身体各部の不調は足機能と密接な関係がある

 

足の矯正

足機能の改善は身体の改善

身体に掛かった重力は足へ反力として身体各部へ伝わっていきます。

足が正常に機能しないと、それを補う動きが足付近の関節から発生します。

この動きを代償といいます。

代償が行われている関節はストレスが生じ、やがて故障してしまいます。

この事実に気がつかないと身体各部の改善どころか、悪化の道をたどる破目になります。

中々改善しない身体各部の症状には代償が潜んでいます。

対蹠的な治療では、このような原因(代償)による不調の治療に限界があります。

足機能を改善すれば身体各部の様々な不調を改善できる場合が数多くあります。

上記の如く、その逆も然りです。

胴体部分や股関節から下の箇所で痛みが慢性化している場合などは、足部機能異常を疑う必要があります。

関わりの深い症例

 

人間の足機能は生後6歳までに形成される!

人間の足機能は生後1歳から6歳までに形成されます。

小学校に入学するくらいの期間は人間の足にとって、とても重要な時期といえます。

音楽の絶対音感などもこの時期に習得されます。

この時期に家の仲にばかりいて適度な運動をしないと、足の将来=身体の将来に致命的なダメージを与えかねません。

歳を取ってからでは、足機能を鍛えられないからです。

後脛骨筋機能不全症候群などは足機能の発育と深い関係があると考えられています。

 

足機能を改善するインソール

ここまでの記事をご覧になり落胆された方もいらっしゃると思いますが、ご安心下さい。

たとえ大人になって足機能に異常がある場合でも、足機能を改善する適切なインソールを使用すれば多くの場合生活に問題ないレベルまで機能回復が可能です。
※症状によっては、改善されない場合も有ります。

 

靴に注意、踵の歪みが関節を壊す。

梅雨入

6月5日、関東地方も梅雨入りしました。

この時期は、なにかとゴム長靴を履く機会が多くなります。

足腰が不調な方は、履物が大きく不調箇所に影響を及ぼします。

日本ではクッション性の高い柔らかな履物が足に良いという考え方が一般的です。

しかし足の医学が進んでいる欧米では、逆の考え方が主流です。

足病医学では、硬くて剛性のある履物のほうが足に良いと考えているのです。

ゴム長のように、靴底が柔らかい靴は不安定なので身体に良くないと考えられています。

欧米の足病医学では、距骨下関節という踵の関節を非常に重要視しています。

外反母趾など足の病気の殆どに深く関わっている関節だからです。

この踵の関節が正常に機能しないと近くの関節から、それを補う動きが発生します。

このように、ある関節が正常に機能しないために他の関節がそれを補うことを代償と言います。

踵の関節の代償が徐々に遠くの関節や軟部組織の不調を誘発するのです。

踵→膝→骨盤→背骨

※距骨下関節のほかにも横足根関節など大変重要な関節も足に存在します
※距骨下関節で最も多い機能障害は過回内足です。

踵は靴が土台となって全身を支えているので靴底が柔らか過ぎると体重が内外前後に移動するたびに不安定になり、それを支える関節にストレスが生じます。

変形性の膝関節症や外反母趾はこういうメカニズムで起こるのです。

柔らかすぎる靴や大きくフィットしない靴が身体に良くない理由がこれです。

ゴム長靴や安全靴はこのような理由から、身体にストレスを与える靴の筆頭と言えるでしょう。

ムートンの様な生地で出来た靴や英国製のハンティングブーツ(ゴム製)が若い女性の中で流行していることが懸念されます。

履くだけで・・・などのキャッチコピーで売っているスポーツシューズもありますので、くれぐれも甘い言葉には御用心!

 

工場や厨房などの製造現場で働いている方の足腰の不調は、ゴム長や安全靴が原因の可能性があります。

足の機能異常は、足に直接痛みがともなうとは限りません。

足自体に痛みが無い場合や足病の専門的知識が乏しいと、足部機能異常を発見できず代償による損傷を憎悪させてしまいます。

外反母趾の原因が踵にあることは、欧米で一般的です。

しかし日本では外反母趾の治療に、踵の矯正をすることはまれです。

もしあなたが足に良くフィットした靴が窮屈に感じられるなら、足機能の異常を疑いましょう。

日本の医療機関での足病的アプローチが行われるよう、将来に期待します。

足腰に不調のある方は、自分の履物のチェックから始ましょう。

 

足の事なら、本厚木駅前「いとう接骨院」

夜9時まで診療!

 

 

 

足病学は足が原因の疾患を根本的に改善する。

あなたの身体が痛いのは、足のせい!

足は身体の基礎です。

建物の基礎が傾けば建物も傾き、いずれ崩壊するでしょう。

足病学は身体の基礎である足機能を解明し正しく機能させる為の医学です。

 

足病学とは

足の機能が人体へ、どのように関わっているかを科学的に解明した医学です。

また糖尿病等の内科的疾患にも足病学理論がが生かされています。

米国・オーストラリア・ヨーロッパなどが、その先進国です。

米国には足病学を専門とした足病医の資格制度があり、各分野の専門医と共同または独立して診療を行っております。

わが国では、足病医の制度がなく足のバイオメカニクスに反した迷信的な治療が多々行われている事があります。

足のバイオメカニクス(生体力学)を無視した治療は下肢や体幹の遷延治癒や憎悪の原因となります。

いとう接骨院では足病学を取り入れた治療で不調の原因を取り除く施療を行っています。

いままで対処的な治療で満足な治療成果が得られなかった方は是非、足病学に基づいた根本的な治療にチャレンジしてみませんか。

  • 足病学を取り入れた治療は、慢性的な症状改善を高めます。
  • 足病学を取り入れた治療は、急性期の症状改善を高めます。
  • 足病学を取り入れた治療は、健康寿命を引き上げます。
  • 足病学を取り入れた治療は、競技成績の壁を崩します。
  • 足病学はあなたの可能性を高めます。

kakai03 newt01

過回内足

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※上右:ニュートラルな足 上左:過回内足 下:過回内足

病的な足(過回内足)が増えている

足部機能異常で最も多いのは過回内足です。

足機能が形成されるのは生後1歳から6歳

人間の足部機能が形成されるのは、生後1歳から6歳とされています(足病学)。

この時期に適度な運動行われなかったり、運動が過剰だと将来足機能に異常を来たす恐れがあります。

ゲームなど室内遊戯ばかりしたり、スパイクシューズで激しい運動をする事は避けたほうが良いでしょう。

過回内足が深く関わっている疾患

  • 外反偏平足
  • 外反母趾
  • タコ・ウオノメ
  • 膝痛
  • 腰痛
  • 足底腱膜炎

足部機能異常は数々の不調を引き起こす、正に万病の素です

あまり酷くならないうちに矯正しましょう。

足病学を取り入れて作成された足底板(インソール)は過回内足の矯正に威力を発揮します。

 

足の事なら本厚木駅前「いとう接骨院」にお任せ下さい

LINElinebutton_16x16→ footcare-atsugiで検索LINEからLINE電話で無料通話できます。

LINE@のQRコード

 

 

 

 

パソコンでごらんの方は上のQRコードをスマートフォンで読み込んで下さい。