ふくらはぎの肉離れは踵から

ふくらはぎ肉離れ

ふくらはぎの肉離れ

ふくらはぎの肉離れは良く起こる怪我です。

ふくらはぎは下腿三頭筋といい、内側腓腹筋・外側腓腹筋・ひらめ筋などで構成されています。

ふくらはぎは踵の踵骨隆起と言うところにアキレス腱となり付いています。

ふくらはぎの肉離れで多い個所は膝裏の少し下の部分です。

臨床経験上特に多いのは、下図の丸で囲ってある内側(内側腓腹筋)部分です。

多発個所

tahatsukasyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ肉離れになるのか

ふくらはぎの筋肉は踵にアキレス腱となり付着しています。

そのため踵の傾きによりテンションが掛かります。

踵が内側に倒れすぎる過回内足となっている方がとても多く、大きな力が掛からなくても筋断裂を起こしてしまいます。

どうしても痛いところに目が行きがちですが、その原因が踵の関節の機能異常から起こっていることに気が付かないために症状の悪化や回復の遅延を招いてしまいます。

踵の中間位

neutral

 

過回内足

over pronation

 

 

ふくらはぎの回復には

ふくらはぎ肉離れの回復には、安静が必要です。

過回内足などの足機能が乱れている場合、ただ立っているだけでふくらはぎにストレスやダメージを与えます。

したがって、在宅中でも足を矯正し安静にする必要があります。

足には踵以外にも重要な関節が存在しますが、特に横足根関節の役割は非常に大切です。

しかしながら横足根関節をコントロールするには非常に高度な装具(インソール)が必要です。

先ずは踵のコントロールやヒールレイズ(踵を上げる処方)を試す事をお勧めします。

上記方法なら市販品でも可能な場合があります。

人によっては市販品のインソールだと足のどこかが当たり痛くて履けない場合があります。

下の画像は市販のインソールとサポーターで外出先や自宅でも踵をコントロールしふくらはぎを安静にする方法です。

市販インソール

dressfit

suporter

インソールをセットする

setting

サポーターで固定

supoter setting

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市販のサポーターとインソールで踵の関節を安定させ、ストレスから幹部を守る。

上記方法とふくらはぎを圧迫するサポーターの併用をお勧めします。

 

  • インソールによる踵の安静
  • サポーターによる患部の圧迫
  • アキュスコープなどの物療

 

本厚木駅前

℡046-295-6311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インソール

インソール

ノースウエスト トライアル

NWPL TRIAL ORTHOTICK

 

インソールとは靴の中に敷く物の総称です。

通常のインソールは単に靴の容積を調整したりクッション性向上・足の匂いや衛生面に配慮したものなどが一般的でした。

いとう接骨院で取り扱うインソールは足機能(バイオメカニクス)を改善するためのものです。

この様なインソールを欧米ではファンクショナル オーソティックスとよびます。

欧米にはこの様なインソールとは別に内科的疾患(糖尿病やリューマチなど)に対処するためのインソールもあります。

この様なインソールをアコモデイティブ インソールとよびます。

足機能が改善すると

インソールで足機能が改善すると以下の効果が見込めます。

  • 変形性の膝関節症などの痛みの軽減
  • 外反母趾などの足部の痛みの軽減
  • タコウオノメなどができ難くなる。
  • 腰痛の軽減(歩幅が大きくなり骨盤の動きが改善される場合があるため)
  • 姿勢の改善
  • 肩こりのなど筋疲労の改善
  • 足腰の怪我予防
  • 運動競技成績の向上(欧米では多くのアスリートが使用しています)

欧米のファンクショナル オーソティック(足機能を整えるインソール)

欧米のオーダー ファンクショナル オーソティック(以降:機能的インソール)の特徴

  • 非常に硬くて丈夫(個人個人の足形に合わせ製作されるので違和感無く十分硬く矯正力のある物が作れる)
  • 出来合いのインソールよりきめ細かな矯正が可能。
  • 使用する靴のタイプに合わせて作れる。
  • 消耗部品はオーバーホール可能
  • なによりも身体にやさしい

※歩行時は体重の2倍激しい運動時は体重の8倍の力が足に掛かるので硬くなければ身体を支えきれません。

 

ノースウエストポディアトリック研究所製機能的インソール

ノースウエストポディアトリック研究所製(以下ノースウエストと呼びます)インソールはカーボグラファイトで作られていて非常に薄くて丈夫なのでタイトな靴でも使用できます。

ノースウエストのインソールは確かな技術(正確な足型採取や数々の特許等)と高品質な素材で作製され多くの方に高い評価と信頼を頂いております。(シェル:心臓部分は2年間の保証、その他は1年間の保証。)

ノースウエストのインソールは人間が本来もっている足機能をよみがえらせるためのインソールです。

より大きな歩幅で、より遠くまで歩いていけるようになるためのインソールです。

もしノースウエストのインソールを試し履きをご希望でしたら、いとう接骨院で試着できますのでご連絡下さい。

本厚木駅前

平日夜9時まで施療

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

オーダーインソールの出来上がるまで

インソールをオーダーする

歩行横から

歩行1

3d足型

smart cast

いとう接骨院では米国NWPL社にインソールの製作を依頼しております。

インソールをオーダーするには、足のカウンセリングを申し込んでいただく必要があります。

カウンセリングでは歩行のチェックや関節のチェックを行います。

カウンセリング後、患者様にインソールによる症状改善効果が得られるか否かをお伝えします。

症状の改善が見込まれ、インソールのオーダーが決定された場合は足型採取の日程を打ち合わせます。

足型採取してから3週間程度で米国NWPL社からオーダーインソールが届きます。

なお、カウンセリングの際に歩行のビデオや静止画を撮影させて頂きデータとしてNWPL社に転送させていただく場合があります。(精度の高いインソール作製に必要な場合があります)

