし仮に自分に30%の過失が有り、相手方任意保険が一括請求を拒絶した場合でも120万円の枠内(死亡や後遺障害を除く)で治療費や休業損害・慰謝料・通院交通費などを自分で相手の自賠責保険に被害者請求することができます。

この様な場合「いとう接骨院」では、被害者請求の患者様に対し当院治療費の立替に応じますのでご相談ください。
※通常、被害者請求は被害者が治療費などを立替て治療終了時に自賠責保険に請求します。
※被害者請求では様々な手続きを自分で行わなければなりません。
※ご希望であれば、申請書類を作成できる専門家を紹介いたします。

また相手方保険会社の理不尽な対応や任意保険の等級低下を懸念するなど被害者の置かれた状況で、被害者請求をなさる方もおられます。
※例:任意保険を使うと等級が下がり保険料が上がる。

 

「自賠責の傷害部分120万円の枠とは」

  • 治療費
  • 看護料
  • 諸雑費
  • 通院交通費
  • 義肢等の費用
  • 診断書量
  • 文書量(事故証明・印鑑証明・住民票など)
  • 休業損害(専業主婦は主婦業として、通院日数に乗じて支払われます)
  • 通院慰謝料
    ※詳しくは Link⇒交通事故⇒損害保険協会

★被害者請求のメリットとデメリット。

  • メリット:任意保険会社に干渉されない。
  • デメリット:治療費の立替や各種手続きを自分でしなければならない。
    ※いとう接骨院では、治療費の立替(いとう接骨院分)や各種手続きのご相談もお伺いいたします。
    (専門外のご相談は、専門家をご紹介いたします)

★一括請求と非一括請求

一括請求も非一括請求も、自賠責保険と任意保険を両方使う請求方法です。

一括請求とは任意保険会社が自賠責保険を請求し不足分を任意保険から支払う請求です。

非一括請求とは相手方自賠責保険に被害者請求をして、自賠責保険で賠償しきれない不足分を被害者が相手方任意保険に請求する方法です。

こちらの請求方法もケースバイケースでメリットもデメリットもあります。

 

交通事故の被害は、その後の人生に大きく関わるので慎重に対処しましょう。
可能であれば、法律の専門家に相談することをお勧めします。
※いとう接骨院は法律が専門ではありません。正確に詳しくお知りになりたい方は、弁護士や行政書士に御相談ください。

★いとう接骨院は交通事故の被害者様が治療に専念できる環境を提供いたします。★

本厚木駅前徒歩2分
平日夜9時まで診療、日曜日も診療いたします。

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com

 

内反捻挫で足関節を安定させる固定方法

《足関節捻挫はスポーツで良く起こる外傷です。》

その中でも特に多いのが内反捻挫です。

足関節の可動域は外反(回内)する動きより、内反(回外)する動きが大きいため加速して大きくなった外力が足関節を極度に内反させ可動域を超え関節支持組織を破壊し捻挫しやすいと考えられています。

逆に足の内側は足関節の外反する角度が狭いため大きな外力が生じた場合骨折など重度の怪我をしやすいとも言われています。

《内反捻挫の固定》

本厚木駅前の「いとう接骨院」では距骨下関節回内・回外中間位、足関節中間位で固定します。

一般的には受傷した反対の姿位(回内位)で固定します。

距骨下関節回内位で固定すると距骨が内旋し、前距腓靭帯が伸ばされてしまうからです。

距骨下関節を中間位に保つにはテーピングか包帯と足底板を使います。

足底板を使うことで、居骨下関節のニュートラルを保持しやすくなりテーピングとの相乗効果で足関節の安定性が格段に向上します。

前距腓靭帯

※捻挫の度合によって、スパイラルやスターアップに使用するエラスティックテープを姿位を変えながら張り増しします。
※距骨下関節をニュートラルで固定することがポイントです。

《治療方法》

  • 初期:RICE療法+アキュスコープ
  • 温熱療法
  • 電気療法
  • 超音波療法
  • マッサージ
  • 足部機能異常:足底板療法

※何らかの理由で、長期間の加療を要する場合トリガーポイント症候群に陥る事があります。特に足部機能異状による代償は関連痛を発症しやすいので注意が必要です。

※内反捻挫を繰り返す足は足部機能異常(硬直性前足部外反の完全代償)を疑うべきです。

 

《内反捻挫を起こしやすいスポーツ》

バレーボール・バスケットボール・陸上・サッカー・野球

 

《内反捻挫の予防》

内反捻挫の予防は運動前のウォーミングアップと靴の点検(靴底の磨耗や変形)重要です。

自分の足のサイズに対して大きすぎる靴を履くと、代償により慢性的な内反捻挫を繰り返してしまう事があります。

自分の足にフィットする靴がなかなか探せない場合は靴紐の結び方を工夫して対処しましょう。

 

平日夜遅くまで診療しています(夜9時まで)

本厚木駅前徒歩2分「いとう接骨院」

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com

 

 

 

 

