開張足

開張足とは

開張足

開張足とは横足根関節がロックせず足趾の間が開いている足の事です。
開張足になると横アーチが低くなるため人差し指・中指・薬指の付け根が低くなり床面に接触し擦れてしまいます。
それが原因でタコウオノメができるのです。
横足根関節のロックは距骨下関節が中間位から回外位で起こるので踵の状態が大きく影響します。

開張足、歩行への影響

人間の足は硬くなったり柔らかくなったりします。
足が着地するときは柔らかくなり衝撃を吸収し、蹴りだして前進するときは硬くなり路面に推進力を伝えます。
開張足の場合、足は柔らかいままなので路面に推進力を効率よく伝えられません。(スピードや力が出ない)
アスリートには痛いハンディーになります。

開張足の改善

開張足の改善は、横足根関節がロックするタイミングでロックするように矯正するべきです。
もしアーチサポーターなどで無理やりアーチを持ち上げると、衝撃吸収のために足が柔らかくなるタイミングに柔らかくなることができなくなります。
なので足の機能を失わない、バイオメカニクスを重視した矯正が必要です。
開張足は、モートン神経腫・外反母趾・内反小̪趾・リスフラン変形症足趾周囲などの病変に深くかかわっています。
5本指ソックスも足趾間が開くという理由でお勧めできません。

開張足の矯正は横足根関節の歪みと距骨下関節をバイオメカニクス的に矯正できるオーダーインソールが最善の選択と思います。
これらを改善すれば競技成績の向上も見込めます。
米国のプロスポーツではオーダーインソールでの矯正が一般的です。

newtral impactトレーディング提供

impactトレーディング提供

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

捻挫が治りにくい

治りにくい捻挫は距骨滑車軟骨障害を疑え

距骨滑車骨軟骨障害

距骨滑車骨軟骨障害

 

距骨は内くるぶしと外くるぶしに挟まれた骨で足関節を構成している骨の一つです。
距骨滑車骨軟骨障害とは距骨滑車骨軟骨が何かの原因で変形し、足の関節の奥の方が痛くなる障害です。
変形の原因は明らかな捻挫であったり、突如痛みが出る場合もあります。
病院でもレントゲンなど画像検査で変形を見落とすこともあります。
あまり痛みが取れない捻挫の場合はMRIなどの検査をお勧めします。
治りにくい捻挫は距骨滑車骨軟骨障害を見落としていることがあります。
この様な場合、軟骨の変形が進行し関節の状態がさらに悪化てしまうことがあります。
難治性の捻挫は距骨滑車骨軟骨障害である場合があります。
上の画像の赤い部分が好発部位です。

捻挫をするとテーピングや包帯などで固定しますが捻挫の度合いが強い場合や初期の場合は腫れが強いのでテーピングは適さないことがあります。
腫れが進んでいる捻挫にテーピングを施す場合は血行障害に十分な注意が必要です。

距骨

距骨

 

捻挫負傷後の予防と対策

いとう接骨院は距骨滑車骨軟骨障害の好発部位が内側であることに着目し、捻挫が距骨下関節の過回内などの足機能と関係が深いと考えております。
足機能が乱れている方が多いと言うよりは、正常なヒトが少ないのが現状でしょう。
特に過回内足のヒトが多いのです。
過回内足の場合、距骨が足の内側下方に落ち込んできますので距骨内側に大きなストレスが発生し距骨滑車骨軟骨障害を引き起こすと私は考えています。
これを防ぐには足機能が正常に機能するようなインソール(ファンクショナルオーソティック)が有効だと思います。
人間が靴を履くようになって、足機能が退化したとも言われています。
そして足機能が育まれるのは生後1歳~6歳ともいわれています。
大事なお子さんの健康を祈るなら小学生になる前に足を鍛えてやると良いでしょう。
大人になってからでは遅いのです。
足機能が乱れている場合は足機能を矯正するインソールを使用すると改善の見込みがあります。

