良い靴とは

良い履物とは(身体に良い)

良い履物とは、足の機能を損なわない履物です。

人間は2足歩行の動物です。

したがって歩行の際は片足に全体重をのせ、反対足は中に浮かせ前進後退を行います。

片足に全体重が乗っている時も身体を安定させバランスをとる役目が足の機能にもあります。

これらの機能を妨げてしまう履物は、避けるべきでしょう。

ここでは、雪道や悪路など特殊な用途以外に使う一般的な靴(主にウォーキングシューズなど)について述べます。

良い靴の迷信

  • 柔らかい靴は良い靴だ
    これは迷信です。柔らかすぎる靴は体重移動の際足が靴の中で不安定になります。
  • 靴を選ぶ際は大き目の靴を選ぶ
    これは迷信です。上記同様大きすぎる靴も足が不安定になります。
  • クッションが効いてるくつは良い靴だ。
    これは迷信です。クッションが強すぎると体重でアウターソールがたわみ過回内などを引き起こします。

これらの要素を考えると、ストレスの高い靴とは

  • ブカブカでフィットしない靴(ゴム長・ムートンの様生地のブカブカしたブーツ)
  • 大き目の子供靴を買う(子供靴は一部例外を除いて粗悪なものが多い)
  • 踵部分に過度のクッションを使用している靴
確りした靴

newbalance

 

 

かかとからつま先に向けて力いっぱい床に押し付けても、アウターソールの中心はたわまずビクともしない理想的な靴。

 

 

硬い靴を購入しよう!

靴購入の選別する要素は、一般的には第一にルックスでしょう。
その次に当たりや窮屈閑雅ないくつ。
そして価格
大体この3つが選別要素でしょう。
当然スポーツ用や登山ハイキング靴はもっと詳細なことまでが選別基準に加わると思いますが?

靴を選別する基本は剛性の高い硬い靴です。
靴で曲がった方がよいい部分親指の付け根と小指の付け根を結んだ線だけです。(ハードブーツ除く)
靴を選ぶポイントは硬い靴を選ぶことです。
足の幅や長さがあっているのに違和感がある場合はフットベッドを入れてみましょう、
フットベッドを入れるとまるで別の靴のように感じるでしょう。

本厚木駅前  平日夜9時まで診療

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

接骨院と整骨院

接骨院と整骨院は同じです。

接骨院と整骨院は柔道整復師という国家資格保有者が施術をする同じ施設です。

にた名称で整体がありますが資格の名称ではありません。

※整骨という名称は柔道整復師法では違法ですが、整骨院が非常に増えた為ため暗黙の了解で認められています。
※柔道整復師法で認められている施術所の名称は「 柔道整復・接骨・ほねつぎ」だけです。

接骨院と整骨院の施術方法

接骨院と整骨院の施術方法は病院と違い千差万別です。

慰安や迷信的な施術方法もあれば化学的な根拠のある施術を行っているところもあります。
いとう接骨院では痛みや炎症の除去に高い実績のアキュスコープによる施術
米国足病医学に基づいたストレスを和らげ回復を高める施術。

怪我の原因を追求する「いとう接骨院」
同じスポーツをしていても捻挫をしやすい人や筋肉を傷めやすい人がいます。
いとう接骨院ではそれらを癖という曖昧な言葉で処理しません。
怪我をしやすい人は怪我がしやすい科学的な根拠があるからです。
この根拠を解明してこそ真の施術が可能となります。

接骨院と整骨院の施術範囲は

打撲・捻・挫傷・脱臼・骨折などの外傷の施術が柔道整復師法で認められています。

当然むちうち等の交通事故による怪我の施術も認められています。

柔道整復師法は古い法律なので外傷の概念自体が現代にそぐわない感もありますが。
※腰痛・肩こりは症状であり、傷病名ではありません。(怪我をしたら・・・のような症状がでた)
※骨折・脱臼の施術は医師の同意が必要です。(応急処置以外)
※接骨院と整骨院はリラクゼーション施設ではありません。
※外傷であるかどうかが、保険者に問われることがあります。もし怪我として認められない場合は自費となることがあります。

 

本厚木駅前 平日夜9時まで施療の「いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

スポーツチームの足カウンセリング

スポーツチーム、足のカウンセリング

スポーツチームや団体(自治会etc)などの足カウンセリング致します。

現場で足のカウンセリング

スポーツチームや自治会などの団体、足のカウンセリングいたします。

走るスピードが遅い・脚力が上手く路面に伝わらない・カラダが上下左右に動揺する・ふんばれない等々の理由で競技成績が伸び悩んでいるアスリートは足に原因がある可能性が大きいです。

スポーツチームの練習中に動いている状態の足を見る事は、足機能を細部まで確認できるので正確な足評価ができます。

また、カウンセリング中に試用する機能的インソールの効果がスポーツチームの第三者から客観的に評価されることも容易です。

スポーツチームのプレイヤーが瞬時に判断した行動がレスポンス良く行われるか等の評価も可能となります。

まずは、スポーツチームの練習中に足のカウンセリングを行うことで自分で足の状態を確認することが大切です。

 

足自体に痛みが出ない足部機能異常

足機能が異状でも足自体に痛みが出ることが少ないため、異常な状態で足が放置されている場合が多々あります。

足機能が異常だと、タコ・ウオノメ・外反母趾・偏平足など外見上の異変が見られる場合があります。

しかしこれらの外見上の異変は、くせ毛程度にしか思われず病変とは認識されません。

見過ごされた足機能異状はカラダの様々な箇所を代償させ破壊して行きます。

その代表的な病変は外反母趾・変形性膝関節症・腰周辺の痛みです。

※足底腱膜炎など足自体が病変することも多数ありますが、バイオメカニクス的な考察が日本と欧米では異なることがあります。

足の矯正は競技成績を向上させる。

欧米ではプロスポーツ選手の多くが足を矯正するインソールを使用しています。

日本でも、競輪選手やプロ野球選手やトップアスリートが機能的インソールを使用し競技成績向上や怪我の予防に役立てています。

足機能が異状だと、運動中に重心がぶれたり脚力が路面に効率よく伝わらないなどの支障を来たします。

足機能は機能的インソールなどで矯正できる場合が多いので、機能的インソールを使用できるスポーツならば競技成績の向上や怪我の予防にも効果的です。

いとう接骨院では足を矯正するには足の状態を知ることが大事なので、足のカウンセリングをお行っています。

団体競技などチーム全体の能力を向上させるためにチーム単位で足のカウンセリングにも取り組んでおります。

いとう接骨院の足のカウンセリングは、足の歪みによるカラダの歪みを治すためのストレッチ指導なども同時に行います。

足の歪みの影響は足の近くから始まり、徐々にカラダ全体に広がっていきます。

是非足のカウンセリングでチェックしましょう。

中々治らない足首の捻挫や膝の怪我の原因は足の歪みかも知れません!

放置すると足の代償に関係するする筋組織に硬結ができトリガーポイント症候群へと悪化し遷延治癒に陥ることが懸念されます。

 

団体、足のカウンセリングについてのお問合せ↓ お気軽に!

℡     046-295-6311

mail:  info@foot-head.com

神奈川県厚木市中町3-1-2

いとう接骨院

タコウオノメは足部機能異常から起こる。

タコ ウオノメは足部機能異常身体不調の危険信号です。

何回けずっても出てくるタコ ウオノメは足部機能異常が原因です。

過回内足や開張足によるタコ ウオノメは機能的足底板やフットベッドなどで矯正することにより再発を抑えられます。

膝や腰に痛みを抱え、タコ ウオノメが足にあるかたは機能的インソールを使用することで膝腰の痛みを軽減できる可能性があります。

タコ ウオノメ

 

 

 

 

タコ ウオノメの出来る原因

  • 足底の異常集中荷重(開張足など)
  • 足底の擦り応力(過回内足など)

タコウオノメの治し方

  • まず、皮膚科や形成外科などで突出部分を削ってもらいましょう。
  • タコウオノメは足部機能異常によって起こるので、機能的インソールで足部を矯正しましょう。
  • 既製の機能的インソールで効果が少ない場合は、米国NW社製などの医療用足底板をお勧めします。
    ※糖尿病を患っている方は足裏の小さな怪我でも致命傷となるので、主治医とご相談下さい。

タコウオノメは下記疾患によく観られます。

  • 過回内足
  • 外反母趾
  • 膝痛
  • 腰痛
  • 各種スポーツ障害

タコウオノメは足部機能異常による疾患です。

もしあなたの膝に痛みがあり足裏にタコウオノメができていたら、膝痛の原因は足部機能異常かもしれません。

 

オスグッド病(サッカーなど激しいスポーツで発症)

《どういう病気?》

オスグッド病は、脛骨粗面の骨端核が大腿四頭筋の強力な牽引により炎症を起こし膨隆する病気です。

膝の直ぐ下の脛が盛り上がっている状態の方を良く見かけませんか?

オスグッド病はバスケットボールやサッカーなどの激しいスポーツをする活発な子供(中学生~高校生)によく見られます。

オスグッド病が特に発症しやすいスポーツはサッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、陸上競技、テニスと言われています。

《オスグッド病の治療法》

  • 安静第一
  • 物理療法(電気療法・アキュスコープ・温熱療法など)
  • オスグッドベルトなどによる筋牽引収縮緩和
  • 手術(骨端核の変形が大きい場合)
  • 投薬

daita4toukinweb

※赤く囲んだ 腱の付着部分が脛骨粗面骨端核部分

オスグッド病は成長と共に痛みは消失していきますが、膨隆した変形は残ります。

変形が大きく残ると、正座などで床に座ると膨隆部分が点で当るため痛みが出ます。

発症時はなるべく安静にして、変形を抑えましょう。

脛骨粗面部付近は激しい運動で障害が起こりやすい部分です。

※ジャンパー膝やシンディングラーセン・ヨハンソン病など。

 

厚木で整体、接骨、整体なら本厚木駅前「いとう接骨院」

夜9時まで診療、日曜日も診療

℡ 046-295-6311