ホットストーン

ホットストーン セラピー 再開

 

ホットストーン

hotstone

 

 

 

 

都合により休止していたホットストーンによる施術を2017年2月に再開します。

ホットストーンセラピーはアメリカ先住民の民間療法で太古より行われていました。

使用する玄武岩から出る良質な遠赤外線で筋肉や関節のこわばりを緩めていきます。

いとう接骨院で行われているアキュスコープ施療との相性もよく、併用することで回復への近道となるでしょう。

※遠赤外線による治療は整形外科や整骨院などでも採用されていて、その効果は実証済みです。

ホットストーンの施術料金

ホットストーンの施術費は通常の保険外施療の費用に含まれています。

お怪我などの保険診療の場合は別途 費用が掛かります。(800円/1部位)

※以下の場合はホットストーンの施術が出来ません。

  • 腫れや皮下出血が強い場合。
  • 開放性の怪我
  • 施術箇所が皮膚疾患

ホットストーンとアキュスコープと足底板によるバランス療法

いとう接骨院では極力対処療法のみの施術を避けております。

ホットストーンやアキュスコープの治療でさえ、それだけでは対処的処置となりうります。

いとう接骨院の目指す回復(足元からバランスをとり健康体をめざす)

  • 怪我や不調の原因解決(バランス療法)
  • 理にかなった早期回復
  • なるべく刺激が少なくソフトな施術

 

小田急線 本厚木駅前 ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

 

頚椎症

頚椎症

頚椎症とは頚椎の変形(とげ)や椎間板や関節支持組織の変性で神経が圧迫されシビレや感覚鈍磨・麻痺そして筋肉の萎縮などを起こす病気です。

頚椎症の原因は

外傷や加齢などとされていますが、歳をとったからといって老人が全員頚椎症になるわけではありません。

むしろ悪い姿勢をとり続けた結果、骨や軟部組織の変性が起きたと考えます。

頚椎症はストレートネックや猫背などが主な原因だとすれば、姿勢が悪くなったのは足機能の乱れです。

足が乱れると姿勢も乱れる

足は人間の土台です。
土台が傾けば家が傾くのと同じように、身体も傾いてしまいます。

骨盤、足から頚椎まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレートネックとは頚椎の湾曲が少なく真っ直ぐな首のことです。

通常の背骨は前後に湾曲し巻きバネの断面の様な状態になっています。

地面からの反力を巻きバネ状の背骨が吸収するのですが、ストレートネックは湾曲が小さくショックをこなすことができません。
この状態が長年続くと頚椎症の状態となっていくのです。

頚椎症の予防

頚椎症を予防するには、地面からの反力を逃がすしくみが必要です。

本来人間は反力を逃がしながら二足歩行を可能とする機能がそなわっています。

足の機能もその一つです。

姿勢が悪くなり頚椎症になっていくのは、歩かなくても用が足りる社会のため足機能が衰えたともいえます。

大人になってからでは身体を鍛えて足機能を取り戻すことは不可能です。

視力を鍛えられないのと似ています。

治療で体幹部分をいくら整えても土台が歪んでいれば、直ぐにもとへ戻ってしまうでしょう。

頚椎症の予防と進行・症状軽減は姿勢を良くすることです。

  • インソールによる足機能改善
  • ストレッチ
  • 適度な運動と休息

頚椎症でお悩みの方は是非一度、米国足病学に基づいた足底板(インソール)アキュスコープお試しください。

 

小田急線本厚木駅前 いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

 

自分の足をチェックしよう

自分の足をチェックしよう

偏平足

足自体が痛くなくても、健康な足とは限りません。

むしろ足が悪くても足に症状が出ることの方が少ないのです。

  • 外反母趾
  • タコウオノメ
  • 踵の痛み
  • 膝や腰の痛み
  • 悪い姿勢(ねこぜ・O脚・エックス脚・・・)

これらは足と深い関係がある症状と考えて良いでしょう。

筋力を鍛えるだけではバランスは整えられない

自分の足機能が乱れていると下肢(太ももから下)が一方向に回旋し内外筋肉の緊張差が発生し、身体がねじれます。
緊張差がある状態で筋トレをすると、やがて筋繊維が壊れて負傷の原因となるのです。
ちょっとした事で怪我をするのはこのためです。
筋トレ前のストレッチは当然のことながら、身体の基礎である足の機能も整えておく必要がここにあります。

距骨下関節の動き 骨盤、足から頚椎まで

足機能は訓練で整えられない

自分の足を鍛えようと思っても、機能を整えることは出来ません。
視力を鍛えられないことと似ています。
スムーズな歩行を可能にしているのが足機能です。
したがって、足機能が乱れているとスムーズな歩行が出来ません。
視力をレンズで矯正するように、足は足底板で矯正します。

自分の足を矯正して健康的な生活を取り戻しませんか。

小田急線本厚木北口徒歩2分ソフトバンクさんの2階
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

 

 

 

 

