足や靴の間違った常識

足の常識

 

足の常識は間違い?

日本では足の間違った認識が、常識となっています。

欧米やオーストラリアなど足医療の先進国と日本では、専門家でなくても足に関する常識が大きくかけ離れています。

足に関する常識が眞逆であることも珍しくありません。

日本で靴の常識は、柔らかい靴が足に優しく健康によいとされています。欧米の常識では固く確りした靴が足や健康に良いとされています。

これは足が正常に機能しているか否か不確実な状態で靴を評価するために起こる現象だと思います。

足機能が正常で無い場合は 靴がぴったり=窮屈
足機能が正常な場合場合は 靴がぴったり=フィットする

このように感覚のずれが生じ、常識の相違ができます。

 

  • 外反母趾は親指が原因で起こる病気である。⇒外反母趾は踵の関節が機能しないために起こる病気です。
  • タコウオノメは病気ではない。⇒タコウオノメは足の機能が正常でないために指の付け根に荷重が集中して起こる病変です。
  • 偏平足は足の個性である。⇒偏平足は踵が内側に倒れこんだ為に、土踏まずがつぶれる病変です。
  • 柔らかき靴が足や身体に良い⇒柔らかい靴は内外に傾いた際に体重で踵等の靴底が歪み身体が大きく傾斜するので健康に悪い。
  • 裸足が健康によい⇒足機能が不完全な足は腰痛・膝痛・O脚・骨盤脊椎の歪みをうみ、健康を害するため機能的インソールで矯正が望ましい。

外反母趾やタコウオノメのある足で姿勢が悪く腰痛や膝痛のある方。それは足のせいかも?

 

あなたは損をしています?

ガンコな膝の痛みや腰痛は、足機能を矯正することでその痛みを軽減できたり無くしたりすることがあります。

足の影響を知らないで苦しんでいる、あなたは損をしています。

膝の痛みや腰痛で悩んでいる方は、足の専門家に相談してみることをお勧めします。

あなたの足は大丈夫ですか?

 

足のカウンセリング

いとう接骨院では足のカウンセリングを行っております。(保険外、完全予約制)

足の専門家が静的や動的な足評価をします。

足の評価は歩行時の状態を観察することで適切な評価が可能となります。

※静的:静止した状態での足評価
※動的:歩行時の足の評価(バイオメカニクス)

 

足のことなら本厚木駅前「いとう接骨院」平日夜9時まで診療。

℡ 046-295-6311

mail info@foot-head.com

ムチウチにはアキュスコープによるトリガーポイント治療

《むちうちの治療はアキュスコープによるトリガーポイント治療》

僧帽筋トリガーポイント

※僧帽筋のトリガーポイント

《ムチウチが治りにくい理由》
大きな交通事故でなくても、受傷した ムチウチ が気候の影響や環境の影響で疼痛パターンが大脳皮質に焼きつき慢性化し難治性のむちうちとなる。

また骨盤の歪み等で異常な姿勢(ねこぜ等)を長時間とると筋が代償され、新たな疼痛を引き起こすことがあります。
中部及び下部僧帽筋は両腕を伸ばしハンドルを握り車を長時間運転することでストレスとなり疼痛を増大させる事があります。この事が運転手のムチウチ遷延治癒に大きく関わってくると考えられます。

アキュスコープによるトリガーポイント治療は、このようなムチウチに有望な解決法を提供します。
アキュスコープによるムチウチ治療はトリガーポイント(硬結)自体の治療のほか、関連痛除去にも有効です。

厚木市の「いとう接骨院」はムチウチの治療にアキュスコープによるトリガーポイント治療で対処します。
なかなか取れないムチウチの痛みにアキュスコープによるトリガーポイント治療を試してみませんか。

本厚木駅前徒歩2分 夜9時まで診療 日曜日も診療

℡ 046-295-6311

 

任意保険がダメでも被害者請求(交通事故の人身賠償請求)はできる。

交通事故相手方「任意保険」が対応しない場合は被害者請求をしよう!

