虫垂炎オペ後は歩くことが大切

虫垂炎
虫垂炎

今年の1がつ6日に、強烈な腹痛に襲われ大学病院で急性虫垂炎と診断されました。

オペは今主流の腹腔鏡で行いましたので御へそに直径1cm位の穴と左下腹部にドレーンようの小さな穴を開けただけで済みました。

術後は歩くことが大切

腹腔鏡の手術とはいえ、数種類の腹筋が傷つくので寝返ったり起床時の痛みや起立時歩行時などお腹に力が入ると痛みが走りました。
しかし腸の機能を回復させるには歩かねばなりません。
歩行時は手術した部分の痛みで前かがみになり正常な歩行が困難でした。
そこで持参したカスタムインソールとウォーキングシューズで歩いてみたら背筋が伸び、歩幅も大きくなり手術した部分の痛みも嘘のように軽くなり翌日から階段の昇降もできるようになり、2週間の入院予定も8日間で退院できました。
改めて足が歩行や姿勢に大きな影響があることを痛感しました。

カスタムインソールで歩こう

人間は靴を履くようになって足機能が退化したと言われています。
足自体に痛みが無くても、足機能の乱れで外反母趾・タコウオノメ・姿勢の悪化・膝痛・腰痛etc等に大きく関わっています。
ほとんどの現代人のあしは、何らかの問題を抱えています。

長期の病気で満足な歩行が出来ず姿勢が悪化し体力筋力が衰えた方に是非ともカスタムインソールのお試しをお勧めします!
そこには新たなる発見進展があると信じています。

足の衰えは身体の衰えに直結します。

ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール
ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール

℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

腰痛は揉んでも治りません

腰痛は揉んでも治らない

腰痛

腰痛

腰痛の原因は

  • 悪い姿勢
  • 運動不足
  • 使いすぎ(高負荷)

悪い姿勢

どうして悪い姿勢になるのでしょう?

筋肉を揉んでも姿勢は良くなりません(一時的に改善する場合はあります。)。

だから揉み続けても腰痛は良くならないのです。

腰から上の姿勢が悪いのは骨盤の歪みから起こります。

骨盤が歪むのは、正常な歩行ができないために起こります。

正常な歩行ができないのは、土台となる足機能が異常だからです。

足機能は生後1歳から6歳くらいまでに育まれます。(大人に成ってからでは足機能は鍛えられない)

したがって悪い姿勢を良くするには、土台の足を矯正する必要があるのです。

over pronation

画像は両足とも踵が内側に倒れている過回内足です。

左足はその度合いが強く大腿骨が内旋し爪先が内側に向いています。

大腿骨が内旋すると骨盤が前傾し脊椎の正常な湾曲が失われるため腰の筋肉バランスが崩れ痛みを誘発させるのです。

だから腰を揉んだだけでは良くならず、痛みを繰り返してしまうのです。

ギックリ腰を繰り返している方は一度足の専門家(米国足病学に基づいた理論を有した専門家)のカウンセリングをお勧めします。

揉んだりマッサージなども各部を整えながら行うのであればこうかがあると思います。

 

運動不足

運動不足は筋力低下(インナーマッスルは特に大切)を招くだけでなく、関節可動域や代謝なども悪化させます。

しかし痛みを抱えながらの運動は症状を悪化させる恐れがあります。

私がお勧めなのがノルディックウォーキングです。

ノルディックウォーキングは全身の90%位の筋肉を使い、足腰の負担を50%位軽減します。

運動量も通常のウォーキングに比べ30%~50%ほど増えるので、お忙しい方も短時間で良質な運動ができます。

いとう接骨院もノルディックウォーキングサークルを主催しているので是非体験申し込みをしてください。

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング

 

 

 

 

 

 

 

