開張足

開張足とは

開張足

開張足とは横足根関節がロックせず足趾の間が開いている足の事です。
開張足になると横アーチが低くなるため人差し指・中指・薬指の付け根が低くなり床面に接触し擦れてしまいます。
それが原因でタコウオノメができるのです。
横足根関節のロックは距骨下関節が中間位から回外位で起こるので踵の状態が大きく影響します。

開張足、歩行への影響

人間の足は硬くなったり柔らかくなったりします。
足が着地するときは柔らかくなり衝撃を吸収し、蹴りだして前進するときは硬くなり路面に推進力を伝えます。
開張足の場合、足は柔らかいままなので路面に推進力を効率よく伝えられません。(スピードや力が出ない)
アスリートには痛いハンディーになります。

開張足の改善

開張足の改善は、横足根関節がロックするタイミングでロックするように矯正するべきです。
もしアーチサポーターなどで無理やりアーチを持ち上げると、衝撃吸収のために足が柔らかくなるタイミングに柔らかくなることができなくなります。
なので足の機能を失わない、バイオメカニクスを重視した矯正が必要です。
開張足は、モートン神経腫・外反母趾・内反小̪趾・リスフラン変形症足趾周囲などの病変に深くかかわっています。
5本指ソックスも足趾間が開くという理由でお勧めできません。

開張足の矯正は横足根関節の歪みと距骨下関節をバイオメカニクス的に矯正できるオーダーインソールが最善の選択と思います。
これらを改善すれば競技成績の向上も見込めます。
米国のプロスポーツではオーダーインソールでの矯正が一般的です。

newtral impactトレーディング提供

impactトレーディング提供

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

アキレス腱断裂

アキレス腱はなぜ断裂する?

下の画像はカカトが内側に倒れた(過回内)状態の右足です。

正常であればフクラハギ上の黒い線は真っ直ぐ垂直になっています。

しかしながらカカトが内側に倒れているためスネが外側に倒れています。

このためフクラハギ(下腿三頭筋)の先端アキレス腱が伸ばされ、筋肉がアキレス腱に移行する部分に大きなストレスが掛かります。

この状態でジャンプの着地やダッシュを繰り返すことによってアキレス腱がダメージを負い断裂すると考えられます。

この様な足は幼少期からのものであり、足関節背屈不全症(しゃがんだりしにくい)を合併している人が多いです。

足関節背屈不全症の場合アキレス腱断裂のリスクはさらに高まります。

過去現在にアキレス腱の痛みや腫れアキレス腱炎などを発症した人は更に要注意です。

原因が自分のカカトにあるからです。

過回内

過回内

人体模型では上画像の様な表現になりますが、人間の立位でカカトは垂直より内側に倒れずカカトの上部(距骨とすね)が外側に倒れます(一番上の画像)。

アキレス腱断裂の処置

観血的処置

完全断裂や酷い断裂は手術が必要必要です。
※保存的療法だと関節の拘縮を起こしやすく治るのに時間がかかります。

 

保存的処置

比較的軽度な部分断裂の場合。

いとう接骨院では。

  • アキレス腱 テーピングや包帯やシーネによる固定
  • 冷罨法や温罨法・電気治療などの物理療法
  • 痛み除去や回復を早める微弱電流の施術

※症状や経過により施術は変化します。

予防

  • ストレッチ
  • 機能的インソールの使用(室内でも使用する事が望ましい)
  • 爪先よりカカトが1cm~2cm高い靴を履く
  • アキレス腱 テーピング

回復期になって、毎日スポーツをする人はアキレス腱テーピングはかぶれてしまうので、強力な足関節サポーターと機能的インソールの組み合わせで代用すると楽です。

 

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

本厚木の整骨院

本厚木の整骨院

本厚木の整骨院いとう接骨院

 

私が整骨院を本厚木に開業した当時は駅周辺半径500m以内に整骨院が5軒程しかありませんでした。

今では10件ほどに倍増しました。

この要因は1998年に柔道整復師養成校設立の規制緩和が行われ、全国で15校しかなかった養成校が現在では80校くらいに増えたためです。

規制緩和以前に養成校に通い柔道整復師の免許を取得した柔道整復師は殆どが数年以上の研修(整骨院や整形外科)を受けていました。

しかし柔道整復師にはインターン制度が無かったため、卒業と同時に開業することも可能でした。(平成30年4月以降は3年間以上の実務経験と2日の研修が必要)

