フラインバーグ病(第2ケーラー病)40歳以降の再発は要注意!

女子に多いフラインバーグ病

女子学生で、走ったり飛び跳ねたり運動すると足趾の付け根が痛む。 このような症状がある場合フラインバーグ病の疑いがあります。

フラインバーグ病はどのような病気

  • 発症するのは女性が90%
  • 13歳~19歳の活発期に発症
  • 第2中足骨に多発
  • 歩行の蹴り出し期にMTP関節に疼痛出現
  • 運動で痛み悪化
  • 疼痛の多くは消滅するが40歳以降で再発する事がある。

フライバーグ病
赤円の内側右部分が扁平化する
フラインバーグ病の治療方法

  • 運動量の制限
  • 機能性インソールの使用
  • ロッカーボトムの靴底がある靴の着用。(MTP関節を背屈すると疼痛が増大するため。)
  • 電気や温熱などの物理療法(いとう接骨院ではアキュスコープによる疼痛除去治療)
  • 薬物療法
  • 外科的手術

※40歳以降に再発すると変形や運動制限になる可能性があるので機能性インソールの使用等の予防が大切です。

予防

中足骨は横足根関節がロックしないと不安定になり動揺しやすくなるので、横足根関節がロックするように後足部前足部を安定させることが予防策になると思います。

※ファンクショナルオーソティックの使用が望ましい。

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県 厚木市 中町3-1-2

平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

ムチウチにはアキュスコープによるトリガーポイント治療

むちうちの治療はアキュスコープによるトリガーポイント治療

僧帽筋トリガーポイント

※僧帽筋のトリガーポイント

《ムチウチが治りにくい理由》
大きな交通事故でなくても、受傷した ムチウチは気候などの影響で痛みの仕組みが脳にに焼きつき治りにくくなるおとがあります。

また骨盤の歪み等で異常な姿勢(ねこぜ等)を長時間とると筋が代償され、新たな疼痛を引き起こすことがあります。
中部及び下部僧帽筋は両腕を伸ばしハンドルを握り車を長時間運転することでストレスとなり疼痛を増大させる事があります。この事が運転手のムチウチ遷延治癒に大きく関わってくると考えられます。

アキュスコープによるトリガーポイント治療は、このようなムチウチに有望な解決法を提供します。
アキュスコープによるムチウチ治療はトリガーポイント(硬結)自体の治療のほか、関連痛除去にも有効です。

厚木市の「いとう接骨院」はムチウチの治療にアキュスコープによるトリガーポイント治療で対処します。
なかなか取れないムチウチの痛みにアキュスコープによるトリガーポイント治療を試してみませんか。

いとう接骨院ではアキュスコープと同じカテゴリーのマイクロカレント治療器エレサスによる全身通電も行っています。

エレサスはミトコンドリアに作用しATP合成をたすけ、むち打ちによる痛みや組織の回復に威力を発揮します。
ムチウチの早期回復にトリガーポイントと微弱電流は良い結果を出すと確信しております。

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県 厚木市 中町3-1-2

平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル