踵が重要、ヒールストライク走法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ランニング

ヒールストライク走法

ヒールストライク走法は、踵から接地する走法ですが、足のバイオメカニクスについてあまり解説されていません。

そのため足機能を理解しないまま大きな関節の動きに関心が集中しがちです。

たしかに足機能は膝や股関節や骨盤などと同時に連動しますが、特にヒールストライク走法は正常な動きで連動しないと思わぬ不調を身体にきたします。

ヒールストライク走法とは読んだ字のごとく、踵から接地し爪先で蹴り出して行く走り方です。

正常な歩行は下の様な順番で行われます。

  1. 踵の外側から接地
  2. 小指の付け根を接地
  3. 親指の付け根を接地
  4. トゥオフ
    ※ヒールストライク走法は踵の動きが重要です。

 

踵が接地すると踵の骨が内側に倒れ足が柔らかくなり土踏まずが低くなって衝撃を吸収します。

内側に倒れた踵は外側に戻り(再回外)、体重が小指の付け根に掛かり柔らかい足から硬く安定した足へと変化し床反力で足が内側に回転(ショパール関節外反)親指の付け根に体重移動し推進力を地面に伝えトゥオフ(離床)します。
これらが正常な歩行の一連動作です。

したがって接地時の踵の関節(距骨下関節)やショパール関節が正常に動作しないと、床からの衝撃や推進力も得られないことになります。
これが故障や競技成績伸び悩みの原因に直結しています。(過回内や前足部の歪み)
ヒールストライク走法の方は是非superfeetなどのインソールをお試しください。

※インソールやシューズを選ぶ際は踵の大きさに注意して下さい。
自分の足に対してインソールや靴の踵を包み込む部分が大きすぎると、踵の動きをコントロール出来ません。
足の着床タイミング

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階いとう接骨院

電話 046-295-6311