下に当てはまる方はインソールを試す価値があると思います。

  • 足にタコウオノメがある
  • 偏平足
  • 膝や腰が痛い
  • 外反母趾
  • 足趾のすき間がある

一般的な捻挫の治療法

捻挫の治療法は整形外科の場合、軽度ならば定期的なX線写真で経過観察をします。
重度の場合は手術となるでしょう。

整骨院ではテーピング固定や包帯固定などと温熱・電気・マッサージなどの物理療法が一般的です。
手術が必要な重度の場合整骨院での施術は無理でしょう。
手術後のリハビリテーションなどは整骨院で行えます。
いとう接骨院では、マイクロカレント治療器アキュスコープエレサスで痛みの早期軽減や関節可動域の早期回復に取り組んでいます。
※捻挫のテーピングはテーピングする際の姿位(テーピングする関節の骨と骨の位置関係)と目的が大事です。

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

 

 

インソールオーダーメイドなら本厚木の いとう接骨院

インソールはニュートラルが大事

ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール

ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール

インソールのオーダーメイドは本来、足機能「バイオメカニクス」を改善するために足形採取と歩行分析をして作成されるインソールです。

人間の足には歩行時に体重の2倍、ジャンプの着地時には体重の8倍の力が足にかかります。

そのため、ノースウエスト社では非常に剛性の高いカーボングラファイトでインソールが作成されます。

左画像はアメリカの医療用インソール(ノースウエスト社製オーソテック:装具)です。

インソールを作るための足形採取は踵が垂直(ニュートラル)でなければなりません。

静止状態の足評価はニュートラルであることが重要です。

ニュートラルを保持し足形を採取するには熟練した技術が必要です。(ニュートラルが足評価の基準です)

日本で作成されるインソールは一部を除きニュートラルを無視した状態で作成されます。

そもそも日本ではニュートラルという概念すら希薄と言えるでしょう。

もし他院でオーダーメイドインソールの作成を勧められたら、自分の足のニュートラルについてたずねてみてください。

最近でこそスポーツシューズではプロネーションコントトロールなどという言葉が使われるようになりましたが、プロネーションの意味は踵が内側に倒れることであり踵が外側に倒れることをサピネーションと言います。

ニュートラルは踵が内外に倒れていない垂直である足の基本状態を言います。

ニュートラルこそが一番安定した状態と言えるのです。

いかにニュートラルが大切であるか理解できると思います。

オーダーインソールの場合、ニュートラルを無視して作られたインソールは使用する人の足を無視して作られたと言えるでしょう。

下の画像左がニュートラル、右が過回内です。

距骨下関節のニュートラルと過回内

over pronation

インソールは硬くなければならない

足は耐えている

feet-endure-web

足が悪い人ほど硬いインソールが必要です。
なぜならば悪い足ほど強い力で矯正しなければならないからです。
たとえば重篤な疾患PTTD(後脛骨筋機能不全症候群:過回内足で極度な偏平足の様な外見の足)の場合、造られるインソールの硬度は5段階中の最高硬度5を処方します。
これらの処方で作られたインソールをPTTDデバイスと言います。
どこかの整骨院の先生が「酷い偏平足で硬いインソールを使ったら土踏まずが痛くなった」などとブログで書いていましたが。
PTTDデバイスの事はご存じなかったのでしょう。
PTTDのような極度の偏平足ならば柔らかいインソールでも痛みは出ます。
だからこの様な足には硬くて正確な足型で作られたインソールが必要なのです。
こう書くと勘違いされている方もおられると思いますが、足型にただ樹脂を流し込んでインソールを作るわけではありません。
使われる方が正常に歩けるように沢山のハイレベルな細工が施されてインソールが出来上がります。
日本のように足裏に当たるようなパッド類はあまり処方されません。
硬いインソールが必要な理由は、体重の何倍もの力に耐えるためです。

インソールを見極めよう

アメリカの足病医学がオーストラリアやヨーロッパに強い影響を与え何十年も前から現地で脚光を浴びてきました。
そして多数のインソールメーカーが名乗りを上げましたが、人々に受け入れられなくなった数多くのインソールメーカーが現地での競争に敗れ倒産していきました。
それらの製品がアジアに流れ込んでいき、日本でも販売されています。
販売する側も足の知識に乏しく科学的な説明ができず、使用感などの主観しか言えない、あるいはメーカーの宣伝文句しか言えないで売っている場合がほとんどです。
要するに良いか悪いかわからずメーカーのうたい文句に踊らされて売っているのです。
ここ数年、整骨院でもインソールを取り扱うところが増えてきましたが、柔道整復師免許(整骨院の国家試験)を獲得するための養成校では足のバイオメカニクスなど教えません。
インソールを売っている整骨院の先生は本当に理解しているのでしょうか?
足のバイオメカニクスを理解するには、相当勉強しなければなりません。
この様な状態ですから患者様は誰を信じて良いのか分からなくなります。
足を勉強されている整骨院の先生をたくさん知っていますが、ホームページやブログの投稿を見る限り残念な先生も多数いらっしゃります。
物を売れば儲かりますが、本当に患者さんの事を考えて売ってもらいたいと思っています。

