靴のサイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

靴サイズの決め方

あなたはどのようにして靴サイズを決めますか?

靴サイズを選ぶには、下のようなことを考慮せねばなりません。

足全体の長さ

足長

アーチの長さ

アーチ長

足幅

足幅

  • 足長  :踵後面から爪先までの長さ
  • ウイズ   :足囲⇒足幅
  • アーチ長 :アーチの長さ

靴サイズを決める際の足長

足長は踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

※靴には「捨て寸」という空間が爪先にありますので23cmの靴ならば靴内の長さは24cmくらいとなります。

靴サイズを決める際の足幅

足幅は指の付け根付近の親指から小指までの幅です

足幅も踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

靴サイズを決める際のアーチ長

アーチ長は踵の底部分から親指の付け根付近までの長さです。

アーチ長も踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

ぴったりした靴選びにはこれら3要素が非常に重要です!

海外ブランドの靴が日本人に合わない理由

海外ブランドの靴の殆どは白人の足型で造られてています。

  • 白人の足は指が長くアーチが短い。
  • 日本人の足はアーチが長く指が短い。

以上の理由で同じ足長でも足幅の位置(指の付け根)が違うので窮屈に感じてしまうのです。
※東洋人の方が足幅も広い傾向にあります。

自分に合わない靴サイズを選ぶと、徐々に身体が歪み膝痛や腰痛肩こりの原因にもなります。

自分のサイズが分かったら、身体に良い靴を選びましょう。

自分より大きめの靴サイズでなければ履けない人

このような状態の人は足機能が乱れている場合が多いので、足の専門家(靴屋さんではない)に相談したほうが良いと思います。

※例:過回内足

 

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

足の事なら いとう接骨院

℡ 046-295-6311