四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

このエントリーをはてなブックマークに追加

身近な方で、肩を回したり伸ばしたら急に肩関節が痛くなり動けなくなった!

こんな方いらっしゃいませんか?

これは,肩関節周囲炎という傷病です。

ほうっておくと、肩関節の動きが狭まる事があるので注意してください。

《症状》

  • 背中に手を回すと痛い。
  • ズボンをはく時に痛い。
  • 髪の毛をとかせない。
  • 夜寝ているときにズキズキ痛む、

《原因》

  • 中年以降、特に50歳代に多くみられますが、もう少し若い世代でも発祥します。(四十肩と五十肩は同じです:傷病名ではありません)
    関節を構成骨や軟部組織などが老化して肩関節の周囲に炎症が起きることが主な原因と考えられています。肩関節の動きをよくする滑液包や関節包が癒着すると悪化します。
  • その他に上腕二頭筋長頭腱炎・石灰沈着・腱板断裂などがあります

《治療方法》

いとう接骨院では物理療法やマッサージを行います。

  • 低周波治療
  • 干渉は治療
  • 恩罨法
  • ホットストーンマッサージ
  • アキュスコープ(別途費用が掛かります:早期復帰をご希望の方は是非お申し付けください)
  • 運動療法

※四十肩・五十肩を放置すると、関節の動きがどんどん狭まります。

jouwan2 katuekihou

 

 

四十肩・五十肩は自然治癒する場合も有りますが、長期間の運動制限で関節可動域を著しく損なうことがあります。

なるべく積極的に治療しましょう。