靴のサイズ

靴サイズの決め方

あなたはどのようにして靴サイズを決めますか?

靴サイズを選ぶには、下のようなことを考慮せねばなりません。

足全体の長さ

足長

アーチの長さ

アーチ長

足幅

足幅

  • 足長  :踵後面から爪先までの長さ
  • ウイズ   :足囲⇒足幅
  • アーチ長 :アーチの長さ

靴サイズを決める際の足長

足長は踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

※靴には「捨て寸」という空間が爪先にありますので23cmの靴ならば靴内の長さは24cmくらいとなります。

靴サイズを決める際の足幅

足幅は指の付け根付近の親指から小指までの幅です

足幅も踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

靴サイズを決める際のアーチ長

アーチ長は踵の底部分から親指の付け根付近までの長さです。

アーチ長も踵がニュートラルポジション(踵が垂直に立った状態)で合わせるのが理想的です。

ぴったりした靴選びにはこれら3要素が非常に重要です!

海外ブランドの靴が日本人に合わない理由

海外ブランドの靴の殆どは白人の足型で造られてています。

  • 白人の足は指が長くアーチが短い。
  • 日本人の足はアーチが長く指が短い。

以上の理由で同じ足長でも足幅の位置(指の付け根)が違うので窮屈に感じてしまうのです。
※東洋人の方が足幅も広い傾向にあります。

自分に合わない靴サイズを選ぶと、徐々に身体が歪み膝痛や腰痛肩こりの原因にもなります。

自分のサイズが分かったら、身体に良い靴を選びましょう。

自分より大きめの靴サイズでなければ履けない人

このような状態の人は足機能が乱れている場合が多いので、足の専門家(靴屋さんではない)に相談したほうが良いと思います。

※例:過回内足

 

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

足の事なら いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

自分の足をチェックしよう

自分の足をチェックしよう

偏平足

足自体が痛くなくても、健康な足とは限りません。

むしろ足が悪くても足に症状が出ることの方が少ないのです。

  • 外反母趾
  • タコウオノメ
  • 踵の痛み
  • 膝や腰の痛み
  • 悪い姿勢(ねこぜ・O脚・エックス脚・・・)

これらは足と深い関係がある症状と考えて良いでしょう。

筋力を鍛えるだけではバランスは整えられない

自分の足機能が乱れていると下肢(太ももから下)が一方向に回旋し内外筋肉の緊張差が発生し、身体がねじれます。
緊張差がある状態で筋トレをすると、やがて筋繊維が壊れて負傷の原因となるのです。
ちょっとした事で怪我をするのはこのためです。
筋トレ前のストレッチは当然のことながら、身体の基礎である足の機能も整えておく必要がここにあります。

距骨下関節の動き 骨盤、足から頚椎まで

足機能は訓練で整えられない

自分の足を鍛えようと思っても、機能を整えることは出来ません。
視力を鍛えられないことと似ています。
スムーズな歩行を可能にしているのが足機能です。
したがって、足機能が乱れているとスムーズな歩行が出来ません。
視力をレンズで矯正するように、足は足底板で矯正します。

自分の足を矯正して健康的な生活を取り戻しませんか。

小田急線本厚木北口徒歩2分ソフトバンクさんの2階
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

 

 

 

 

靴のサイズ

shoe

靴のサイズを決める

靴のサイズを決める際の基準は、足長と足幅と甲の高さです。 靴のサイズ計測時は、踵の関節がニュートラル(中間位)で計るのが理想です。 ニュートラルポジションでのフィッティングでも過回内足の人が非常に多いので、 足に荷重が掛かると足幅足長が大きくなり靴が窮屈になってしまいます。 ※足が過回内すると足長と足幅が増大する。 したがって多くの人が足機能が異状なまま適正サイズより大きな靴を履く事になります。 靴のサイズを決めるには、スーパーフィートなどの機能的インソールを挿入した状態でフィッティングすればニュートラルポジションに近い(ちょうど良い)足サイズで決めれます。 ※足機能が異状なまま生活すると、身体故障の原因となります。

生後2歳くらいから、幼児の足の形は成人の足に近づいていくと言われています。
この時期から足も徐々に整えられ6歳くらいまでに足機能を習得していきます。
6歳くらいまでに足機能が未成熟だと、それ以降に多くの問題を引き起こす原因となります。
足機能は生後6歳までに習得できなければ、習得できないと考えられています。
従って子供の靴選びは慎重におこなうべきでしょう。
成長期だと大き目の靴を選ぶ傾向にありますが、これは間違いです。
健康寿命を伸ばすにも、幼少期の靴選びは大事なのです。

不適切なサイズの靴を履くと

  • 靴ずれ
  • ハンマートゥ
  • 捻挫
  • 腰痛
  • 肩こり

 

