偏平足は病気です

このエントリーをはてなブックマークに追加

偏平足は病気です!

縦アーチが低くなったり、なくなったりした偏平足は病気です。

いわゆる偏平足とは多くの場合、外反偏平足のことを言います。

外反偏平足とは踵の骨が外反(内側に傾く)して縦アーチが消失したり低下した足です。

henpei01 偏平足
偏平足は病気ですが、足自体に強い痛みなどの症状が出ないため病気だと気づきにくい疾患です。
放置すれば、足やその他の部分で代償が起こり身体を
蝕んでいきます。

日本では医療機関でさえ、足機能自体が問題視されない傾向にあるので尚更ですね。

それは足のバイオメカにクスが、よく理解されていないためです。

外反扁平足は過回内足によって起こる病気ですが、その他ハンマートゥ・外反母趾・内反小趾・開張足・タコ ウオノメなども併発することが多い疾患です。

外反偏平足を放置すると、足を構成する骨自体に変形が起こり関節を破壊します。

酷くなる前に足を矯正しましょう。

もしあなたが偏平足で膝・腰の痛みや肩こりが症状としてあれば、足のせいかもしれません!

 

団体、足のカウンセリングについてのお問合せ↓ お気軽に!

℡     046-295-6311

mail:  info@foot-head.com

神奈川県厚木市中町3-1-2

いとう接骨院

 

 

 

 

2014年11月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : akira