インソール

インソール

ノースウエスト トライアル

NWPL TRIAL ORTHOTICK

 

インソールとは靴の中に敷く物の総称です。

通常のインソールは単に靴の容積を調整したりクッション性向上・足の匂いや衛生面に配慮したものなどが一般的でした。

いとう接骨院で取り扱うインソールは足機能(バイオメカニクス)を改善するためのものです。

この様なインソールを欧米ではファンクショナル オーソティックスとよびます。

欧米にはこの様なインソールとは別に内科的疾患(糖尿病やリューマチなど)に対処するためのインソールもあります。

この様なインソールをアコモデイティブ インソールとよびます。

足機能が改善すると

インソールで足機能が改善すると以下の効果が見込めます。

  • 変形性の膝関節症などの痛みの軽減
  • 外反母趾などの足部の痛みの軽減
  • タコウオノメなどができ難くなる。
  • 腰痛の軽減(歩幅が大きくなり骨盤の動きが改善される場合があるため)
  • 姿勢の改善
  • 肩こりのなど筋疲労の改善
  • 足腰の怪我予防
  • 運動競技成績の向上(欧米では多くのアスリートが使用しています)

欧米のファンクショナル オーソティック(足機能を整えるインソール)

欧米のオーダー ファンクショナル オーソティック(以降:機能的インソール)の特徴

  • 非常に硬くて丈夫(個人個人の足形に合わせ製作されるので違和感無く十分硬く矯正力のある物が作れる)
  • 出来合いのインソールよりきめ細かな矯正が可能。
  • 使用する靴のタイプに合わせて作れる。
  • 消耗部品はオーバーホール可能
  • なによりも身体にやさしい

※歩行時は体重の2倍激しい運動時は体重の8倍の力が足に掛かるので硬くなければ身体を支えきれません。

 

ノースウエストポディアトリック研究所製機能的インソール

ノースウエストポディアトリック研究所製(以下ノースウエストと呼びます)インソールはカーボグラファイトで作られていて非常に薄くて丈夫なのでタイトな靴でも使用できます。

ノースウエストのインソールは確かな技術(正確な足型採取や数々の特許等)と高品質な素材で作製され多くの方に高い評価と信頼を頂いております。(シェル:心臓部分は2年間の保証、その他は1年間の保証。)

ノースウエストのインソールは人間が本来もっている足機能をよみがえらせるためのインソールです。

より大きな歩幅で、より遠くまで歩いていけるようになるためのインソールです。

もしノースウエストのインソールを試し履きをご希望でしたら、いとう接骨院で試着できますのでご連絡下さい。

本厚木駅前

平日夜9時まで施療

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

自分の足をチェックしよう

自分の足をチェックしよう

偏平足

足自体が痛くなくても、健康な足とは限りません。

むしろ足が悪くても足に症状が出ることの方が少ないのです。

  • 外反母趾
  • タコウオノメ
  • 踵の痛み
  • 膝や腰の痛み
  • 悪い姿勢(ねこぜ・O脚・エックス脚・・・)

これらは足と深い関係がある症状と考えて良いでしょう。

筋力を鍛えるだけではバランスは整えられない

自分の足機能が乱れていると下肢(太ももから下)が一方向に回旋し内外筋肉の緊張差が発生し、身体がねじれます。
緊張差がある状態で筋トレをすると、やがて筋繊維が壊れて負傷の原因となるのです。
ちょっとした事で怪我をするのはこのためです。
筋トレ前のストレッチは当然のことながら、身体の基礎である足の機能も整えておく必要がここにあります。

距骨下関節の動き 骨盤、足から頚椎まで

足機能は訓練で整えられない

自分の足を鍛えようと思っても、機能を整えることは出来ません。
視力を鍛えられないことと似ています。
スムーズな歩行を可能にしているのが足機能です。
したがって、足機能が乱れているとスムーズな歩行が出来ません。
視力をレンズで矯正するように、足は足底板で矯正します。

自分の足を矯正して健康的な生活を取り戻しませんか。

小田急線本厚木北口徒歩2分ソフトバンクさんの2階
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

 

 

 

 

スポーツチームの足カウンセリング

スポーツチーム、足のカウンセリング

スポーツチームや団体(自治会etc)などの足カウンセリング致します。

現場で足のカウンセリング

スポーツチームや自治会などの団体、足のカウンセリングいたします。

走るスピードが遅い・脚力が上手く路面に伝わらない・カラダが上下左右に動揺する・ふんばれない等々の理由で競技成績が伸び悩んでいるアスリートは足に原因がある可能性が大きいです。

スポーツチームの練習中に動いている状態の足を見る事は、足機能を細部まで確認できるので正確な足評価ができます。

また、カウンセリング中に試用する機能的インソールの効果がスポーツチームの第三者から客観的に評価されることも容易です。

スポーツチームのプレイヤーが瞬時に判断した行動がレスポンス良く行われるか等の評価も可能となります。

まずは、スポーツチームの練習中に足のカウンセリングを行うことで自分で足の状態を確認することが大切です。

 

足自体に痛みが出ない足部機能異常

足機能が異状でも足自体に痛みが出ることが少ないため、異常な状態で足が放置されている場合が多々あります。

足機能が異常だと、タコ・ウオノメ・外反母趾・偏平足など外見上の異変が見られる場合があります。

しかしこれらの外見上の異変は、くせ毛程度にしか思われず病変とは認識されません。

見過ごされた足機能異状はカラダの様々な箇所を代償させ破壊して行きます。

その代表的な病変は外反母趾・変形性膝関節症・腰周辺の痛みです。

※足底腱膜炎など足自体が病変することも多数ありますが、バイオメカニクス的な考察が日本と欧米では異なることがあります。

足の矯正は競技成績を向上させる。

欧米ではプロスポーツ選手の多くが足を矯正するインソールを使用しています。

日本でも、競輪選手やプロ野球選手やトップアスリートが機能的インソールを使用し競技成績向上や怪我の予防に役立てています。

足機能が異状だと、運動中に重心がぶれたり脚力が路面に効率よく伝わらないなどの支障を来たします。

足機能は機能的インソールなどで矯正できる場合が多いので、機能的インソールを使用できるスポーツならば競技成績の向上や怪我の予防にも効果的です。

いとう接骨院では足を矯正するには足の状態を知ることが大事なので、足のカウンセリングをお行っています。

団体競技などチーム全体の能力を向上させるためにチーム単位で足のカウンセリングにも取り組んでおります。

いとう接骨院の足のカウンセリングは、足の歪みによるカラダの歪みを治すためのストレッチ指導なども同時に行います。

足の歪みの影響は足の近くから始まり、徐々にカラダ全体に広がっていきます。

是非足のカウンセリングでチェックしましょう。

中々治らない足首の捻挫や膝の怪我の原因は足の歪みかも知れません!

放置すると足の代償に関係するする筋組織に硬結ができトリガーポイント症候群へと悪化し遷延治癒に陥ることが懸念されます。

 

団体、足のカウンセリングについてのお問合せ↓ お気軽に!

℡     046-295-6311

mail:  info@foot-head.com

神奈川県厚木市中町3-1-2

いとう接骨院

タコウオノメは足部機能異常から起こる。

タコ ウオノメは足部機能異常身体不調の危険信号です。

何回けずっても出てくるタコ ウオノメは足部機能異常が原因です。

過回内足や開張足によるタコ ウオノメは機能的足底板やフットベッドなどで矯正することにより再発を抑えられます。

膝や腰に痛みを抱え、タコ ウオノメが足にあるかたは機能的インソールを使用することで膝腰の痛みを軽減できる可能性があります。

タコ ウオノメ

 

 

 

 

タコ ウオノメの出来る原因

  • 足底の異常集中荷重(開張足など)
  • 足底の擦り応力(過回内足など)

タコウオノメの治し方

  • まず、皮膚科や形成外科などで突出部分を削ってもらいましょう。
  • タコウオノメは足部機能異常によって起こるので、機能的インソールで足部を矯正しましょう。
  • 既製の機能的インソールで効果が少ない場合は、米国NW社製などの医療用足底板をお勧めします。
    ※糖尿病を患っている方は足裏の小さな怪我でも致命傷となるので、主治医とご相談下さい。

タコウオノメは下記疾患によく観られます。

  • 過回内足
  • 外反母趾
  • 膝痛
  • 腰痛
  • 各種スポーツ障害

タコウオノメは足部機能異常による疾患です。

もしあなたの膝に痛みがあり足裏にタコウオノメができていたら、膝痛の原因は足部機能異常かもしれません。

 

身体各部の不調は足機能と密接な関係がある

 

足の矯正

足機能の改善は身体の改善

身体に掛かった重力は足へ反力として身体各部へ伝わっていきます。

足が正常に機能しないと、それを補う動きが足付近の関節から発生します。

この動きを代償といいます。

代償が行われている関節はストレスが生じ、やがて故障してしまいます。

この事実に気がつかないと身体各部の改善どころか、悪化の道をたどる破目になります。

中々改善しない身体各部の症状には代償が潜んでいます。

対蹠的な治療では、このような原因(代償)による不調の治療に限界があります。

足機能を改善すれば身体各部の様々な不調を改善できる場合が数多くあります。

上記の如く、その逆も然りです。

胴体部分や股関節から下の箇所で痛みが慢性化している場合などは、足部機能異常を疑う必要があります。

関わりの深い症例

 

人間の足機能は生後6歳までに形成される!

人間の足機能は生後1歳から6歳までに形成されます。

小学校に入学するくらいの期間は人間の足にとって、とても重要な時期といえます。

音楽の絶対音感などもこの時期に習得されます。

この時期に家の仲にばかりいて適度な運動をしないと、足の将来=身体の将来に致命的なダメージを与えかねません。

歳を取ってからでは、足機能を鍛えられないからです。

後脛骨筋機能不全症候群などは足機能の発育と深い関係があると考えられています。

 

足機能を改善するインソール

ここまでの記事をご覧になり落胆された方もいらっしゃると思いますが、ご安心下さい。

たとえ大人になって足機能に異常がある場合でも、足機能を改善する適切なインソールを使用すれば多くの場合生活に問題ないレベルまで機能回復が可能です。
※症状によっては、改善されない場合も有ります。