接骨院と整骨院

接骨院と整骨院は同じです。

接骨院と整骨院は柔道整復師という国家資格保有者が施術をする同じ施設です。

にた名称で整体がありますが資格の名称ではありません。

※整骨という名称は柔道整復師法では違法ですが、整骨院が非常に増えた為ため暗黙の了解で認められています。
※柔道整復師法で認められている施術所の名称は「 柔道整復・接骨・ほねつぎ」だけです。

接骨院と整骨院の施術方法

接骨院と整骨院の施術方法は病院と違い千差万別です。

慰安や迷信的な施術方法もあれば化学的な根拠のある施術を行っているところもあります。
いとう接骨院では痛みや炎症の除去に高い実績のアキュスコープによる施術
米国足病医学に基づいたストレスを和らげ回復を高める施術。

怪我の原因を追求する「いとう接骨院」
同じスポーツをしていても捻挫をしやすい人や筋肉を傷めやすい人がいます。
いとう接骨院ではそれらを癖という曖昧な言葉で処理しません。
怪我をしやすい人は怪我がしやすい科学的な根拠があるからです。
この根拠を解明してこそ真の施術が可能となります。

接骨院と整骨院の施術範囲は

打撲・捻・挫傷・脱臼・骨折などの外傷の施術が柔道整復師法で認められています。

当然むちうち等の交通事故による怪我の施術も認められています。

柔道整復師法は古い法律なので外傷の概念自体が現代にそぐわない感もありますが。
※腰痛・肩こりは症状であり、傷病名ではありません。(怪我をしたら・・・のような症状がでた)
※骨折・脱臼の施術は医師の同意が必要です。(応急処置以外)
※接骨院と整骨院はリラクゼーション施設ではありません。
※外傷であるかどうかが、保険者に問われることがあります。もし怪我として認められない場合は自費となることがあります。

 

本厚木駅前 平日夜9時まで施療の「いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

間違いだらけの外反母趾治療!

《間違いだらけの外反母趾治療》

外反母趾の原因はハイヒールや窮屈な履物が原因で起こると言われていますが、

本当の理由は足機能の異常から起こる場合が殆どです。

ですから、外反母趾になる人は、裸足でもなる可能性が高いという事です。

外反母趾の方に多く見られる足部機能異常は過回内足です。

なので、履物を原因とする、間違いだらけの外反母趾治療では改善が見込めません。

《過回内足とは》

過回内足とは、踵の関節が正常に機能しないために踵の骨が内側に倒れこみ過ぎた足を言います。

外見的には偏平足のように見えることが多い足です。

過回内足を代表とする足部機能異常は、身体の至るところに悪影響を及ぼします。

過回内足⇒外反母趾、変形性膝関節症、膝内障、骨盤の破壊、O脚、ねこぜ、側湾症、etc列挙したらきりがありません。

それだけ足部機能は身体に深く関わっているのです。

外反母趾は過回内足から起こる=踵の病気です。

原因を無視した、間違いだらけの靴選びや矯正が回復を拒んでおります。

《日本では》

外反母趾=柔らかい靴

外反母趾=大き目の靴

外反母趾=母趾自体を矯正

外反母趾=裸足が一番楽だ

以上、間違いだらけの外反母趾。

  1. 柔らかい靴は足部を不安定にし、外反母趾を悪化させる。
  2. 大き目の靴は足部が動揺し外反母趾を悪化させる。
  3. 外反母趾自体をテープや装具で固定しても足機能は改善されない。
  4. 足底板などで足部機能を向上すれば外反母趾のストレスが軽減する。

《足病学先進国では》

外反母趾=固くて確りした靴

外反母趾=フィットした確りした靴

外反母趾=足機能の向上(矯正)

  1. 固くて確りした靴は足底晩の矯正力を発揮させストレスを軽減させる。
  2. フィットした靴は足部の動揺を防ぎ足機能を安定させる。
  3. 足底板などの使用で足機能を正常化しストレスを軽減する。※内科的疾患(糖尿病やリュウマチなど)の場合は柔らかい靴を選ぶ場合があります。

003 P1030245copy RIMG0009 RIMG0015

 

外反母趾で手術をご検討のかた、手術をする前に是非「いとう接骨院」に御相談ください!

厚木で整骨院、接骨院、整体なら本厚木駅前「いとう接骨院」

夜9時まで診療、日曜日も診療

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com
http://new-sight.foot-head.com

 

膝の内側が痛い訳。

《膝の痛み》

膝の痛みは、内科的(リュウマチや痛風など)要因と整形外科的な要因があります。

ここでは膝痛の整形外科的(物理的)な要因を解説します。

膝の痛みに関しては、運動のし過ぎや加齢・筋肉の衰えなど漠然とした説明が多いのが実情です。

骨格の歪みが筋肉や関節に及ぼす影響について論じる整形外科的は多くありません。

《膝の痛み:アナタが知らない本当の話、下腿捻転角》

P1030354copy P1030355cpy

画像:右は膝が内側に向いている状態で左右膝間の隙間が多くO脚の様に見える。※若干踵が離れていますが、その分差し引いても隙間大
画像:左は膝が正面に向いている状態で左右膝間の隙間が少なく真っ直ぐな足。

続きを読む

肘内障

突然起こる幼児の肘抜け「肘内障」。

肘内障は幼児に良く起こる橈骨頭が輪状靭帯から外れる亜脱臼です(肘抜け)。

chuunaisyouweb

2歳から4歳の幼児に多く、肘を伸ばした状態で引っ張ると発生しやすい。 続きを読む