膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みはとれにくい症状の代表格です。

膝の痛みを抱える多くのひとは、「痛みの森」の迷子となり脱出が出来なくなるのです。

  • 転々と医療機関を替え同じような治療を繰り返す。(同じことの繰り返し)
  • 膝の痛みのため運動が出来ず筋肉が衰え悪循環のループにはまる。(筋力低下と、あきらめ)
  • テレビコマーシャルやチラシ広告を信じサプリメントにはまる。(サプリメントの過大評価)

もしあなたが膝の痛みを抱え、その痛みから完全に逃れられないとしたら上記3点を見直す必要が有ります。
今迄に膝のためにしたことで痛みが変化しないのであれば、全く違う思考で新たに取り組まなければなりません。
今までと同じことをしたのでは、結果は同じです。

膝の痛みは何処から来る

膝の痛みは何処から来るのでしょう。

  1. 変形性の膝関節症。(年配者に一番多いパターン)
  2. 単純な怪我によるもの。(スポーツや事故など)
  3. 内科的な問題。(リュウマチなど)

膝の変形はなぜ?原因は?
起立時や運動時に集中して変形箇所へ物理的な外力が加わり変形する。
変形後もその外力が直撃し続けていれば、痛みや変形は悪化していくとは考えられないでしょうか?

単純な怪我によるもの。
単純な怪我によるもので軽度な場合組織の回復と共に傷みも回復していくでしょう。
この様な場合でも上記の様な外力が加えられ続ければ、怪我をきっかけに症状が出現し悪化の道をたどるのです。

内科的な問題。
関節リュウマチは関節を破壊していく内科的病変なので、内科的処置が必要です。リュウマチの場合でも上記物理的な外力が加えられていけば症状は更に悪化していくのです。

膝の痛みを誘発する外力とは。

膝の痛みは、足機能の乱れから外力で誘発されます。
足機能が乱れていると膝関節に正常な方向で外力が加わらず、偏ってしまいます。
その外力は脛骨(すねの骨)の内側を浸食し変形が起こります。
此の外力を正常な方向(膝の中心)に向かわせれば痛みは軽減するでしょう。
足機能の乱れを矯正すれば、変形性の膝関節症の痛み軽減も見込めるのです。

今までと同じ繰り返しでは、結果も同じです。
※足機能の乱れは膝痛だけでなく腰痛肩こりなどの症状も誘発します!

 

肩こり 腰痛は捻挫の症状

肩こり 腰痛は症状です。

症状とは

例えば寒気や熱や咳喉の腫れなどは症状であり病名では有りません。
症状だけでは何の病気か判断できません。
ただの風邪それともインフルエンザか、確定診断が出来ませんよね?
腰痛 肩こりは症状です。
腰痛 肩こりの症状だけでは何の怪我や病名が判断できません。

傷病名とは

その症状が何によって引き出されているのか(どこが、どうなって起きたか)が傷病名です。

首肩を捻って起きた肩こりなら頚部捻挫です。
腰を捻ったり、重いものを持ち上げてなった腰痛は腰部捻挫です。
腰痛 肩こりは症状です。

慢性疾患は健康保険対応外

接骨院 整骨院では原因がハッキリしないものや、慢性疾患や内科的疾患が原因の関節痛・筋肉痛は健康保険適応外です。

しかし、この様な疾患であっても同一箇所を捻ったり ぶつけたり 伸ばしたり 挟んだりして負傷した場合は外傷扱いとなり保険対応となります。

接骨院 整骨院で健康保険を使い外傷の施術を受ける場合は、いつ・どこで・何をして傷めたかを些細なことでも正確に伝えましょう。

肩こりや腰痛などの症状だけ伝えても健康保険で取り扱うことは出来ないので注意が必要です。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

姿勢が悪い、身長が伸びないのは足が原因!

姿勢や、身長の伸びは足と深い関係がある。

良い姿勢は足元から!

骨盤の歪み傾きは足機能の不調に左右されます。

そして姿勢は骨盤の歪み傾きに大きく影響します。

姿勢が悪い、身長が伸びない原因の一つが足機能の不調なのです。

足機能を整えれば、関節の骨と骨の位置関係が正常になる手助けになります。

例えば、偏平足は足機能の不正常から起こります。

偏平足で土踏まずが低くなれば身長も低くなります。

だから偏平足を矯正し土踏まずが正常な高さになれば、身長は高くなります。

なにより、足を矯正すれば骨盤の歪みを改善し姿勢もよくなり身長が伸びて健康度がアップする可能性があるのです。

もしも足機能が不正常なまま成長すると。

  • O脚(脛骨の過度な内湾)
  • 外反母趾など足部の疾患
  • 猫背・ぽっこりお腹
  • 側わん症
  • 膝内障
  • 腰痛、肩こり
    ※上記以外、その他多数の障害も危惧されます。

子供の姿勢が気になったら、足を疑いましょう。

つぎに記載した事項にあてはまったら、足の専門家に相談しましょう。

  • 外反母趾
  • 内股・極端な外股
  • 足裏のタコ・ウオノメ
    ※これらの症状は足機能の異常から起こるものです。
    ※スネの骨の湾曲によるO脚は、足機能の異常が大きな原因です。
    骨が湾曲しないよう小学校に入学したころには足機能の矯正を開始する事が望ましいと考えられます。

足の矯正ならノースウエスト社製インソール。

ノースウエスト社製インソールは幼児用インソールから内科的疾患(糖尿病やリューマチなど)まで幅広く対応できます。

小児用 インソール(既製品)

小児用インソール

足元から身体のトータルバランスを考える、いとう接骨院!