肩こり腰痛が治らないわけ。

頑固な肩こり腰痛

肩こり腰痛が慢性化し、整体やマッサージに通われている方が沢山おられます。

しかし何度通っても、その時は良いがすぐ元に戻ってしまうと感じている方が殆どだと思います。

肩こり腰痛が治らないわけは原因が他にあるからです。

パソコンなどのデスクワークが主な仕事だと、同一姿勢で肘から先の関節ばかり使い大きな関節(肩)を使わない。

しかも姿勢を維持するために首から腰までの筋肉が緊張しっぱなしで大きなストレスを抱える事になります。

また職業ドライバーも、もっと卑屈な姿勢で長時間運転をするので、腰にストレスを与えます。

これらは肩こり腰痛が治りにくい原因のひとつですが、実は肩こり腰痛の箇所から遠く離れた関節が原因であることが非常に多いのです。

元来哺乳類は4足歩行をしますが、人間は進化し2足歩行が可能となりました。

2足歩行の場合脊柱の軸や脚には垂直に重力が掛かります。

足機能が完全だと水平な地面に直立した際、脊柱や脚にねじれる力は発生しません。

しかし足機能が不完全なら、脊柱や脚にねじれが生じます。

このねじれが痛みの原因となるのです。

また関節の動きが悪いとその動きを他の関節で補う働きが生じます。

これを代償といいます。

ぶつけたり捻ったりしないのに痛みが出た場合代償を疑うべきです。

肩こり腰痛が治りにくいのは、代償が治っていないからです。

だから痛みやコリの部分をいくら揉んだだけでは治りません。

 

肩こり腰痛が治りにくいと考えられる原因(内科的なもんだいが無い場合)

  1. 関節機能の異常による代償
  2. 運動不足による代謝の低下
  3. 不摂生(オーバーワーク・睡眠不足・アルコールやタバコによる肝機能低下・etc)

※1は直接的な(肩こりならば:肩関節や頚椎など)場合と間接的な(腰痛ならば:足根部の関節など)場合がある。

 

肩こり腰痛の治療

いとう接骨院では、第一に肩こり腰痛の原因(代償)である箇所を解消し身体のねじれ歪みを矯正します。

以上を継続矯正しつつ傷みコリの箇所をアキュスコープ・ホットストーン・マッサージなどで和らげていきます。

とくにアキュスコープによる施療は即効性がありプロスポーツ選手間でも定評があります。

早期現場復帰をめざすならアキュスコープによる施療がおすすめです。

いとう接骨院の肩こり腰痛治療

  1. 代償の解明
  2. 足底板療法
  3. 脊椎骨盤矯正
  4. アキュスコープによる痛み腫れの即効除去
  5. ホットストーンセラピー(遠赤外線+温熱効果)

 

肩こり腰痛を根本から改善する「いとう接骨院
本厚木駅北口徒歩2分ソフトバンクさんの2階
℡046-295-6311

 

足に良い子供の靴選び

子供の靴選び

子供の靴選びは、成長と深い関係があるので慎重に行わねばなりません。

足の機能を習得し足を形成する時期は生後1歳~6歳といわれています。

この時期に足へ悪影響が及ぶと成長の過程や成人してから足だけに止まらず、膝・腰・脊椎などに悪影響が及ぶので適切な靴を選びましょう。

  • 外反母趾
  • 変形性の膝関節症
  • 側湾症
  • 肩こり
  • O脚
  • 身長が伸びない

※生後1~2才位までの足は土踏まずの無い柔らかな足で、骨自体も成長のための軟骨が多く成人の足の骨格と大きな相違があります。
※3才位から成人の足の骨格に近づき6歳くらいまでに足機能が成育すると考えられています。(米国足病医学)

ついつい大きな靴を選んでしまう。

槌指

子供の靴を選ぶ際に成長分を見越し、ついつい大きな靴を選びがちです。

現に足の疾患でいとう接骨院に来院される子供の大半は適正サイズの靴より遥かに大きな靴を履いています。

あまり大きなサイズを選ぶと(2サイズ以上:約1センチ)、子供の足が靴の中で不安定になり怪我や足の変形そして病気の原因となります。

特に足機能を矯正している子供の場合、足底板が機能しないばかりか悪影響を及ぼすことがあります。

通常ハンマートゥや靴ずれは小さい靴を履くことにより起こると考えられがちですが、大きな靴を履いた為に起こることが多いのです。

子供の将来を考え、適正サイズの靴を子供に与えましょう。

 

 

不適切なサイズの靴は矯正用インソールの効果が得られない!

たとえば、どんだけ高性能なメガネ用レンズでも、顔のサイズに合わないメガネフレームを使用したらレンズが機能しないばかりかよけい見難くなってしまうことがあります。

足を矯正する場合も同じことが言えます。

スポーツによる影響

足がちゃんと機能しない状態でスパイクなどトラクションの大きい靴を履きスポーツをし過ぎると、骨に大きな反力が及び骨端軟骨が骨化し身長が伸びにくくなります。

激しいスポーツをして身長が伸びなくなる原因の一つに足機能があるのです。

靴を選ぶ時のポイント

  • フィットして適切なサイズ
  • 剛性のある靴
    ※フレックス:親指の付け根と小指の付け根は曲がること。
    ※特に足の骨格が確りしてくる3歳以降は剛性のある靴をお勧めします。

もし足機能に問題があり、足をインソールで矯正している場合。
まず足に合ったインソールを入手し、そのインソールを入れた状態で適切な靴を選びましょう。
その時、成長分を見越し大き目の靴を選んだとしたらインソールと靴の性能を引き出せなくなるどころか身体に悪影響を及ぼしかねません。

あくまでも、足に靴やインソールを合わせるのであって靴やインソールに足を合わせるのではありません!

 

小児用足底板 子供用インソール

 

 

 

 

 

 

 

足のことなら本厚木駅前「いとう接骨院」平日夜9時まで診療。

℡ 046-295-6311

mail info@foot-head.com