肩こり腰痛は骨盤を治せ

肩こり腰痛

肩こり腰痛は骨盤の歪みから生じます。

肩こりはストレートネックなど、異常な背骨の湾曲によるストレスで起こりやすくなります。

骨盤が前傾すると腹部の後湾が強くなりお腹が前方に張り出します。

骨盤が後傾すると背骨が後方に伸び、身体は重心のバランスを取るため猫背となります。

生理的(正常な)湾曲を失った背骨が腰肩にストレスを与え肩こりや腰痛へとカラダを不調の連鎖に導いていきます。

骨盤の歪み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤矯正の限界

肩こり腰痛の原因は骨盤と密接な関係があるのは前述の通りです。

複数の骨で出来ている骨盤を安定させているのは靭帯ですが

歪んだで傷んだ靭帯は元に戻ることはありません。

靭帯は再生しないからです。

よって骨盤矯正によって静的に復元された骨盤も、またたくまに歪んでしまうのです。

 

肩こり腰痛を防ぐには

肩こり腰痛を防ぐには、骨盤歪みの原因を除去せねばなりません。

骨盤が歪む原因は他の関節の代償として起こります。

私は足部機能の異状による代償が主な原因と考えております。

だから足機能を矯正すれば骨盤の歪みの拡大をふせぎます。

その結果、腰や頚肩のストレスが軽減するのです。

足の矯正には機能的足底板を使用しましょう。

足は万病のもと。

足に痛みが無くても、足を大事にしましょう。「いとう接骨院」

 

足の事なら、「いとう接骨院

本厚木駅前、平日夜9時まで診療

ノースウエスト社製足底板・スーパーフィート取扱い

予約優先↓

℡046-295-6311

※肩こり腰痛の原因は骨盤歪みが全てとは言えませんが、原因不明の肩こり腰痛は足の矯正と骨盤矯正を試してみる価値があるでしょう。
※内科的な原因で肩こり腰痛が起こることもあるので注意が必要です。

肩こりは足が原因だった!

肩こりの原因は足だった!

 

足が悪いと、身体のバランスが壊れ様々な箇所にストレスが発生し肩こりの原因となります。

肩こりとは、首方周辺の筋肉が異常緊張した状態です。

足は人間の身体の土台部分です。

足が悪いと、骨盤が歪み背骨も歪んでしまいます。

骨盤が前後に歪めば背骨が生理的湾曲を失い、上半身では脊柱や肩甲骨に付着している筋肉が異常緊張を起こし肩こりなどの症状を発症します。

これが、足の異常が生んだ肩こりです。

骨盤が前傾や後傾すると頚部の湾曲は減り(ストレートネック)頭部と肩部の自重で酷い肩こりを起こします。

腕の自重は体重の6.5パーセント頭部7%くらいと言われていますが、背骨の中心から離れれば離れるほど回転モーメントが掛かり頚肩部付近のストレスは増大します。

だから足が悪ければ悪いほど姿勢も悪くなり肩こりも酷くなるのです。

これは、人間特有の二足歩行ゆえに起こる肩こりといえます。

もし人間が四足歩行の動物だったら、足と腕の荷重の掛かり方を想像すれば分かりやすいと思います。

 

代償とは

代償は不完全な機能の足を2足で転倒せずに立ち上がり歩行走行し手助けをする行為です。

足の機能が不完全で転倒しないように脊椎で代償(バランスをとる)すれば脊椎周辺に異常が発生し、やがて痛みとなって現れます。

直接的な外傷や内科的疾患以外で起こる痛みは代償を疑うべきです。

代償とは、ある関節が機能しないために他の関節がその動きを補うことを言います。

骨盤の歪み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤の状態

  • 正常: 脊椎は生理的な湾曲を保ち、重力線は耳・股関節・膝・外くるぶし・へと垂直に一直線上に並ぶ
  • 前傾: 骨盤が前傾しているため腰椎の後湾が強く、尻が出っ張りポッコリお腹になり各脊椎の湾曲も強くストレートネックになり易い
  • 後傾: 骨盤が後傾しているので脊椎は大きく前湾しバランスを取るため猫背になり、ストレートネックになり易い

 

ストレートネック

ストレートネックは頚椎の後湾が減少し垂直に近い頚椎を言います。

これは骨盤の歪みが脊椎に与えた代償と言えるでしょう。

骨盤のゆがみは足機能の代償と密接であるので、ストレートネックは足機能と深い関係があると言えます。

脊椎の縦軸の断面はコイルスプリングのように前後湾しています。

コイルスプリングのような脊椎は垂直方向の反力による衝撃を吸収し脳に振動を伝えないように働きます。

しかし湾曲の少ないストレートネックは衝撃を吸収できず、頚椎周辺の筋肉を緊張させ衝撃吸収を努めます。

それを繰り返し行うため頚椎周辺の筋肉は休むことが出来ずに、酷い肩こりとなっていくのです。

足機能の低下→骨盤の歪み→ストレートネック→肩こり

したがって肩こり解消は足機能の正常化が鍵となります。

酷い肩こりに機能的インソールを是非お試し下さい。

 

 

外反母趾・足のことなら

本厚木駅前いとう接骨院

℡046-295-6311

 

 

 

 

 

足が悪いと姿勢が悪くなる!

足は姿勢に大きく関係する

 

足が悪いと姿勢が悪くなる。

姿勢は土台から

足は建物に例えると土台(基礎)部分にあたります。

建物の場合、土台が傾けば建物が傾き崩落の恐れがあります。

人間の場合は、身体に歪みが生じ関節に負荷が掛かり身体各部の不調を引き起こします。

だから、足が悪いと姿勢がわるくなるのです。

足を無視した骨格矯正は、その効果が持続しません。

土台の不安定な建物が丈夫で長持ちするとは到底考えられません!

猫背や腰が曲がり姿勢が悪くなる原因。

anm-body

足に問題がある人は、足の問題を無意識に他の関節で補おうとします。

これは立位や歩行中のバランスなどをとるためです。

このような行為を代償と言います。

足の問題で骨盤が歪むと、そのバランスを取るために脊椎を歪める場合があります。

これが、猫炎背や腰が曲り姿勢が悪くする原因です。

だから足が悪いと姿勢が悪くなるのです。

対蹠的な療法が効果を持続できない理由は足にあります。

足の異常に気がつかない理由。

足に異常があっても、一部の疾患をのぞき足自体に痛みがでません!(過回内足や外反母趾など)

だから足の異常に気がつかないのです。

もし、あなたの家の土台がシロアリに蝕まれていて気がつかなかったとしたら・・・

足から姿勢の歪みを治す方法。

  • 機能的インソールによる足の矯正。
  • 代償による筋緊張の除去。
  • 骨盤・骨格矯正

足型の採取

※いとう接骨院では→ノースウエスト社製足底板・スーパーフィート・アキュスコープ・カイロテクニックetc

 

本厚木駅前「いとう接骨院」

平日 夜9時まで診療

水曜日・祝日は休診

℡ 046-295-6311

※予約優先ですので御来院の際はお電話下さい。