靴とインソール

このエントリーをはてなブックマークに追加
靴とインソールの関係
靴とインソールの関係は、メガネフレームとレンズの関係に似ています。
靴⇒メガネフレーム
レンズ⇒インソール
レンズが眼を矯正するように、機能性インソールは足機能を強制します。
メガネフレームはレンズを安定させ使用できる状態に保ちます。
靴は機能性インソールと足を安定させ、その効果的を引き出します。
したがって、しっかりした(剛性が高い)靴とインソールが機能が弱った足には必要です。

夜9時まで診療!
℡046-295-6311

良い靴とは



1 自分の足に合ったサイズの靴であること。
2 足趾が自由に動かせ、横にも広げられること。
3 適切な位置で折り曲がること。
靴のフレックスポイント
4 全体的に硬く、ねじれが少ないこと。
靴の剛性チェック
5 ヒールカウンターがヒールカウンターが硬くしっかりしていること。
ヒールカウンターはしっかりしているか?
7 ヒールカウンターが後ろから見て靴底に垂直で安定していること。
8 靴底の内側がしっかりしていること。
9 靴の裏を見て、踵とつま先が一直線上にあるこ。
※どんな良い靴と良いインソールでも、靴紐の結び方一つで膝が壊れます!

靴選びのポイントは以上ですが、皆さんの周りにどれだけ良い靴はあるでしょうか
身体のために靴を見極める力をやしないましょう。
メーカーのうたい文句にご用心。
人の弱みを狙った商品にだまされないように!
履くだけで・・・靴には気をつけて下さいね。
誰だって100g瘦せるのに捻挫や骨折したくないですもんね。

夜9時まで診療!
℡046-295-6311

靴についてのfaq
  • 大きい靴はなぜ足に悪いのですか?
    答え:大きい靴を履くと足が靴の中で動き不安定になるからです。
    大きい靴を履くとハンマートゥなどになり易くなります。
  • 靴のフレックスポイントとは何処ですか。
    答え:親指の付け根と小指の付け根を結んだラインです。
    この部分が曲がらないと、足が地面を蹴り出しにくくなります。
    靴を購入する場合、この部分が自分の足と合っているか確かめましょう。
    東洋人は白人に比べ指が短いので、白人用にデザインされた靴は合わない事が多い。
  • ヒールカウンターが硬くしっかりしていなければいけない理由は何ですか?
    答え:踵の関節が動揺しやすくなり足機能が不安定になるからです。
  • 柔らかいソールが、いけない理由は?
    答え:回内している時の足は不安定なので、靴のソールが柔らかすぎるとさらに不安定になるためです。
  • スリッポンと紐靴どちらが足に良いですか。
    答え:紐靴です。
    スリッポンは開口面積が大きく足にフィットしにくいため、足が靴内部で動揺し不安定になります。
  • 小学生の子供にハイヒールを履かせて大丈夫ですか?
    答え:絶対に止めてください!ハイヒールは足機能を著しく低下させます。
  • 足のためには、ヒールの高さは何cm位まで?
    答え:成人女性で3cm以下が望ましいと思います。

本厚木駅前の「いとう接骨院」
夜9時まで診療!

℡046-295-6311
平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診
神奈川県 厚木市 中町3-1-2
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com