骨盤、足から頚椎まで

 

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

靴のサイズ

shoe

靴のサイズを決める

靴のサイズを決める際の基準は、足長と足幅と甲の高さです。 靴のサイズ計測時は、踵の関節がニュートラル(中間位)で計るのが理想です。 ニュートラルポジションでのフィッティングでも過回内足の人が非常に多いので、 足に荷重が掛かると足幅足長が大きくなり靴が窮屈になってしまいます。 ※足が過回内すると足長と足幅が増大する。 したがって多くの人が足機能が異状なまま適正サイズより大きな靴を履く事になります。 靴のサイズを決めるには、スーパーフィートなどの機能的インソールを挿入した状態でフィッティングすればニュートラルポジションに近い(ちょうど良い)足サイズで決めれます。 ※足機能が異状なまま生活すると、身体故障の原因となります。

生後2歳くらいから、幼児の足の形は成人の足に近づいていくと言われています。
この時期から足も徐々に整えられ6歳くらいまでに足機能を習得していきます。
6歳くらいまでに足機能が未成熟だと、それ以降に多くの問題を引き起こす原因となります。
足機能は生後6歳までに習得できなければ、習得できないと考えられています。
従って子供の靴選びは慎重におこなうべきでしょう。
成長期だと大き目の靴を選ぶ傾向にありますが、これは間違いです。
健康寿命を伸ばすにも、幼少期の靴選びは大事なのです。

不適切なサイズの靴を履くと

  • 靴ずれ
  • ハンマートゥ
  • 捻挫
  • 腰痛
  • 肩こり

 

足機能を改善するインソール

足の機能異常は視力に例えられます。 近視や遠視を鍛えて治すことができないように、成人の足部(踵の関節や土踏まずの関節)機能異常は訓練などで鍛えることが出来ません。 視力はレンズで矯正するように、足機能は機能的インソールで矯正します。 そして靴はメガネのフレームがレンズを安定させるように足とインソールを密着させ、剛性が強く安定させる機能が重要です。 剛性が強くフィットした靴と機能的インソールを組み合わせて使用すれば、足機能を改善します。 身体不調(肩こり腰痛etc)の原因である代償を無くすにも、これらが有効です。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

関節捻挫は癖になる?

捻挫は癖?

捻挫

捻挫が癖になると言う人がいます。

はたして捻挫は癖になるのでしょうか?

癖とは無意識でする行為で、かたよった習慣または嗜好などだと思います。

捻挫は習慣または嗜好とは言えないでしょう。

なるべき事が必然的に起こったのならば癖とは思えません。

捻挫を繰り返す方は、他の関節の代償や過去の怪我が自然治癒して可動域が広くなりすぎた関節をお持ちの方たちです。

癖ではありません。

要するに関節が特定な方向に力が及びやすく、捻挫などの怪我をしやすい方たちと言うことです。

捻挫や肉離れなど、怪我の予防

可動域が広くなった関節は運動する際にテーピング固定などを施すと良いでしょう。

また代償によって怪我がしやすい場合は関節を矯正しなければなりません。

多くの治療家が見逃しやすいのが代償による怪我です。

例えば足部機能不全の代償で起こる足首の捻挫は、足部機能を矯正しなければ遷延治癒や再負傷を招きます。

この様な場合は適切な足底板(インソール)を使用することで、捻挫の治療に大きな改善を見ることができます。

そして肩こり・腰痛・膝痛など不定愁訴は代償により引き起こされる場合が多いのです。

肩こり

不定愁訴の影には代償が潜んでいます。

捻挫は癖などと諦めないことです。

 捻挫の悪循環

捻挫とは骨折がなく骨と骨の位置関係が正常で関節の支持組織が傷んだ状態を言います。

関節の支持組織の靭帯などは再生しないので、関節は元の状態に戻りません。

だから捻挫をした関節は弱くなります

なので捻挫をして動揺が大きくなった関節は固定が必要です。

特にスポーツの際は注意しなければなりません。

動揺が大の関節+代償=捻挫の悪循環

悪循環のループを断ち切るには

  1. 代償の原因を解決
  2. 動揺する関節の固定
  3. ストレッチと筋力UP

代償の原因を解明することが一番の難問ですが、それさえ解決できれば悪循環の出口は見えてきます。

不定愁訴は足元からチェックしましょう。

 

本厚木駅前徒歩2分

平日夜9時まで診療

いとう接骨院

℡ 046-295-6311