間違いだらけの外反母趾治療!

このエントリーをはてなブックマークに追加

《間違いだらけの外反母趾治療》

外反母趾の原因はハイヒールや窮屈な履物が原因で起こると言われていますが、

本当の理由は足機能の異常から起こる場合が殆どです。

ですから、外反母趾になる人は、裸足でもなる可能性が高いという事です。

外反母趾の方に多く見られる足部機能異常は過回内足です。

なので、履物を原因とする、間違いだらけの外反母趾治療では改善が見込めません。

《過回内足とは》

過回内足とは、踵の関節が正常に機能しないために踵の骨が内側に倒れこみ過ぎた足を言います。

外見的には偏平足のように見えることが多い足です。

過回内足を代表とする足部機能異常は、身体の至るところに悪影響を及ぼします。

過回内足⇒外反母趾、変形性膝関節症、膝内障、骨盤の破壊、O脚、ねこぜ、側湾症、etc列挙したらきりがありません。

それだけ足部機能は身体に深く関わっているのです。

外反母趾は過回内足から起こる=踵の病気です。

原因を無視した、間違いだらけの靴選びや矯正が回復を拒んでおります。

《日本では》

外反母趾=柔らかい靴

外反母趾=大き目の靴

外反母趾=母趾自体を矯正

外反母趾=裸足が一番楽だ

以上、間違いだらけの外反母趾。

  1. 柔らかい靴は足部を不安定にし、外反母趾を悪化させる。
  2. 大き目の靴は足部が動揺し外反母趾を悪化させる。
  3. 外反母趾自体をテープや装具で固定しても足機能は改善されない。
  4. 足底板などで足部機能を向上すれば外反母趾のストレスが軽減する。

《足病学先進国では》

外反母趾=固くて確りした靴

外反母趾=フィットした確りした靴

外反母趾=足機能の向上(矯正)

  1. 固くて確りした靴は足底晩の矯正力を発揮させストレスを軽減させる。
  2. フィットした靴は足部の動揺を防ぎ足機能を安定させる。
  3. 足底板などの使用で足機能を正常化しストレスを軽減する。※内科的疾患(糖尿病やリュウマチなど)の場合は柔らかい靴を選ぶ場合があります。

003 P1030245copy RIMG0009 RIMG0015

 

外反母趾で手術をご検討のかた、手術をする前に是非「いとう接骨院」に御相談ください!

厚木で整骨院、接骨院、整体なら本厚木駅前「いとう接骨院」

夜9時まで診療、日曜日も診療

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com