①令和3年1月緊急事態宣言の対応について。②1月30日土曜日外反母趾や足・膝の無料相談会を行います!

2013-12

症状と疾患別

短腓骨筋腱付着部炎(外側ウエッジは腓骨筋に効く?・・・)

短腓骨筋腱付着部炎は足機能の乱れが原因です。インソールで足を矯正して改善しましょう。炎症を鎮めるには原因となる外力を軽減することが大事です。早期改善には室内外での足部矯正が有効です。簡単な固定方法を掲載しているのでご覧ください。
症状と疾患別

肘内障

肘内障は幼児に良く起こる橈骨頭が輪状靭帯から外れる亜脱臼です(肘抜け)。
症状と疾患別

足の機能異常はシンスプリントと脛骨の疲労骨折を生む!

シンスプリントはランナーに多い障害ですが、走る競技だけでなくチアリーディングなど跳躍の激しいスポーツでも起こります。シンスプリントや脛骨の疲労骨折は足の機能異常から起こると考えられます。《足のタイプ》足には大きく分類して「柔らかい足」と「硬い足」の2種類があります。
症状と疾患別

頭痛

肩がパンパンに張って、頭が重いと感じているアナタ! それは筋緊張性頭痛かも? 《頭痛》 いわゆる頭痛もちと言われる慢性的に起こる頭痛は3種類あります。片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛。筋緊張性頭痛の方が大半なので、予防として適度な運動や酷い肩こり寝違いは放置せず治療しましょう。
症状と疾患別

ギックリ腰治療は足機能の正常化と骨盤矯正が鍵。

ぎっくり腰 うがいをしたり、くしゃみや咳をしたとたん急に腰が痛くなり動けなくなった。 こんな経験をしたことがありませんか?腰は悪い姿勢に耐えてきたのです。姿勢を最初の決めるのは足です。足を整え姿勢を良くすることがギックリ腰の予防改善となるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました