オーダーインソールの出来上がるまで

このエントリーをはてなブックマークに追加

インソールをオーダーする

歩行横から

歩行1

3d足型

smart cast

いとう接骨院では米国NWPL社にインソールの製作を依頼しております。

インソールをオーダーするには、足のカウンセリングを申し込んでいただく必要があります。

カウンセリングでは歩行のチェックや関節のチェックを行います。

カウンセリング後、患者様にインソールによる症状改善効果が得られるか否かをお伝えします。

症状の改善が見込まれ、インソールのオーダーが決定された場合は足型採取の日程を打ち合わせます。

足型採取してから3週間程度で米国NWPL社からオーダーインソールが届きます。

なお、カウンセリングの際に歩行のビデオや静止画を撮影させて頂きデータとしてNWPL社に転送させていただく場合があります。(精度の高いインソール作製に必要な場合があります)

インソールによる症状改善には個人差があります。

いとう接骨院では事前にサンプル インソールの試着歩行をして頂いております。

  1. カウンセリング
  2. 歩行や静止状態のデータ収集やコンピューターによる足型採取
  3. 処方の決定
  4. 約3週間後インソール完成到着
  5. オーダ-インソールの慣らし履き(約3週間)

膝の痛みや姿勢でお悩みの方は是非カウンセリングを申し込んで、サンプルインソールの試着も体験して下さい。

本格的なオーダーインソールと既製インソールの違い

  • オーダー品は非常に硬い。(激しい運動時は体重の8倍程度の力が足に加わるため、硬くなければ身体を支えきれません)
  • 土踏まずや踵の形状などによる違和感が少ない。(既製品は足の歪みの矯正は出来ない)
  • 価格は高価だが高性能でオーバーホールが可能なので長く使える。

※可能であればオーダーインソールの使用が最善の選択肢だと考えます。

正確な足型を再現するスマートキャスト

ノースウエストポディアトリック研究所が開発した3D足型採取システムは正確な足型を短時間で採取することが出来ます。

従来の石膏を使用した足型採取と比べ湿度や気温の影響を受けにくいため患者様の足に合った、より正確なインソールを提供することが可能となりました。

インソール作製には踵の中間位ニュートラルポジションが非常に重要です。

ニュートラルポジションの足をフレームに固定しスマートキャストシステムで足型を3D画像に撮影します。

ニュートラルポジション

ニュートラルポジション

smart cast

スマートキャストなら米国ノースウエスト社から3週間以内にインソールが日本へ届きます。

足病学の本場米国ノースウエスト社製インソールの実力を是非ご体験下さい。

ノースウエストなら諦めていた症状改善が叶う可能性をひめています。