これが整骨院の乱立をうんだ原因でもあります。

開業し委任請求(保険治療の請求)をするには管理柔道整復師という資格が必要ですが平成30年4月までは、柔道整復師の免許を取得すれば直ぐ開業できたのです。

本厚木の整骨院も団塊の世代で後継者がいないような場合、閉院していく整骨院もあり新旧交代の時期を迎えつつあると感じています。

特に大規模チェーン展開している整骨院の進出がめだちます。

整骨院も多様化して、中にはフェイシャルなどをする整骨院も現れてきました。

整骨院が理美容などの方からどう思われているのか心配です。

怪我などから回復した結果、健康を取り戻し美しくなったのなら宜しいと思いますが?

大阪の方の整骨院でエクステを他の名目で健康保険使用し摘発されたことがあります。

本厚木の整骨院はそのようなことが起こらないことを祈っています。

本厚木のラーメン店がとても評価が高く全国的に有名になったことがあります。

地元の整骨院も本業で全国的に誇れるようになれば嬉しいいです。

競争が激化したなか小さな整骨院たちも、チェーン店に負けないよう頑張っていますので応援してください。

 

本厚木の整骨院の傾向

本厚木は小田急線ロマンスカーが止まる駅で、嘗ては多くのビジネスマンが昇降する場でした。

近年では多くの企業撤退や団塊の世代退職などでその数は減少しています。

整骨院は逆に増加傾向にあります。

これは近年の整骨院事情に共通したものかもしれません。

整骨院は代替医療であるゆえに西洋医学にはない日本古来の施術方法や整体カイロなども取り入れたカラダに優しい療法を展開していた施術所が多くあります。

しかしチェーン展開している大型の整骨院などではスタッフ(術者)の技量を揃えなければなりません。

したがって均一な施術が出来るようにシステム化した施術になるようです。

この様な整骨院では施術の仕方は同じでも、傷病などの質問をするとスタッフの返答はまちまちです。

これはマニュアルやチェーンシステムに学術的なことが含まれてい無いからでしょう。

これでは、患者様はどのスタッフが言っていることが真実なのか困惑してしまいます。(中には指名料を加算している整骨院もあります)

この様な現象が本厚木の整骨院にも起こっています。

これでもカラダが回復していくならば人々のためになると思いますが、リラクゼーションだけが目的なら問題があります。

保険のきくマッサージ店になってしまうからです。

整骨院のチェーン展開も飲食店のチェーン展開も均一な品質を保ちに展開するという点では類似しています。(同じチェーン店なら、何処でも同じ味)

飲食店は味で勝負ですが!

本厚木でオーダーメイドの施術

いとう接骨院は、患者様一人一人に合わせた施術を行っています。

そのため初めて来院された患者様には、症状などを長時間伺うことが有ります。

患者様が納得する施術方針を選択していただくためです。

怪我の原因が姿勢や歩き方であったりすることが有ります。

怪我の箇所だけを施術してもなかなか改善しないのは、他に問題があるからです。

その原因を見極めなければ本当の施術はできません。

 

いとう接骨院のモットーは「患者様の期待を裏切らない接骨院」です。

患者様は施術の専門的なことは分かりません。

患者様の分かるのは施術の結果だけです。

だから患者様が施術に飽きないよう速やかに結果を出すことを心がけています。

自然回復か施術による回復か分からないような結果では、信頼を得られないからです。

微弱電流・インソールを使用した全身姿勢矯正・骨盤矯正はそのためのツールの一部です。

 

整骨院を探すならテーピングや包帯の上手なところ

テーピングが上手

テーピングや包帯の上手な整骨院は技術がある

包帯やテーピングの上手な整骨院は技術が高い!整骨院は手術や投薬ができません。

整骨院の施術は保存的治療なので固定が大事なのです。

包帯やテーピングは豊富な経験がなければ、綺麗に巻けても効果が出ません。

テーピングをしても全く効果が出なければ、やり方が適切でないと思います。

テーピングや包帯の技術は経験がものをいうのです。どこがどう壊れているかを理解していなければ姿位(怪我している方の関節の曲がり具合)や強弱をコントロール出来ないからです。