使いすぎ

足から身体全体を整えても、使い過ぎては腰を痛めてしまいます。

特に何時間も座り続けるなど同一姿勢を長時間行うことは腰に大きなストレスとなります。

車の長時間運転や重量物の運搬なども腰に大きなストレスなので、1時間おきくらいに軽度な運動やストレッチを行うと良いでしょう。

まとめ

皆と同じ事をしているのに、自分だけ腰痛や肩こりがひどい。

この様な場合ほとんどが姿勢の悪化によるものです。

人間は直立して2足歩行をするため、足全体を地面につける習性があります。

これは足機能の一部です。

足が正常に機能しないと膝や腰などを使いバランスを取り直立しようとします。

この様な行為を代償といい、代償された箇所はストレスがたまり痛みが出るのです。

足が正常に機能しないと姿勢が悪くなり痛みがでるのです。

痛みを出さない基本は土台(足)の矯正です。

※腰痛などには内科的要因や神経的要因も当然あります。

 

 

本厚木駅前ファミレスジョナサンさんの隣ビル2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

足の常識は間違い?

足の常識は間違い?

足

foot

世間一般で言われている、思われている足の常識はバイオメカニクス(生体力学)的には根拠がない事が多く、そのために足の不調は対処療法(根本的原因を解決しない治療)がされてきました。

確かに、原因が解明されていない或いは解明されていても現代の医学では解決できない場合もあります。

日本では足を専門とする医療が少なく、時代遅れで迷信的な治療が行われる場合が多々あります。

足はとてもデリケートです。

二足歩行には足の役割がしっかり果たせないと思わぬ個所の不調を招きます。

ハイヒールや柔らかすぎる不安定な履物は膝腰全身に悪影響を及ぼします。

小さい女の子にハイヒールなどはもってのほかです。

ここ数年運動靴にプロネーションコントロールなどと謳った製品が出現してきましたが、そのメーカーで過回内する製品を製造しているという矛盾も生じています。

なぜこの様なことが起きるのでしょうか。

これはまだまだ足の知識が浸透していない。

あるいは痛みや極端な運動制限が無ければ、足が悪いという概念が無いためでしょう。

足の常識(良いと思っていること)

  • 裸足が健康に良いのは常識?
    1歳から6歳くらいまでは足機能が確立する時期なので、裸足で感覚を身に着けることは大事です。
    しかしその時期を過ぎて足に問題がある場合は、裸足のまま放置すべきでないでしょう。
    放置すれば膝関節症・O脚・姿勢の悪化が懸念されます。(欧米ではこれらの原因とオーバープロネーションと密接な関係にあると考えられています。)
    常識と思い込んでいると、取り返しのつかない事になるかもしれません。
  • 大きめの靴が良いのは常識?
    足が正常に機能しないと(オーバープロネーションなど)足長や足幅が大きくなります。
    そのため大きいサイズの靴を選びがちになります。
    自分に対し大きめの靴は足が動揺し靴擦れやハンマートゥなどの原因となります。
    大きめの靴を選ぶことが常識と思っていると自分の家族に大きめの靴を購入し前述のような問題を引き起こします。
  • 靴底はふわふわと柔らかい方が良いのは常識?
    柔らかくふわふわした靴底は、体重が内側外側にかかった際に大きく凹み踵が大きく傾きます。
    プロネーションぎみの足の場合、踵は大きく内側に傾きオーバープロネーションを引き起こします。
    このような状態が続くと膝の関節などが破壊され変形性膝関節症などの原因となります。
    靴底が「クッション性がありフワフワしたものの方が身体に良いのは常識」と思って靴を選択すると思わぬ不調を招きます。
    ※剛性のない靴は足が不安定になり、体の不調を引き起こします。

 

※オーバープロネーション⇒過回内足
※踵が内側に倒れることをプロネーション(回内)と呼びます。踵が外側に回転することをスーピネーション(回外)と呼びます。プロネーションもスーピネーションも必要な動きですがタイミングや過度の動きが問題となります。

足の問題

足に問題がない人は稀です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えています。

タコウオノメ外反母趾など足の問題から姿勢の悪化などの全身的な問題まで多種多様です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えているというと悲観的ですが、逆に考えれば足を整えると思わぬ改善が起きる可能性があるとも言えます。

もし膝や腰が痛くて足にタコウオノメがあるならば、しっかりした靴にフットベッドを試してみてはいかがでしょう!

