正確な足型採取がオーダーインソールに必要

オーダーインソールの足型採取

オーダーインソールは足型が重要です。

オーダーインソールの出来は足型次第です。

足を正確に再現するには、足の距骨下関節がニュートラルポジションでなければなりません。

ところが、日本の一般的な足型採取の方法はウレタンフォームに足を着けるやり方なので距骨下関節をニュートラルポジションで維持することが困難です。

欧米の足型採取のやりかたは、患者が高い椅子に座り無荷重での採取やベッドに仰向け状態での採取なので距骨下関節をニュートラルポジションで行うため正確に足を再現できます。

日本では足型採取時に距骨下関節のニュートラルポジションを無視している場合が多いののが現状です。

距骨下関節中間位

※㈱インパクトトレーディング・TECH1・2のテキストより。

正確な足型

正確な足型から作製されたオーダーインソールは、装着の違和感がなく的確な足部矯正を行います。

足型が正確であれば、殆どの場合特別なオプション(パッドやくり抜き)が必要有りません。

正確な足型は熟練した技術により距骨下関節をニュウトラルポジションに誘導させることにより出来上がります。

ウレタンフォームにポチャリと足を着けただけでは正確な足型採取は不可能です。

オーダーインソールを作るなら正確な足型採取の出来るところに依頼しましょう。

足型の採取前足部外反の比較4

 

 

 

 

 

 

 

 

※姿勢の歪み身体の不調は足の歪みから。

 

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院