腰の施療

このエントリーをはてなブックマークに追加

腰の痛みの原因腰痛やギックリ腰の原因は

  • 骨盤のゆがみ

  • 運動不足と使い過ぎ

  • 腹筋の筋力低下

  • 代償(他の関節の動きを補う)

  • 上記が複合的に組み合わされたもの
    ※内科的原因で起こることも有ので、痛みが中々治まらない場合精密検査も必要です。

腰痛は身体が重力耐えられなくなり起こります。
身体に掛かる力と力の方向で腰痛やギックリ腰がが発生するのです。

骨盤の歪み骨盤のゆがみは、足から股関節と反力が伝わり骨盤を歪めていくために起こります。
足⇒膝関節⇒股関節⇒骨盤(仙腸関節)
足が正常に機能しないために、骨盤が歪むとも考えられます。

運動不足と使い過ぎ幼年期青年期は適度な運動をしていも、年齢と共に徐々に運動箇所が偏り運動不足な箇所と使い過ぎな箇所が出来てきます。関節には拮抗作用と言い関節を伸ばす筋肉と縮める筋肉があります。
運動不足と使い過ぎによってこのバランスが崩れ腰痛を誘発します。
大腰筋の緊張で腰痛が起こるのも、これが原因と考えます。

腹筋の筋力低下人間の胴体部分を自転車のタイヤと仮定すると、タイヤの空気圧が減少するとペダルを回すのが重くなったりハンドルが不安定になります。
人間の身体も同様に不安定になるのです。
その結果腰痛を誘発します。

代償代償とは、ある関節が正常に機能しないために他の関節がその動きを補うことです。
足部の関節が機能しないと足趾や膝や股関節で代償が起こり、腰痛を誘発します。

複合された痛み腰痛の殆どの場合、前述したものが複合的に組み合わされて起こります。
足部の代償で骨盤が歪み、腹筋の筋力低下で内圧が下がったうえに背筋と腹筋のバランスを崩し些細なことでギックリ腰になってしまうのです。

足による身体の歪み

神奈川県厚木市中町3-1-2
℡ 046-295-6311

腰痛 ギックリ腰の施療