※整骨院の受付周りに色々な商品を展示しているところは要注意。(私感ですが)

※インソールの機能を発揮するには靴との相性や適切な処方も大きく影響します。

足にかかる負荷は歩行時で体重の2倍、ジャンプして着地の際は体重の8倍かります。
体重50kgの人なら歩行時に100kg、ジャンプして着地時には400kgの負荷がかかるのです。
柔らかいインソールでは身体を支えることができません。
ノースウエスト社製のインソールは硬いカーボングラファイトで作成されています。
非常に硬い素材なので正確な足型をもとに作成しないと、強い違和感で使用にに堪えません。
足形採取には熟練した技術と知識が必要です。

 

インソールオーダーメイドには種類がある

  • ファンクショナルタイプ
    足のバイオメカニクス(生体力学)を高める機能改善型
  • アコモデーティブタイプ
    主にリューマチや糖尿病患者など内科的疾患に使用されるもの。
    痛みの緩和ケア的な使用が目的。
  • 靴の容積調整やクッション材として用いるインソール
インソールのタイプ

インソールのタイプ

左:ファンクショナルタイプ

中央:アコモデーティブタイプ

右:容積調整やクッション材として用いるインソール

 

 

 

 

 

足が痛くなくても、足は壊れている

足自体に痛みがなくても足が正常に機能していない(壊れている)ことが多くあります。

むしろ足が正常なヒトのほうがはるかに少ないと言えるでしょう。

ヒトが靴を履くようになり足が退化したと言われています。

現代では裸足で生活しているような地域に行かなければ、正常な足のヒトと出会うことはないと考える学者もいます。

次のようなヒトは要注意です。

  • 足にタコやウオノメがある。
  • 姿勢が悪い。
  • 外反母趾。
  • 慢性的な腰痛
  • 膝が痛い

これらは足が原因である可能性が高い症状です。

足を矯正すれば症状を解消する可能性があります。

整形外科や整骨院に通って症状が改善しない場合は是非足の矯正を考えてください。

ノースウエスト社製インソールの欠点

足にやさしく矯正し、機能的で丈夫なノースウエスト社製オーダーメイドインソールにも欠点があります。

  • 価格が高価であること。
  • 場合によつて納期に時間がかかること。
  • 保険が適用されないこと。

この3点です。

※価格に関してはエンジン部分のシェル(2年の保証・5年以上使われている場合が多い)が正常であれば他のパーツは交換可能なので、長期間使えるので欠点とは言えないかもしれません。

院内で試し履きできるノースウエスト社製インソールのサンプルを用意していますので、是非いとう接骨院にお越しください。

 

 

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療

電話 046-295-6311

いとう接骨院

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

 

オーダーインソールの違い

オーダーインソールはどこが違う

オーダーインソールは多種多様な製品が作られています。

ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール

ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール

  • 足機能の改善を目的としたインソール(足のバイオメカニクスを考慮して作成:スムーズに立ったり歩いたり出来るようにすることで不調を解決)
  • 足の症状を緩和するために対処的な処方で作成されるインソール

 

いとう接骨院では2006年より米国ノースウエスト足病研究所製オーダーインソールを取り扱っております。
アメリカ製インソールは足病学に基づいた機能的な製品が多いですが、その中でも革新的な製品を作り続けているのがノースウエスト足病研究所です。
他のインソールとノースウエスト足病研究所製オーダーインソールの違いは足型採取の方法からカーボン製のシェル素材など高度な先進技術とビデオや静止画の足病医による歩行分析などのきめ細かい対応があげられます。

足病学的アプローチのオーダーインソールは、正常な歩行ができるように足を矯正し代償(他の関節をかばった関節の動き)改善による痛みのコントロールが目的。
外反母趾による痛などの大半の症状は正確な足型で処方されたファンクショナルオーソティック(足機能改善用インソール)で改善されます。

※機能改善が見込める場合はファンクショナルタイプのインソール。(カーボンや強化プラスティック等の非常に硬い素材、基本構造部分は一体形成 必要に応じパーツを組み込む)
※関節機能の改善が見込めない場合は素材で疼痛緩和アコモデイティブタイプのインソール(スポンジのような柔らかい素材:主にリューマチや糖尿病などの内科的疾患に使用)
※アメリカでは足に対する関心が高く、足専門医(ポダイアトリック)が非常に多く活躍しています。
※足病学的な歩行分析を行う事はインソール作成に必須です。

従来のバイオメカニクスに基づかないオーダーインソールは足機能を高める目的ではなく、痛みを対処的に取り除く方法で作成します。
※外反母趾が当たっていたい:圧が掛かる部分をえぐったり周りを高くして疼痛緩和:対処的処方
足型も患者さんがフットプリンターに足を乗せ採取するので、ニュートラルポジションの自然な足型を採るのが困難です。

そして対処的な処方で作成されたオーダーインソールでは何かの問題を解決するために、何かの足機能を犠牲にする可能性が高くなります。
それならば、足機能を高めることにより問題を解決する方法が合理的と言えるでしょう。
たとえば踵が内側に倒れたために土踏まずが低くなり拇趾の関節に大きく荷重が掛かり痛みが生じた場合、土踏まずにパッドを挟んでアーチを高くしたら土踏まずの板バネとしての機能がなくなります。
アーチにパッドを挟まずに踵が急激に倒れないように踵部分が窪んだインソールを正確に採取した足型をもとに処方作成すれば、踵が安定し拇趾の痛み軽減と土踏まずの板バネ効果も両立できるので足機能を損ないません。
専門的な技術を必要としますが、患者さんに優しいインソールが作れます。

※機能改善を目的としたインソールでも他の機能や症状を損ねる場合があります。

足型採取方法の違い

smart cast

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的にオーダーインソール作成は足型が必要です。

足型によってオーダーインソールの作り方の違いが生じます。

  • 米国では足が無荷重の状態で足型採取する。
  • 日本では足が荷重状態で採取する場合が多い。

足型採取の目的は何か?

足型採取の目的は足の再現です。

どの様な足を再現するかの考え方で足型採取の方法が違ってきます。

無荷重で足型を採取する理由は。

荷重がかかった状態では後脛骨筋の筋力が弱い場合、踵が回内してしまい扁平な足になって本来の足と大きく異なってしまいます。

正常な足の基本となる足型を再現するならばニュートラルポジション(踵が内側にも外側にも倒れていない状態)で採取する必要があります。

だから荷重状態で採取した足型はニュートラルポジションをとることが困難なので正常な足の再現性は低くなってしまうのです。

正常でない足型から正常に足が機能するインソールを作るのは難しいのです。

日本では病院以外でも多くの場で荷重状態の足型でインソールを作成しています。

これは荷重で踵が内側に倒れて(回内)アーチが潰れた足を足裏からパッドなどをあてアーチが正常のようにするのですが、踵が回内することは大事な足機能の一つなので無理に矯正するとその機能が失われます。

ニュートラルポジションを無視して、パッドでアーチを上げると土踏まずへの突き上げ感が強くなり違和感があるインソールが作られてしまうことがあるのです。

 

※ニュートラルポジションを再現するには熟練した技術が必要です。
※無荷重状態で採取した足型でもニュートラルポジションが保てれていなければ、良いインソールはできません。

ニュートラルポジション

ニュートラルポジション

過回内

過回内

横足根関節

横足根関節

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュートラルポジションの足型から歪みを矯正

踵をニュートラルポジションの状態で爪先が内外に反っている状態を見極め、歪み(反り)を矯正するインソールを作成することは重要です。

正常な歩行には足が柔らかくなったり硬くなったりをタイミングよく行わなければなりません。(足が正常ならこれらは自然と正常に機能します)

爪先の歪みはそれらの異常な動きを誘発します。(硬くならない等)

開張足や内反小趾・タコ魚の目・外反母趾その他多くの疾患に影響しています。

正確に採られた足型ならば、歩行状態を観察すれば、どのタイミングで歩行が乱れるかの予測も可能です。

実際の歩行を分析し適切なオプションパーツの選択でよりスムーズな歩行が出来るようになります。

より良いインソールの製作には専門家の歩行分析と正確な足型が不可欠です。

※爪先の歪みは横足根関節の歪みです(横足根関節:上右画像、土踏まず中央付近を内外に横断する関節)
※人類の80%は横足根関節が外反(外側に反り上がる)しています。

前足部水平

前足部水平

左足前足部外反

左足前足部外反

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

本厚木ミロード2近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

足の常識は間違い?

足の常識は間違い?

足

foot

世間一般で言われている、思われている足の常識はバイオメカニクス(生体力学)的には根拠がない事が多く、そのために足の不調は対処療法(根本的原因を解決しない治療)がされてきました。

確かに、原因が解明されていない或いは解明されていても現代の医学では解決できない場合もあります。

日本では足を専門とする医療が少なく、時代遅れで迷信的な治療が行われる場合が多々あります。

足はとてもデリケートです。

二足歩行には足の役割がしっかり果たせないと思わぬ個所の不調を招きます。

ハイヒールや柔らかすぎる不安定な履物は膝腰全身に悪影響を及ぼします。

小さい女の子にハイヒールなどはもってのほかです。

ここ数年運動靴にプロネーションコントロールなどと謳った製品が出現してきましたが、そのメーカーで過回内する製品を製造しているという矛盾も生じています。

なぜこの様なことが起きるのでしょうか。

これはまだまだ足の知識が浸透していない。

あるいは痛みや極端な運動制限が無ければ、足が悪いという概念が無いためでしょう。

足の常識(良いと思っていること)

  • 裸足が健康に良いのは常識?
    1歳から6歳くらいまでは足機能が確立する時期なので、裸足で感覚を身に着けることは大事です。
    しかしその時期を過ぎて足に問題がある場合は、裸足のまま放置すべきでないでしょう。
    放置すれば膝関節症・O脚・姿勢の悪化が懸念されます。(欧米ではこれらの原因とオーバープロネーションと密接な関係にあると考えられています。)
    常識と思い込んでいると、取り返しのつかない事になるかもしれません。
  • 大きめの靴が良いのは常識?
    足が正常に機能しないと(オーバープロネーションなど)足長や足幅が大きくなります。
    そのため大きいサイズの靴を選びがちになります。
    自分に対し大きめの靴は足が動揺し靴擦れやハンマートゥなどの原因となります。
    大きめの靴を選ぶことが常識と思っていると自分の家族に大きめの靴を購入し前述のような問題を引き起こします。
  • 靴底はふわふわと柔らかい方が良いのは常識?
    柔らかくふわふわした靴底は、体重が内側外側にかかった際に大きく凹み踵が大きく傾きます。
    プロネーションぎみの足の場合、踵は大きく内側に傾きオーバープロネーションを引き起こします。
    このような状態が続くと膝の関節などが破壊され変形性膝関節症などの原因となります。
    靴底が「クッション性がありフワフワしたものの方が身体に良いのは常識」と思って靴を選択すると思わぬ不調を招きます。
    ※剛性のない靴は足が不安定になり、体の不調を引き起こします。

 

※オーバープロネーション⇒過回内足
※踵が内側に倒れることをプロネーション(回内)と呼びます。踵が外側に回転することをスーピネーション(回外)と呼びます。プロネーションもスーピネーションも必要な動きですがタイミングや過度の動きが問題となります。

足の問題

足に問題がない人は稀です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えています。

タコウオノメ外反母趾など足の問題から姿勢の悪化などの全身的な問題まで多種多様です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えているというと悲観的ですが、逆に考えれば足を整えると思わぬ改善が起きる可能性があるとも言えます。

もし膝や腰が痛くて足にタコウオノメがあるならば、しっかりした靴にフットベッドを試してみてはいかがでしょう!

いとう接骨院なら本格的なオーダーインソールも取り扱っております。

※フットベッドとは足機能の改善が見込めるインソールのことです。(スーパーフィートなど)

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県 厚木市 中町3-1-2

平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診