交通事故の治療で相手方任意保険を使えない時ってどんな場合?

  • 交通事故の相手が任意保険に未加入の時。
  • 交通事故で自分の過失が大きく、軽症な時。
    ※交通事故でお互いに任意保険を使いたくない時(任意保険の等級が下がり、支払う保険料が高くなる等)などに使用する方もいます。

★被害者請求とは

交通事故の被害者(過失が相手方に少しでもある場合は交通事故の被害者となります。例95:5 95%が自分の過失)が、自賠責保険に治療費や休業損害・慰謝料・通院交通費・・後遺障害などを賠償請求する事を言います。
※交通事故被害者とは事故という出来事の被害者であって、加害者に対しての被害者ではありません。
※自賠責保険では70%以上100%未満の過失に対して20%の過失相殺しかされません。(被害者救済のため)
※任意保険では、過失相当分を過失相殺されます。

★任意保険は過失割合の大きな交通事故被害者に対して一括請求対応を拒否される場合があります

交通事故被害者の過失が20%以上になると、相手方任意保険が対応しないケースが増えてきています(軽症で自賠責の範囲内で収まると判断された場合)。
※一括請求では、相手方任意保険が被害者の治療費などを支払います。(被害者が治療費を支払わずに済む。)

もし仮に自分に30%の過失が有り、相手方任意保険が一括請求を拒絶した場合でも120万円の枠内(死亡や後遺障害を除く)で治療費や休業損害・慰謝料・通院交通費などを自分で相手の自賠責保険に被害者請求することができます。

この様な場合「いとう接骨院」では、被害者請求の患者様に対し当院治療費の立替に応じますのでご相談ください。
※通常、被害者請求は被害者が治療費などを立替て治療終了時に自賠責保険に請求します。
※被害者請求では様々な手続きを自分で行わなければなりません。
※ご希望であれば、申請書類を作成できる専門家を紹介いたします。

また相手方保険会社の理不尽な対応や任意保険の等級低下を懸念するなど被害者の置かれた状況で、被害者請求をなさる方もおられます。
※例:任意保険を使うと等級が下がり保険料が上がる。

 

「自賠責の傷害部分120万円の枠とは」

  • 治療費
  • 看護料
  • 諸雑費
  • 通院交通費
  • 義肢等の費用
  • 診断書量
  • 文書量(事故証明・印鑑証明・住民票など)
  • 休業損害(専業主婦は主婦業として、通院日数に乗じて支払われます)
  • 通院慰謝料
    ※詳しくは Link⇒交通事故⇒損害保険協会

★被害者請求のメリットとデメリット。

  • メリット:任意保険会社に干渉されない。
  • デメリット:治療費の立替や各種手続きを自分でしなければならない。
    ※いとう接骨院では、治療費の立替(いとう接骨院分)や各種手続きのご相談もお伺いいたします。
    (専門外のご相談は、専門家をご紹介いたします)

★一括請求と非一括請求

一括請求も非一括請求も、自賠責保険と任意保険を両方使う請求方法です。

一括請求とは任意保険会社が自賠責保険を請求し不足分を任意保険から支払う請求です。

非一括請求とは相手方自賠責保険に被害者請求をして、自賠責保険で賠償しきれない不足分を被害者が相手方任意保険に請求する方法です。

こちらの請求方法もケースバイケースでメリットもデメリットもあります。

 

交通事故の被害は、その後の人生に大きく関わるので慎重に対処しましょう。
可能であれば、法律の専門家に相談することをお勧めします。
※いとう接骨院は法律が専門ではありません。正確に詳しくお知りになりたい方は、弁護士や行政書士に御相談ください。

★いとう接骨院は交通事故の被害者様が治療に専念できる環境を提供いたします。★

本厚木駅前徒歩2分
平日夜9時まで診療、日曜日も診療いたします。

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com