インソール

インソール

ノースウエスト トライアル

NWPL TRIAL ORTHOTICK

 

インソールとは靴の中に敷く物の総称です。

通常のインソールは単に靴の容積を調整したりクッション性向上・足の匂いや衛生面に配慮したものなどが一般的でした。

いとう接骨院で取り扱うインソールは足機能(バイオメカニクス)を改善するためのものです。

この様なインソールを欧米ではファンクショナル オーソティックスとよびます。

欧米にはこの様なインソールとは別に内科的疾患(糖尿病やリューマチなど)に対処するためのインソールもあります。

この様なインソールをアコモデイティブ インソールとよびます。

足機能が改善すると

インソールで足機能が改善すると以下の効果が見込めます。

  • 変形性の膝関節症などの痛みの軽減
  • 外反母趾などの足部の痛みの軽減
  • タコウオノメなどができ難くなる。
  • 腰痛の軽減(歩幅が大きくなり骨盤の動きが改善される場合があるため)
  • 姿勢の改善
  • 肩こりのなど筋疲労の改善
  • 足腰の怪我予防
  • 運動競技成績の向上(欧米では多くのアスリートが使用しています)

欧米のファンクショナル オーソティック(足機能を整えるインソール)

欧米のオーダー ファンクショナル オーソティック(以降:機能的インソール)の特徴

  • 非常に硬くて丈夫(個人個人の足形に合わせ製作されるので違和感無く十分硬く矯正力のある物が作れる)
  • 出来合いのインソールよりきめ細かな矯正が可能。
  • 使用する靴のタイプに合わせて作れる。
  • 消耗部品はオーバーホール可能
  • なによりも身体にやさしい

※歩行時は体重の2倍激しい運動時は体重の8倍の力が足に掛かるので硬くなければ身体を支えきれません。

 

ノースウエストポディアトリック研究所製機能的インソール

ノースウエストポディアトリック研究所製(以下ノースウエストと呼びます)インソールはカーボグラファイトで作られていて非常に薄くて丈夫なのでタイトな靴でも使用できます。

ノースウエストのインソールは確かな技術(正確な足型採取や数々の特許等)と高品質な素材で作製され多くの方に高い評価と信頼を頂いております。(シェル:心臓部分は2年間の保証、その他は1年間の保証。)

ノースウエストのインソールは人間が本来もっている足機能をよみがえらせるためのインソールです。

より大きな歩幅で、より遠くまで歩いていけるようになるためのインソールです。

もしノースウエストのインソールを試し履きをご希望でしたら、いとう接骨院で試着できますのでご連絡下さい。

本厚木駅前

平日夜9時まで施療

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

靴のサイズ

靴サイズの決め方

あなたはどのようにして靴サイズを決めますか?

靴サイズを選ぶには、下のようなことを考慮せねばなりません。

足全体の長さ

足長

アーチの長さ

アーチ長

足幅

足幅

  • 足長  :踵後面から爪先までの長さ
  • ウイズ   :足囲⇒足幅
  • アーチ長 :アーチの長さ

靴サイズを決める際の足長

足長は踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

※靴には「捨て寸」という空間が爪先にありますので23cmの靴ならば靴内の長さは24cmくらいとなります。

靴サイズを決める際の足幅

足幅は指の付け根付近の親指から小指までの幅です

足幅も踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

靴サイズを決める際のアーチ長

アーチ長は踵の底部分から親指の付け根付近までの長さです。

アーチ長も踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

ぴったりした靴選びにはこれら3要素が非常に重要です!

海外ブランドの靴が日本人に合わない理由

海外ブランドの靴の殆どは白人の足型で造られてています。

  • 白人の足は指が長くアーチが短い。
  • 日本人の足はアーチが長く指が短い。

以上の理由で同じ足長でも足幅の位置(指の付け根)が違うので窮屈に感じてしまうのです。
※東洋人の方が足幅も広い傾向にあります。

自分に合わない靴サイズを選ぶと、徐々に身体が歪み膝痛や腰痛肩こりの原因にもなります。

自分のサイズが分かったら、身体に良い靴を選びましょう。

自分より大きめの靴サイズでなければ履けない人

このような状態の人は足機能が乱れている場合が多いので、足の専門家(靴屋さんではない)に相談したほうが良いと思います。

※例:過回内足

 

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

足の事なら いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

自分の足をチェックしよう

自分の足をチェックしよう

偏平足

足自体が痛くなくても、健康な足とは限りません。

むしろ足が悪くても足に症状が出ることの方が少ないのです。

  • 外反母趾
  • タコウオノメ
  • 踵の痛み
  • 膝や腰の痛み
  • 悪い姿勢(ねこぜ・O脚・エックス脚・・・)