足機能を改善するインソール

足の機能異常は視力に例えられます。 近視や遠視を鍛えて治すことができないように、成人の足部(踵の関節や土踏まずの関節)機能異常は訓練などで鍛えることが出来ません。 視力はレンズで矯正するように、足機能は機能的インソールで矯正します。 そして靴はメガネのフレームがレンズを安定させるように足とインソールを密着させ、剛性が強く安定させる機能が重要です。 剛性が強くフィットした靴と機能的インソールを組み合わせて使用すれば、足機能を改善します。 身体不調(肩こり腰痛etc)の原因である代償を無くすにも、これらが有効です。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

タコウオノメは足部機能異常から起こる。

タコ ウオノメは足部機能異常身体不調の危険信号です。

何回けずっても出てくるタコ ウオノメは足部機能異常が原因です。

過回内足や開張足によるタコ ウオノメは機能的足底板やフットベッドなどで矯正することにより再発を抑えられます。

膝や腰に痛みを抱え、タコ ウオノメが足にあるかたは機能的インソールを使用することで膝腰の痛みを軽減できる可能性があります。

タコ ウオノメ

 

 

 

 

タコ ウオノメの出来る原因

  • 足底の異常集中荷重(開張足など)
  • 足底の擦り応力(過回内足など)

タコウオノメの治し方

  • まず、皮膚科や形成外科などで突出部分を削ってもらいましょう。
  • タコウオノメは足部機能異常によって起こるので、機能的インソールで足部を矯正しましょう。
  • 既製の機能的インソールで効果が少ない場合は、米国NW社製などの医療用足底板をお勧めします。
    ※糖尿病を患っている方は足裏の小さな怪我でも致命傷となるので、主治医とご相談下さい。

タコウオノメは下記疾患によく観られます。

  • 過回内足
  • 外反母趾
  • 膝痛
  • 腰痛
  • 各種スポーツ障害

タコウオノメは足部機能異常による疾患です。

もしあなたの膝に痛みがあり足裏にタコウオノメができていたら、膝痛の原因は足部機能異常かもしれません。

 

足病学は足が原因の疾患を根本的に改善する。

あなたの身体が痛いのは、足のせい!

足は身体の基礎です。

建物の基礎が傾けば建物も傾き、いずれ崩壊するでしょう。

足病学は身体の基礎である足機能を解明し正しく機能させる為の医学です。

 

足病学とは

足の機能が人体へ、どのように関わっているかを科学的に解明した医学です。

また糖尿病等の内科的疾患にも足病学理論がが生かされています。

米国・オーストラリア・ヨーロッパなどが、その先進国です。

米国には足病学を専門とした足病医の資格制度があり、各分野の専門医と共同または独立して診療を行っております。

わが国では、足病医の制度がなく足のバイオメカニクスに反した迷信的な治療が多々行われている事があります。

足のバイオメカニクス(生体力学)を無視した治療は下肢や体幹の遷延治癒や憎悪の原因となります。

いとう接骨院では足病学を取り入れた治療で不調の原因を取り除く施療を行っています。

いままで対処的な治療で満足な治療成果が得られなかった方は是非、足病学に基づいた根本的な治療にチャレンジしてみませんか。

  • 足病学を取り入れた治療は、慢性的な症状改善を高めます。
  • 足病学を取り入れた治療は、急性期の症状改善を高めます。
  • 足病学を取り入れた治療は、健康寿命を引き上げます。
  • 足病学を取り入れた治療は、競技成績の壁を崩します。
  • 足病学はあなたの可能性を高めます。

kakai03 newt01

過回内足

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※上右:ニュートラルな足 上左:過回内足 下:過回内足

病的な足(過回内足)が増えている

足部機能異常で最も多いのは過回内足です。

足機能が形成されるのは生後1歳から6歳

人間の足部機能が形成されるのは、生後1歳から6歳とされています(足病学)。

この時期に適度な運動行われなかったり、運動が過剰だと将来足機能に異常を来たす恐れがあります。

ゲームなど室内遊戯ばかりしたり、スパイクシューズで激しい運動をする事は避けたほうが良いでしょう。

過回内足が深く関わっている疾患

  • 外反偏平足
  • 外反母趾
  • タコ・ウオノメ
  • 膝痛
  • 腰痛
  • 足底腱膜炎

足部機能異常は数々の不調を引き起こす、正に万病の素です

あまり酷くならないうちに矯正しましょう。

足病学を取り入れて作成された足底板(インソール)は過回内足の矯正に威力を発揮します。

 

足の事なら本厚木駅前「いとう接骨院」にお任せ下さい

LINElinebutton_16x16→ footcare-atsugiで検索LINEからLINE電話で無料通話できます。

LINE@のQRコード

 

 

 

 

パソコンでごらんの方は上のQRコードをスマートフォンで読み込んで下さい。