インソールによる症状改善には個人差があります。

いとう接骨院では事前にサンプル インソールの試着歩行をして頂いております。

  1. カウンセリング
  2. 歩行や静止状態のデータ収集やコンピューターによる足型採取
  3. 処方の決定
  4. 約3週間後インソール完成到着
  5. オーダ-インソールの慣らし履き(約3週間)

膝の痛みや姿勢でお悩みの方は是非カウンセリングを申し込んで、サンプルインソールの試着も体験して下さい。

本格的なオーダーインソールと既製インソールの違い

  • オーダー品は非常に硬い。(激しい運動時は体重の8倍程度の力が足に加わるため、硬くなければ身体を支えきれません)
  • 土踏まずや踵の形状などによる違和感が少ない。(既製品は足の歪みの矯正は出来ない)
  • 価格は高価だが高性能でオーバーホールが可能なので長く使える。

※可能であればオーダーインソールの使用が最善の選択肢だと考えます。

正確な足型を再現するスマートキャスト

ノースウエストポディアトリック研究所が開発した3D足型採取システムは正確な足型を短時間で採取することが出来ます。

従来の石膏を使用した足型採取と比べ湿度や気温の影響を受けにくいため患者様の足に合った、より正確なインソールを提供することが可能となりました。

インソール作製には踵の中間位ニュートラルポジションが非常に重要です。

ニュートラルポジションの足をフレームに固定しスマートキャストシステムで足型を3D画像に撮影します。

ニュートラルポジション

ニュートラルポジション

smart cast

スマートキャストなら米国ノースウエスト社から3週間以内にインソールが日本へ届きます。

足病学の本場米国ノースウエスト社製インソールの実力を是非ご体験下さい。

ノースウエストなら諦めていた症状改善が叶う可能性をひめています。

婦人靴のイージーオーダー

婦人靴のイージーオーダーを始めました

婦人靴のイージーオーダーを始めました。

足サイズは左右で若干の差があるのが普通ですが、その差が5mm近くあると小さい足が靴にフィットしません。

いとう接骨院は足機能を整えることにより関節や筋の痛みを除去する施療に力を注いでいます。

だから左右の足が同じようにフィットする靴が大切と考えています。

いとう接骨院でカスタムオーダーしたインソールの性能を引き出すにも足にフィットする靴は重要です。

症状や変形が進行する前に、足の環境を整えましょう。

 

この度開始した婦人靴のイージーオーダーは

  • 足幅は4E
  • 価格はリーズナブル(25000円~)
  • サイズ(長さ)は左右個々に選択(5mm刻み)
  • 甲革48種類の中からお選び下さい(コンビネーションカラーも出来ます)

甲革の種類↓

甲革の種類

靴を作る木型は同一のものを使用しますが、革が足に馴染みやすいように加工することや足に馴染みやすい素材を使用することができます。ご注文より2ヵ月程で完成となります。足に合ったインソールと一緒に御使用することをお勧めします。

小田急線本厚木駅前

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頚椎症

頚椎症

頚椎症とは頚椎の変形(とげ)や椎間板や関節支持組織の変性で神経が圧迫されシビレや感覚鈍磨・麻痺そして筋肉の萎縮などを起こす病気です。

頚椎症の原因は

外傷や加齢などとされていますが、歳をとったからといって老人が全員頚椎症になるわけではありません。

むしろ悪い姿勢をとり続けた結果、骨や軟部組織の変性が起きたと考えます。

頚椎症はストレートネックや猫背などが主な原因だとすれば、姿勢が悪くなったのは足機能の乱れです。

足が乱れると姿勢も乱れる

足は人間の土台です。
土台が傾けば家が傾くのと同じように、身体も傾いてしまいます。

骨盤、足から頚椎まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレートネックとは頚椎の湾曲が少なく真っ直ぐな首のことです。

通常の背骨は前後に湾曲し巻きバネの断面の様な状態になっています。

地面からの反力を巻きバネ状の背骨が吸収するのですが、ストレートネックは湾曲が小さくショックをこなすことができません。
この状態が長年続くと頚椎症の状態となっていくのです。

頚椎症の予防

頚椎症を予防するには、地面からの反力を逃がすしくみが必要です。

本来人間は反力を逃がしながら二足歩行を可能とする機能がそなわっています。

足の機能もその一つです。

姿勢が悪くなり頚椎症になっていくのは、歩かなくても用が足りる社会のため足機能が衰えたともいえます。

大人になってからでは身体を鍛えて足機能を取り戻すことは不可能です。

視力を鍛えられないのと似ています。

治療で体幹部分をいくら整えても土台が歪んでいれば、直ぐにもとへ戻ってしまうでしょう。

頚椎症の予防と進行・症状軽減は姿勢を良くすることです。

  • インソールによる足機能改善
  • ストレッチ
  • 適度な運動と休息

頚椎症でお悩みの方は是非一度、米国足病学に基づいた足底板(インソール)アキュスコープお試しください。

 

小田急線本厚木駅前 いとう接骨院

℡ 046-295-6311