これらは足と深い関係がある症状と考えて良いでしょう。

筋力を鍛えるだけではバランスは整えられない

自分の足機能が乱れていると下肢(太ももから下)が一方向に回旋し内外筋肉の緊張差が発生し、身体がねじれます。
緊張差がある状態で筋トレをすると、やがて筋繊維が壊れて負傷の原因となるのです。
ちょっとした事で怪我をするのはこのためです。
筋トレ前のストレッチは当然のことながら、身体の基礎である足の機能も整えておく必要がここにあります。

距骨下関節の動き 骨盤、足から頚椎まで

足機能は訓練で整えられない

自分の足を鍛えようと思っても、機能を整えることは出来ません。
視力を鍛えられないことと似ています。
スムーズな歩行を可能にしているのが足機能です。
したがって、足機能が乱れているとスムーズな歩行が出来ません。
視力をレンズで矯正するように、足は足底板で矯正します。

自分の足を矯正して健康的な生活を取り戻しませんか。

小田急線本厚木北口徒歩2分ソフトバンクさんの2階
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

 

 

 

 

膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みはとれにくい症状の代表格です。

膝の痛みを抱える多くのひとは、「痛みの森」の迷子となり脱出が出来なくなるのです。

  • 転々と医療機関を替え同じような治療を繰り返す。(同じことの繰り返し)
  • 膝の痛みのため運動が出来ず筋肉が衰え悪循環のループにはまる。(筋力低下と、あきらめ)
  • テレビコマーシャルやチラシ広告を信じサプリメントにはまる。(サプリメントの過大評価)

もしあなたが膝の痛みを抱え、その痛みから完全に逃れられないとしたら上記3点を見直す必要が有ります。
今迄に膝のためにしたことで痛みが変化しないのであれば、全く違う思考で新たに取り組まなければなりません。
今までと同じことをしたのでは、結果は同じです。

膝の痛みは何処から来る

膝の痛みは何処から来るのでしょう。

  1. 変形性の膝関節症。(年配者に一番多いパターン)
  2. 単純な怪我によるもの。(スポーツや事故など)
  3. 内科的な問題。(リュウマチなど)

膝の変形はなぜ?原因は?
起立時や運動時に集中して変形箇所へ物理的な外力が加わり変形する。
変形後もその外力が直撃し続けていれば、痛みや変形は悪化していくとは考えられないでしょうか?

単純な怪我によるもの。
単純な怪我によるもので軽度な場合組織の回復と共に傷みも回復していくでしょう。
この様な場合でも上記の様な外力が加えられ続ければ、怪我をきっかけに症状が出現し悪化の道をたどるのです。

内科的な問題。
関節リュウマチは関節を破壊していく内科的病変なので、内科的処置が必要です。リュウマチの場合でも上記物理的な外力が加えられていけば症状は更に悪化していくのです。

膝の痛みを誘発する外力とは。

膝の痛みは、足機能の乱れから外力で誘発されます。
足機能が乱れていると膝関節に正常な方向で外力が加わらず、偏ってしまいます。
その外力は脛骨(すねの骨)の内側を浸食し変形が起こります。
此の外力を正常な方向(膝の中心)に向かわせれば痛みは軽減するでしょう。
足機能の乱れを矯正すれば、変形性の膝関節症の痛み軽減も見込めるのです。

今までと同じ繰り返しでは、結果も同じです。
※足機能の乱れは膝痛だけでなく腰痛肩こりなどの症状も誘発します!

 

交通事故で腰部捻挫が多い理由

追突事故で多いのが頚部捻挫つづいて腰部捻挫

腰腹部の筋

なぜ交通事故で腰部捻挫が多いのでしょう?

交通事故で一番多い怪我は頚部捻挫(むちうち)ですが、意外に多いのが腰部捻挫です。

自動車対自動車の交通事故でなぜ腰部捻挫が多いのか考えてみました。

私の仮説

  1. 背もたれが倒れすぎていると、骨盤が後傾して脊椎が伸展(後にそる)する。更に追突の衝撃で過伸展となり負傷する。
  2. 腰椎の旋回可動域が狭い(頚椎:45°~50° 胸椎:35° 腰椎:5°)ので、追突され踏んばれない側の足(フットレストやブレーキを踏んで支えている)に身体が回旋し腰椎や仙腸関節を壊す。
  3. 足の代償で骨盤が歪んで、腰が脆弱になっている。(もともと弱い腰だった)
    ※腰は思っているより鈍感で骨盤が歪んでいるだけでは直ぐに痛みが発生しないが、些細な事で激痛に襲われることもある。

これらの理由の他にも考えられることが有りますが、腰椎の回旋角度が5°とは驚きの狭さですね。

交通事故による腰部捻挫が治りにくい理由

交通事故で腰部捻挫になった場合、痛みがなかなか取れないで長期加療になる場合があります。

考えられる理由は

  • 仕事で自動車を頻繁に運転する。運転姿勢は腰に負担を掛けやすいからストレスになる。
  • もともと弱い腰に交通事故でダメージを負ったから。
  • 自動車の乗り降りが腰に負荷を掛けるから。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院