足や靴の間違った常識

足の常識

 

足の常識は間違い?

日本では足の間違った認識が、常識となっています。

欧米やオーストラリアなど足医療の先進国と日本では、専門家でなくても足に関する常識が大きくかけ離れています。

足に関する常識が眞逆であることも珍しくありません。

日本で靴の常識は、柔らかい靴が足に優しく健康によいとされています。欧米の常識では固く確りした靴が足や健康に良いとされています。

これは足が正常に機能しているか否か不確実な状態で靴を評価するために起こる現象だと思います。

足機能が正常で無い場合は 靴がぴったり=窮屈
足機能が正常な場合場合は 靴がぴったり=フィットする

このように感覚のずれが生じ、常識の相違ができます。

 

  • 外反母趾は親指が原因で起こる病気である。⇒外反母趾は踵の関節が機能しないために起こる病気です。
  • タコウオノメは病気ではない。⇒タコウオノメは足の機能が正常でないために指の付け根に荷重が集中して起こる病変です。
  • 偏平足は足の個性である。⇒偏平足は踵が内側に倒れこんだ為に、土踏まずがつぶれる病変です。
  • 柔らかき靴が足や身体に良い⇒柔らかい靴は内外に傾いた際に体重で踵等の靴底が歪み身体が大きく傾斜するので健康に悪い。
  • 裸足が健康によい⇒足機能が不完全な足は腰痛・膝痛・O脚・骨盤脊椎の歪みをうみ、健康を害するため機能的インソールで矯正が望ましい。

外反母趾やタコウオノメのある足で姿勢が悪く腰痛や膝痛のある方。それは足のせいかも?

 

あなたは損をしています?

ガンコな膝の痛みや腰痛は、足機能を矯正することでその痛みを軽減できたり無くしたりすることがあります。

足の影響を知らないで苦しんでいる、あなたは損をしています。

膝の痛みや腰痛で悩んでいる方は、足の専門家に相談してみることをお勧めします。

あなたの足は大丈夫ですか?

 

足のカウンセリング

いとう接骨院では足のカウンセリングを行っております。(保険外、完全予約制)

足の専門家が静的や動的な足評価をします。

足の評価は歩行時の状態を観察することで適切な評価が可能となります。

※静的:静止した状態での足評価
※動的:歩行時の足の評価(バイオメカニクス)

 

足のことなら本厚木駅前「いとう接骨院」平日夜9時まで診療。

℡ 046-295-6311

mail info@foot-head.com

足に良い子供の靴選び

子供の靴選び

子供の靴選びは、成長と深い関係があるので慎重に行わねばなりません。

足の機能を習得し足を形成する時期は生後1歳~6歳といわれています。

この時期に足へ悪影響が及ぶと成長の過程や成人してから足だけに止まらず、膝・腰・脊椎などに悪影響が及ぶので適切な靴を選びましょう。

  • 外反母趾
  • 変形性の膝関節症
  • 側湾症
  • 肩こり
  • O脚
  • 身長が伸びない

※生後1~2才位までの足は土踏まずの無い柔らかな足で、骨自体も成長のための軟骨が多く成人の足の骨格と大きな相違があります。
※3才位から成人の足の骨格に近づき6歳くらいまでに足機能が成育すると考えられています。(米国足病医学)

ついつい大きな靴を選んでしまう。

槌指

子供の靴を選ぶ際に成長分を見越し、ついつい大きな靴を選びがちです。

現に足の疾患でいとう接骨院に来院される子供の大半は適正サイズの靴より遥かに大きな靴を履いています。

あまり大きなサイズを選ぶと(2サイズ以上:約1センチ)、子供の足が靴の中で不安定になり怪我や足の変形そして病気の原因となります。

特に足機能を矯正している子供の場合、足底板が機能しないばかりか悪影響を及ぼすことがあります。

通常ハンマートゥや靴ずれは小さい靴を履くことにより起こると考えられがちですが、大きな靴を履いた為に起こることが多いのです。

子供の将来を考え、適正サイズの靴を子供に与えましょう。

 

 

不適切なサイズの靴は矯正用インソールの効果が得られない!

たとえば、どんだけ高性能なメガネ用レンズでも、顔のサイズに合わないメガネフレームを使用したらレンズが機能しないばかりかよけい見難くなってしまうことがあります。

足を矯正する場合も同じことが言えます。

スポーツによる影響

足がちゃんと機能しない状態でスパイクなどトラクションの大きい靴を履きスポーツをし過ぎると、骨に大きな反力が及び骨端軟骨が骨化し身長が伸びにくくなります。

激しいスポーツをして身長が伸びなくなる原因の一つに足機能があるのです。

靴を選ぶ時のポイント

  • フィットして適切なサイズ
  • 剛性のある靴
    ※フレックス:親指の付け根と小指の付け根は曲がること。
    ※特に足の骨格が確りしてくる3歳以降は剛性のある靴をお勧めします。

もし足機能に問題があり、足をインソールで矯正している場合。
まず足に合ったインソールを入手し、そのインソールを入れた状態で適切な靴を選びましょう。
その時、成長分を見越し大き目の靴を選んだとしたらインソールと靴の性能を引き出せなくなるどころか身体に悪影響を及ぼしかねません。

あくまでも、足に靴やインソールを合わせるのであって靴やインソールに足を合わせるのではありません!

 

小児用足底板 子供用インソール

 

 

 

 

 

 

 

足のことなら本厚木駅前「いとう接骨院」平日夜9時まで診療。

℡ 046-295-6311

mail info@foot-head.com