偏平足:内側アーチは幼少期の足機能発育に影響される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

偏平足は内側アーチが低くなった足のことです。
※偏平足は足部機能異常です。
※偏平足を放置すると身体の各部に障害を起こします。

偏平足

「アーチの種類」

  • 内側アーチ:踵骨・距骨・楔状骨・中足骨で構成。
  • 外側アーチ:踵骨・立方骨・第5中足骨で構成。
  • 横アーチ:第1~第5中足骨頭で構成。

「偏平足のタイプ」

内側アーチ

  • 非荷重時でも内側アーチが低い:足根骨癒合症などで変形したもの、前足部内反(軟部組織が適応し前足部回外となる)。
  • 荷重時に内側アーチが低くなる:後脛骨筋の筋力低下→PTTDなど。(主に過回内足

「身体への影響」

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • 硬直母趾
  • モートン神経腫
  • 骨盤
  • 脊椎

「対処方法」

  • 小児期(1~6才)の偏平足は、経過観察しながら対処。
  • 上記以降は足底板で対処する。(放置すると代償による脛骨の内湾やO脚などの恐れあり。)
    ※軟部組織の適応による前足部回外は、早期の足底板使用により予防できる場合があります。

人間の足機能は幼少期(1歳から6歳)に形成されます。

幼少期に育まれた足機能が、その後の人生に大きく関わります。

お子様の歩行が不安ならば、是非足の専門家に相談しましょう。

平日          10:00~21:00
土曜・日曜 10:00~15:00
水曜日・祝日 休診
℡ 046-295-6311
mail: info@foot-head.com
本厚木駅前徒歩2分 いとう接骨院