テーピングや包帯の経験が多ければ、臨床経験も多いと言う事になります。

施術者として成長の過程で数多くの失敗と先輩の指導で技術は磨かれていきます。

とは言え熟練者も最初は初心者なので仕方がないのですが、整骨院の方針が施術者の技量を決定してしまうのでしょう。

私が本厚木に開業した理由

私が横浜で勤務していた整骨院を退職し本厚木ミロード2の西側付近に「いとう接骨院」を開業したのは1997年9月でした。

私が勤務していた整骨院と懇意にしていた整骨院は革新的な治療法と患者様を第一に考える整骨院の集まりでした。

骨折や脱臼の整復技術や、今から30年位前からマイクロカレント療法(アキュスコープ)など革新的な施術をいち早く取り入れていました。

そこでの経験を自宅のある厚木で生かしたく思い開業に至りました。

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療。
いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

整骨院のめずらしい施術

めずらしい

めずらしい施術

めずらしい施術とはどのような施術でしょう。

整骨院で行われる施術は代替医療と言い「通常の医療と違う医療」を指します。

通常の医療とは科学的に立証されている医療です。

めずらしい施術とは代替医療の中でも稀な施術を指すのでしょうか。

整骨院の施術は、整形外科とは違い手術や投薬ができません。

整骨院の施術方法は物理療法的なものしかありません。

  • 温める・冷やす
  • 電気をかける
  • マッサージなどの手技
  • テーピング
  • 包帯固定
  • 副子による固定

整骨院はかつて上記のような物理療法を色々と工夫して独自の技術を極めていきました。
その結果その整骨院でしか出来ない施術=めずらしい施術がうまれました。
現在は情報の錯綜と整骨院の乱立でリラクゼーションや営業活動に力を入れ込む整骨院が大多数です。
電話で「マッサージ10分いくら?」のようなの問い合わせでが多くなりました。
まさに技術を時間で売るような仕事になりつつあります。
以前は修行して整骨院を開業する場合が多かったので独自の技術を磨く時間がありました。
チェーン店乱立により、これからは小さな整骨院の存続が厳しくなっていきます。
チェーン展開している整骨院はシステムとして動かなければならないので、施術者の均一性が重要となり個々の施術者にハイレベルな施術は求められなくなるでしょう。
食材を1㎏幾らで買うように、施術を10分幾らで行う整骨院になるのです。

小規模な整骨院を存続していくなら「付加価値のある」施術が必要です

私も本厚木で20年以上前に接骨院を開業した時から「他ではあまり行っていない」、そして速効性のある施術を目指していました。
だから当時は、まだ少ない微弱電流療法インソールによる動的な姿勢矯正などを猛烈に勉強しました。
今までの臨床経験からみても、これら施術方法の選択は間違っていないと思います。
これらは、その場で患者さんの笑顔を生むのです。

施術方法にも、まったく科学的根拠がなく効果がいつまでたっても得られないものがあります。
さすがに私も科学的根拠がないものには躊躇します。
しかしながら代替医療とはそのようなものの事ですから、暴力的な施術や危険なもの以外は試す価値はあります。
「変わった」施術を探している患者さんは、おそらく一般的な治療を一通り済ませ満足いく結果が得られなかった方たちではないかと思います。

代替医療も本当に聞いた事が無いような珍しい物や、よく聞くものもあります。
昭和には療術や霊術という、手技や電気・光線・カイロ・催眠術・呪術などを使う民間療法がありましたが昭和22年に全て禁止されましたが現在は黙認されています。

ハーブによる医療は日本では代替医療でヨーロッパでは通常の医療です。
医療の枠組みは国によって違います。
日本でも大学病院などで代替医療の研究が盛んに行われています。
例えば医療用ヒルの研究(ヒルディン)鬱血した組織のヒルによる臨床応用などがあります。
私もハイキングの時に山蛭にかまれたことがありますが、あまり気持ち良い物ではありませんでした。
実際はかまれたときは何も感じず、痛くはありませんでした。
代替医療には色々な種類がありますが危険なものを試すのだけは止めましょう。
私が試した(施術を受けた)ことがある代替医療は、針きゅうマッサージ・アロマセラピー・酸素カプセル・波動シールなどです。
どれも何らかの効果を感じました。
これらとはおもむきは違いますが、天然記念物の北投石で有名な玉川温泉の製品である敷きパッド(玉川温泉の湯の花含有)が体調を大きく変化させ驚きました。
不治の病を治すと言われている玉川温泉に岩盤浴をしに行く方達が多いのも理解できます。

めずらしい と思うのは島国育ちだから

先ほど日本では代替医療でも外国では通常の医療であることがあると記載しましたが。
要するに外国では普通でも日本じゃ特殊と言う事になる場合がある。
テーピングをする場合に、どこの骨をコントロールするかでテーピングの仕方が変わります。
日本では痛い関節を固定するテーピングを施すことが一般的です。
膝が痛ければ膝にテーピング。
足首が痛ければ足首にテーピング。
親指を伸ばす外反母趾のテーピングです。
単純外傷であれば上記のテーピングでよいと思います。
この様な対処的方法では効果が出ない場合があります。
上記3点共通の関係する関節は距骨下関節です。
もし距骨下関節が原因で痛みがあるのなら距骨下関節を制御するテーピングが一番大事です。
私は距骨下関節を制御するテーピングを行います。
白人の医者なら歩行観察をして足から検査をするでしょう。
日本では、めずらしい検査でもアメリカなら普通ということですね。
特に足の事は日本という島を抜け出せていないようです。

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

捻挫が治りにくい

治りにくい捻挫は距骨滑車軟骨障害を疑え

距骨滑車骨軟骨障害

距骨滑車骨軟骨障害

 

距骨は内くるぶしと外くるぶしに挟まれた骨で足関節を構成している骨の一つです。
距骨滑車骨軟骨障害とは距骨滑車骨軟骨が何かの原因で変形し、足の関節の奥の方が痛くなる障害です。
変形の原因は明らかな捻挫であったり、突如痛みが出る場合もあります。
病院でもレントゲンなど画像検査で変形を見落とすこともあります。
あまり痛みが取れない捻挫の場合はMRIなどの検査をお勧めします。
治りにくい捻挫は距骨滑車骨軟骨障害を見落としていることがあります。
この様な場合、軟骨の変形が進行し関節の状態がさらに悪化てしまうことがあります。
難治性の捻挫は距骨滑車骨軟骨障害である場合があります。
上の画像の赤い部分が好発部位です。

捻挫をするとテーピングや包帯などで固定しますが捻挫の度合いが強い場合や初期の場合は腫れが強いのでテーピングは適さないことがあります。
腫れが進んでいる捻挫にテーピングを施す場合は血行障害に十分な注意が必要です。

距骨

距骨

 

捻挫負傷後の予防と対策

いとう接骨院は距骨滑車骨軟骨障害の好発部位が内側であることに着目し、捻挫が距骨下関節の過回内などの足機能と関係が深いと考えております。
足機能が乱れている方が多いと言うよりは、正常なヒトが少ないのが現状でしょう。
特に過回内足のヒトが多いのです。
過回内足の場合、距骨が足の内側下方に落ち込んできますので距骨内側に大きなストレスが発生し距骨滑車骨軟骨障害を引き起こすと私は考えています。
これを防ぐには足機能が正常に機能するようなインソール(ファンクショナルオーソティック)が有効だと思います。
人間が靴を履くようになって、足機能が退化したとも言われています。
そして足機能が育まれるのは生後1歳~6歳ともいわれています。
大事なお子さんの健康を祈るなら小学生になる前に足を鍛えてやると良いでしょう。
大人になってからでは遅いのです。
足機能が乱れている場合は足機能を矯正するインソールを使用すると改善の見込みがあります。

下に当てはまる方はインソールを試す価値があると思います。

  • 足にタコウオノメがある
  • 偏平足
  • 膝や腰が痛い
  • 外反母趾
  • 足趾のすき間がある

一般的な捻挫の治療法

捻挫の治療法は整形外科の場合、軽度ならば定期的なX線写真で経過観察をします。
重度の場合は手術となるでしょう。

整骨院ではテーピング固定や包帯固定などと温熱・電気・マッサージなどの物理療法が一般的です。
手術が必要な重度の場合整骨院での施術は無理でしょう。
手術後のリハビリテーションなどは整骨院で行えます。
いとう接骨院では、マイクロカレント治療器アキュスコープエレサスで痛みの早期軽減や関節可動域の早期回復に取り組んでいます。
※捻挫のテーピングはテーピングする際の姿位(テーピングする関節の骨と骨の位置関係)と目的が大事です。

本厚木ミロード2の近く、ファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル