健康保険の枠を超えた自費診療

自費診療とは

自費診療とは健康保険を使わない診療を言います。

  • 健康保険に未加入の場合⇒自費診療
    例:外国人旅行者等
  • 健康保険適応で無い場合⇒自費診療
    整骨院・接骨院は外傷(怪我:些細な理由でもかまいません)が健康保険適応で、それ以外は健康保険適応外となります。
    他医療機関と重複する場合。(重複診療の禁止)⇒自費診療
    健康保険で支給されない材料や特別な処置等。(整骨院・接骨院では骨折及び脱臼以外は材料費が支給されません)
    ※健康保険で認められている材料に限る。

外反母趾など慢性的な疾患

外反母趾などの慢性的な疾患も、更にぶつけたり捻って負傷した場合は外傷となり健康保険で施療できます(骨折の場合は医師の同意が必要)。
※負傷日の日にちが多く経った(3週以上)ものは外傷として認められ無い事があります。

外傷とは

整骨院・接骨院における健康保険対応の外傷とは。

  • いつ(日にちが経っても2週間以内程度の怪我)
  • どこで(私用時間:仕事中や第三者行為以外)
  • どうなったか?(ぶつけた:打撲  ひねった:捻挫 伸ばした:肉離れ等 骨折 脱臼)

健康保険適応内でも自費診療を選択される患者様もおられます。
※健康保険の枠を超えた納得の治療。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

肩こり 腰痛は捻挫の症状

肩こり 腰痛は症状です。

症状とは

例えば寒気や熱や咳喉の腫れなどは症状であり病名では有りません。
症状だけでは何の病気か判断できません。
ただの風邪それともインフルエンザか、確定診断が出来ませんよね?
腰痛 肩こりは症状です。
腰痛 肩こりの症状だけでは何の怪我や病名が判断できません。

傷病名とは

その症状が何によって引き出されているのか(どこが、どうなって起きたか)が傷病名です。

首肩を捻って起きた肩こりなら頚部捻挫です。
腰を捻ったり、重いものを持ち上げてなった腰痛は腰部捻挫です。
腰痛 肩こりは症状です。

慢性疾患は健康保険対応外

接骨院 整骨院では原因がハッキリしないものや、慢性疾患や内科的疾患が原因の関節痛・筋肉痛は健康保険適応外です。

しかし、この様な疾患であっても同一箇所を捻ったり ぶつけたり 伸ばしたり 挟んだりして負傷した場合は外傷扱いとなり保険対応となります。

接骨院 整骨院で健康保険を使い外傷の施術を受ける場合は、いつ・どこで・何をして傷めたかを些細なことでも正確に伝えましょう。

肩こりや腰痛などの症状だけ伝えても健康保険で取り扱うことは出来ないので注意が必要です。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

重複診療は健康保険で認められない。

重複診療

重複診療とは

重複診療とは同じ怪我を複数の医療機関で同一期間に交互に繰り返し治療することです。

重複診療で健康保険は使えません。

例:足の捻挫を4月1日から4月30日間で治療し、その間に接骨院と整形外科を交互に受診する。
※ 同一期間でも医療機関を変えた場合(A整形外科からB接骨院に変える)は転医または転療となり、健康保険は適応されます。
※整骨院・接骨院の健康保険適応は怪我が対象です。
※保険者が重複診療と見なすと、保険外診療となり高額な治療費を支払わなければなりません。

次の場合は健康保険適応となります。

  • 医師の依頼による施術。
  • 骨折などで医師の同意があり病院で経過観察している場合。
  • 交通事故や労災など。

※詳しくは受診予定の医療機関にお尋ねください。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

自由診療と健康保険の壁

自由診療

 

自由診療の勧め

健康保険治療には多くの制約があります。

次の様な場合、健康保険で診療出来ません。

  • 肩こり・腰痛・神経痛などの慢性疾患
    ※健康保険適応の対象はお怪我のみです。
  • 重複診療:他の医療機関で同一箇所の健康保険による治療を受けている場合。
  • 第三者行為や労災や相手のいる交通事故(基本的には)

この記事をお読みになっている方が整骨院・接骨院で治療を受け保険者の調査を受けた方も少なくないと思います。

今後ますます健康保険の調査が厳しくなることが予測されます。

 

いとう接骨院ではハッキリとした治療成果を出し、安心して施療を受けれる自費診療を行っております。

都度の負担額が少なくても、治療の効果を実感できない保険診療を長々と続ければ患者様の貴重な時間を奪うことにもなります。

復帰するまでの費用や時間を考えれば自費診療のほうが遥かに合理的な場合が多いのです。

 

健康保険の壁を越える自由診療

健康保険を使用しない自由診療(自費診療)なら保険の制約が無い診療を受けれます。

もしレントゲンや断層写真などの検査や投薬・外科的処置が必要ならば保険を使い病院で治療を受けることが得策でしょう。

上記の場合でも手技や保険外の特別な処置により早期回復を実現できる事があります。

保険診療と自由診療を上手に組み合わせることによって効率的な復帰を目指せます。

自由診療を選択肢に加えることで、治療のバリエーションが格段に広がります。

 

再発を予防する自由診療

些細なことで壊れる腰・膝・肩

これらの原因は足の機能異常による代償です。

いとう接骨院の自由診療はカラダの細部まで眼を配りアンバランスを矯正します。

アンバランスの原因である代償を減らすことにより再発を予防できるのです。

※殆どの保険診療は対蹠的診療(痛いところだけ診る)といえます。この事が保険診療の限界とも言えます。

 

いとう接骨院の自由診療を支える三本の柱

  1. カラダの基礎、足のカウンセリング
  2. 骨盤骨格矯正
  3. エレクトロアキュスコープによる即効鎮痛消炎治療※いとう接骨院の自由診療は、治療前と治療後の変化がとても分かりやすい治療です。
    ※費用対効果が非常に高く、リーズナブルな料金体制=初診4000円から・再診3000円から

 

〒243-0018

神奈川県厚木市中町3-1-2濱屋ビル2F

平日夜9時まで診療。

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

mail  info@foot-head.com