良い靴とは

良い履物とは(身体に良い)

良い履物とは、足の機能を損なわない履物です。

人間は2足歩行の動物です。

したがって歩行の際は片足に全体重をのせ、反対足は中に浮かせ前進後退を行います。

片足に全体重が乗っている時も身体を安定させバランスをとる役目が足の機能にもあります。

これらの機能を妨げてしまう履物は、避けるべきでしょう。

ここでは、雪道や悪路など特殊な用途以外に使う一般的な靴(主にウォーキングシューズなど)について述べます。

良い靴の迷信

  • 柔らかい靴は良い靴だ
    これは迷信です。柔らかすぎる靴は体重移動の際足が靴の中で不安定になります。
  • 靴を選ぶ際は大き目の靴を選ぶ
    これは迷信です。上記同様大きすぎる靴も足が不安定になります。
  • クッションが効いてるくつは良い靴だ。
    これは迷信です。クッションが強すぎると体重でアウターソールがたわみ過回内などを引き起こします。

これらの要素を考えると、ストレスの高い靴とは

  • ブカブカでフィットしない靴(ゴム長・ムートンの様生地のブカブカしたブーツ)
  • 大き目の子供靴を買う(子供靴は一部例外を除いて粗悪なものが多い)
  • 踵部分に過度のクッションを使用している靴
確りした靴

newbalance

 

 

かかとからつま先に向けて力いっぱい床に押し付けても、アウターソールの中心はたわまずビクともしない理想的な靴。

 

 

硬い靴を購入しよう!

靴購入の選別する要素は、一般的には第一にルックスでしょう。
その次に当たりや窮屈閑雅ないくつ。
そして価格
大体この3つが選別要素でしょう。
当然スポーツ用や登山ハイキング靴はもっと詳細なことまでが選別基準に加わると思いますが?

靴を選別する基本は剛性の高い硬い靴です。
靴で曲がった方がよいい部分親指の付け根と小指の付け根を結んだ線だけです。(ハードブーツ除く)
靴を選ぶポイントは硬い靴を選ぶことです。
足の幅や長さがあっているのに違和感がある場合はフットベッドを入れてみましょう、
フットベッドを入れるとまるで別の靴のように感じるでしょう。

本厚木駅前  平日夜9時まで診療

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

やわらかい足やわらかい靴?

やわらかい靴は身体に良いか?

確りした靴

newbalance

やわらかい靴は、はたして身体に良いのでしょうか?

足機能が損なわれると人間の足は偏った足になります。

  • やわらかい足⇒体重で踵が内側に倒れ(過回内足)土踏まずが低くなった足。人類の多くが柔らかい足です。
  • 硬い足   ⇒踵が外側に倒れ横足根関節が外反し硬直した土踏まずが高い足。割合とすれば極少ない足です

殆どの人がやわらかい足なので、靴底がやわらかいと足裏に付く筋肉や足の様々な関節に大きなストレスが生じます。(シンスプリント足底腱膜炎・肉離れetc)

現代人の足は機能低下していることが多いのです。

市場の靴

現在の靴は靴底がやわらかく剛性が低いものが主流です。

デザインだけで購入すると、足から上の身体に思わぬ事態が起こります(外反母趾・膝痛・腰痛etc)

確りした靴が窮屈に感じる場合は足機能の異常を疑いましょう。

子供靴を選ぶ時は慎重に

人間の足機能は幼少期に形成されます。

成長が早いからといって大きな靴を履かせるのは止めましょう。

子供用靴は粗悪なものが多いので、確りした女性用運動靴でフィットするものがある場合それを履かせましょう。

インソール・足のことなら小田急線本厚木駅前「いとう接骨院」にお任せください。
℡ 046-295-6311

 

インソールで足がパワーアップする。

インソールで足がパワーアップする

インソールで足がパワーアップするのは、足の力が効率よく路面に伝わるからです。

足は歩行時に柔らかくなったり硬くなったりを繰り返します。

着地時はショックを吸収する為に柔らかくなり、前進する際に硬くなり路面に脚力を伝えます。

ところがこの足機能が正常に働かないと、足は柔らかく不安定(過回内足)なまま路面を蹴りだすことになります。

これは、ぬかった路面で足が滑っている状態に似ています。

足を矯正できるインソールで足がパワーアップするのは、足機能が復活するからです。

インソールには大きく分けて3種類ある

  • 靴の内容積を調整したりクッションとして使うもの
  • 足機能を整えるタイプ(ファンクショナル タイプ)パワーアップ
  • 糖尿病やリューマチなど内科的疾患に使用するもの。(アコモディティブ タイプ)

いとう接骨院では2番目と3番目のタイプを取り扱っております。

ファンクショナル タイプのインソールなら足がパワーアップしたのと同じように、路面に脚力が伝わります。

災害時などで交通機関が麻痺したよな場合にも頼りになるアイテムです。

既製品ファンクショナル タイプ インソール スーパーフィート

スーパーフィートGREEN

 

 

 

 

 

 

 

スーパーフィートGREEN

スーパーフィート ベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーフィート ベリー

スーパーフィート ブラック

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーフィート ブラック

オーダー インソールNWPL

ノースウエスト

 

 

 

 

 

足の事なら いとう接骨院にご相談ください

神奈川県厚木市3-1-2 小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの上

046-295-6311

シンスプリントは足機能と靴で改善

ランニングシンスプリントは何故おこる。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)の原因は足機能不良(※過回内足など)によるものと考えます。

一般的には?

  • 悪いランニングホーム
  • クッション性の悪い靴
  • 筋力不足

これらなどが大きな原因とされていますが、少し漠然としすぎています。

私の考え

  • 足部機能異常(過回内足・前足部の外反内反)
  • 体重と運動量の増加
  • 不安定な靴(柔らかく剛性の無い靴)

小学校に入学するまでの大事な期間。

この次期は足機能が成熟して行き身体の成長に大きく影響を及ぼします。
シンスプリントの発生原因(過回内足)も一歳から六歳位で既に進行していると考えられます。

一歳から六歳位までに足機能が成熟しなければ、将来就学し体育やクラブチームで激しい運動を行いだすと骨自体の変形や関節周囲のストレスに悩まされることになります。
※大人になってからでは遅いのです。

日本では足機能について一般に周知されていなく、そのため靴自体にも反映されることが希薄です。

特に小児の履く靴が粗悪なものになりやすく、激しい運動に耐えられるものが殆どありません。(良く売られている子供用運動靴は粗悪なものが多い)

成熟しなかった足機能は徐々に身体を蝕んでいきます。

進学と成長するたびに運動量が増え、スネの骨に痛みが発するようになっていくのです。

シンスプリントの芽は、生後1年位には植えられているかもしれませんね?

子供の足の注意点

  • 偏平足
  • 足裏のタコ・ウオノメ
  • 内股歩行
  • 姿勢(足が悪いと姿勢が悪くなります)
  • O脚・エックス脚
  • フィットして確りした靴を履かせる(成長が早いからといって大きな靴を履かせない)

 

シンスプリントの改善!

シンスプリントの改善⇒安静
シンスプリントの改善⇒足の矯正(インソール)
シンスプリントの改善⇒硬くて確りしたフィットする靴

※いとう接骨院では、これらの提案以外にアキュスコープによる治療をお勧めしています。

過回内足など足部機能異常による不調は、筋力を鍛えても解消されません。
また、インソールを使用している時は足機能が改善してもインソールを使っていない時は足機能が悪い状態に戻ります。
これは、視力とメガネの関係と同じです。
足を正しく理解して、健康な生活をおくりましょう。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

足が悪いと姿勢が悪くなる!

足は姿勢に大きく関係する

 

足が悪いと姿勢が悪くなる。

姿勢は土台から

足は建物に例えると土台(基礎)部分にあたります。

建物の場合、土台が傾けば建物が傾き崩落の恐れがあります。

人間の場合は、身体に歪みが生じ関節に負荷が掛かり身体各部の不調を引き起こします。

だから、足が悪いと姿勢がわるくなるのです。

足を無視した骨格矯正は、その効果が持続しません。

土台の不安定な建物が丈夫で長持ちするとは到底考えられません!

猫背や腰が曲がり姿勢が悪くなる原因。

anm-body

足に問題がある人は、足の問題を無意識に他の関節で補おうとします。

これは立位や歩行中のバランスなどをとるためです。

このような行為を代償と言います。

足の問題で骨盤が歪むと、そのバランスを取るために脊椎を歪める場合があります。

これが、猫炎背や腰が曲り姿勢が悪くする原因です。

だから足が悪いと姿勢が悪くなるのです。

対蹠的な療法が効果を持続できない理由は足にあります。

足の異常に気がつかない理由。

足に異常があっても、一部の疾患をのぞき足自体に痛みがでません!(過回内足や外反母趾など)

だから足の異常に気がつかないのです。

もし、あなたの家の土台がシロアリに蝕まれていて気がつかなかったとしたら・・・

足から姿勢の歪みを治す方法。

  • 機能的インソールによる足の矯正。
  • 代償による筋緊張の除去。
  • 骨盤・骨格矯正

足型の採取

※いとう接骨院では→ノースウエスト社製足底板・スーパーフィート・アキュスコープ・カイロテクニックetc

 

本厚木駅前「いとう接骨院」

平日 夜9時まで診療

水曜日・祝日は休診

℡ 046-295-6311

※予約優先ですので御来院の際はお電話下さい。