足の機能異常はシンスプリントと脛骨の疲労骨折を生む!

このエントリーをはてなブックマークに追加

脛(すね)の下の内側がうずくように痛い!

 

《シンスプリント》

シンスプリントはランナーに多い障害ですが、走る競技だけでなくチアリーディングなど跳躍の激しいスポーツでも起こります。

シンスプリントや脛骨の疲労骨折は足の機能異常から起こると考えられます。

《足のタイプ》

足には大きく分類して「柔らかい足」と「硬い足」の2種類があります。

柔らかい足とは、いわゆる過回内足(踵骨が内側に大きく倒れこんでいる状態の足)で筋の推進力が低下した足です。

外見的には扁平な足です。

過回内足は運動する際に運動効率が低下し推進力が乏しいため、過度の筋力を必要とします。

その為、筋の付着部に過大なストレスを発生し炎症を引き起こします。

これが、シンスプリントのメカニズムです。

  • シンスプリントは安静が第一です。
  • シンスプリントになる人は日常でも機能性インソールを使用しましょう。

 

chouboshikutukin-web chousikutukin-web koukeikotukin-web zenkeikotukin-web

 

《脛骨の疲労骨折》

脛骨の疲労骨折はいわゆる「硬い足」(甲高であらゆる状態で土踏まずのアーチがある足)に良く起こる障害です。

「硬い足」とは横足根関節が硬直性外反を呈する足(土踏まずの中心付近から前が小指側に反り上がり、親指側に戻りにくい足)です。

硬い足は路面からの衝撃をかわし難く脛骨に大きなストレスを発生しやすく、骨自体を破壊していきます。

このため、コンクリートなど硬い床面での運動は注意が必要です。

 

厚木で整骨院、接骨院、整体なら本厚木駅前「いとう接骨院」

夜9時まで診療、日曜日も診療

℡ 046-295-6311