過回内足とは

過回内足とは距骨下関節で踵の骨が内側に倒れすぎた足の事です。

これは正常な足です。踵の骨は垂直で横アーチも有ります。

距骨下関節ニュートラル ニュートラル時のアーチ

 

これが過回内足です。踵の骨が内側に大きく倒れこみ、横アーチも無く扁平な足です。

過回内で扁平になったアーチ 過回内した踵骨

扁平化した内側アーチ

 

 

 

街中でこういう状態のブーツを良く見かけます。過回内で変形しています。

過回内足で変形したブーツ

 

過回内足の主な原因は後脛骨筋の筋力低下と言われています。

後脛骨筋は回内の減速と制御に働くため過回内で腱に大きなストレスを発生させます。

後脛骨筋不全症:PTTDは身体に様々な病変を引き起こします。

 

《過回内足が関係する傷病》

  • 強直母趾
  • 外反母趾
  • 足関節背屈不全
  • シンスプリント
  • 内反小趾
  • モートン神経腫
  • 足底筋膜炎
  • PTTD
  • 膝蓋軟骨軟化症

足の事なら、本厚木駅前「いとう接骨院」
平日夜9時まで診療、日曜日も診療

 

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com

足機能低下、過回内足はランナーの障害を誘発する!

アスリートの競技成績向上や障害の予防には足機能の正常化が欠かせません。

出来る限り高次元の足機能正常化はアスリーとの限界を飛躍的に高める鍵です!

ランニング Pix_RunningShoes

  • 1の鍵:距骨下関節機能異常の矯正
  • 2の鍵:横足根関節機能異常の矯正(かなり高度な正常化)
  • 3の鍵:第1列(親指の列)異常の矯正
  • 4の鍵:足関節背屈制限の解除
  • 5の鍵:剛性があり適切なサイズの靴の選定

《なぜ足機能の正常化が必要か?》

競技成績が伸び悩んでいる大きな原因の一つに、足部機能の異常が考えられます。

特に陸上やサッカーなどの走るスポーツは足裏から路面に脚力が伝わるため、足が柔らかすぎると伝わる力が減衰してしまいます。

効率よく脚力を路面に伝えるには足が固いほうが望ましく、ショックを吸収するには足が柔らかいほうが望ましいことになります。

この様に、運動する際は相反する機能が足に求められます。

正常な足では固くなるべき時は固く、柔らかくなるべき時は柔らかくなるように機能しています。

人間の2足歩行はこの複雑な足機能を使ことで実現しているのです。

※走行時体重の8倍の加重が足に掛かります。 続きを読む

間違いだらけの外反母趾治療!

《間違いだらけの外反母趾治療》

外反母趾の原因はハイヒールや窮屈な履物が原因で起こると言われていますが、

本当の理由は足機能の異常から起こる場合が殆どです。

ですから、外反母趾になる人は、裸足でもなる可能性が高いという事です。

外反母趾の方に多く見られる足部機能異常は過回内足です。

なので、履物を原因とする、間違いだらけの外反母趾治療では改善が見込めません。

《過回内足とは》

過回内足とは、踵の関節が正常に機能しないために踵の骨が内側に倒れこみ過ぎた足を言います。

外見的には偏平足のように見えることが多い足です。

過回内足を代表とする足部機能異常は、身体の至るところに悪影響を及ぼします。

過回内足⇒外反母趾、変形性膝関節症、膝内障、骨盤の破壊、O脚、ねこぜ、側湾症、etc列挙したらきりがありません。

それだけ足部機能は身体に深く関わっているのです。

外反母趾は過回内足から起こる=踵の病気です。

原因を無視した、間違いだらけの靴選びや矯正が回復を拒んでおります。

《日本では》

外反母趾=柔らかい靴

外反母趾=大き目の靴

外反母趾=母趾自体を矯正

外反母趾=裸足が一番楽だ

以上、間違いだらけの外反母趾。

  1. 柔らかい靴は足部を不安定にし、外反母趾を悪化させる。
  2. 大き目の靴は足部が動揺し外反母趾を悪化させる。
  3. 外反母趾自体をテープや装具で固定しても足機能は改善されない。
  4. 足底板などで足部機能を向上すれば外反母趾のストレスが軽減する。

《足病学先進国では》

外反母趾=固くて確りした靴

外反母趾=フィットした確りした靴

外反母趾=足機能の向上(矯正)

  1. 固くて確りした靴は足底晩の矯正力を発揮させストレスを軽減させる。
  2. フィットした靴は足部の動揺を防ぎ足機能を安定させる。
  3. 足底板などの使用で足機能を正常化しストレスを軽減する。※内科的疾患(糖尿病やリュウマチなど)の場合は柔らかい靴を選ぶ場合があります。

003 P1030245copy RIMG0009 RIMG0015

 

外反母趾で手術をご検討のかた、手術をする前に是非「いとう接骨院」に御相談ください!

厚木で整骨院、接骨院、整体なら本厚木駅前「いとう接骨院」

夜9時まで診療、日曜日も診療

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com