いとう接骨院なら本格的なオーダーインソールも取り扱っております。

※フットベッドとは足機能の改善が見込めるインソールのことです。(スーパーフィートなど)

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

小田急線本厚木駅前ジョナサンさんの隣2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

インソール

インソール

ノースウエスト トライアル

NWPL TRIAL ORTHOTICK

 

インソールとは靴の中に敷く物の総称です。

通常のインソールは単に靴の容積を調整したりクッション性向上・足の匂いや衛生面に配慮したものなどが一般的でした。

いとう接骨院で取り扱うインソールは足機能(バイオメカニクス)を改善するためのものです。

この様なインソールを欧米ではファンクショナル オーソティックスとよびます。

欧米にはこの様なインソールとは別に内科的疾患(糖尿病やリューマチなど)に対処するためのインソールもあります。

この様なインソールをアコモデイティブ インソールとよびます。

足機能が改善すると

インソールで足機能が改善すると以下の効果が見込めます。

  • 変形性の膝関節症などの痛みの軽減
  • 外反母趾などの足部の痛みの軽減
  • タコウオノメなどができ難くなる。
  • 腰痛の軽減(歩幅が大きくなり骨盤の動きが改善される場合があるため)
  • 姿勢の改善
  • 肩こりのなど筋疲労の改善
  • 足腰の怪我予防
  • 運動競技成績の向上(欧米では多くのアスリートが使用しています)

欧米のファンクショナル オーソティック(足機能を整えるインソール)

欧米のオーダー ファンクショナル オーソティック(以降:機能的インソール)の特徴

  • 非常に硬くて丈夫(個人個人の足形に合わせ製作されるので違和感無く十分硬く矯正力のある物が作れる)
  • 出来合いのインソールよりきめ細かな矯正が可能。
  • 使用する靴のタイプに合わせて作れる。
  • 消耗部品はオーバーホール可能
  • なによりも身体にやさしい

※歩行時は体重の2倍激しい運動時は体重の8倍の力が足に掛かるので硬くなければ身体を支えきれません。

 

ノースウエストポディアトリック研究所製機能的インソール

ノースウエストポディアトリック研究所製(以下ノースウエストと呼びます)インソールはカーボグラファイトで作られていて非常に薄くて丈夫なのでタイトな靴でも使用できます。

ノースウエストのインソールは確かな技術(正確な足型採取や数々の特許等)と高品質な素材で作製され多くの方に高い評価と信頼を頂いております。(シェル:心臓部分は2年間の保証、その他は1年間の保証。)

ノースウエストのインソールは人間が本来もっている足機能をよみがえらせるためのインソールです。

より大きな歩幅で、より遠くまで歩いていけるようになるためのインソールです。

もしノースウエストのインソールを試し履きをご希望でしたら、いとう接骨院で試着できますのでご連絡下さい。

本厚木駅前

平日夜9時まで施療

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

姿勢が悪い、身長が伸びないのは足が原因!

姿勢や、身長の伸びは足と深い関係がある。

良い姿勢は足元から!

骨盤の歪み傾きは足機能の不調に左右されます。

そして姿勢は骨盤の歪み傾きに大きく影響します。

姿勢が悪い、身長が伸びない原因の一つが足機能の不調なのです。

足機能を整えれば、関節の骨と骨の位置関係が正常になる手助けになります。

例えば、偏平足は足機能の不正常から起こります。

偏平足で土踏まずが低くなれば身長も低くなります。

だから偏平足を矯正し土踏まずが正常な高さになれば、身長は高くなります。

なにより、足を矯正すれば骨盤の歪みを改善し姿勢もよくなり身長が伸びて健康度がアップする可能性があるのです。

もしも足機能が不正常なまま成長すると。

  • O脚(脛骨の過度な内湾)
  • 外反母趾など足部の疾患
  • 猫背・ぽっこりお腹
  • 側わん症
  • 膝内障
  • 腰痛、肩こり
    ※上記以外、その他多数の障害も危惧されます。

子供の姿勢が気になったら、足を疑いましょう。

つぎに記載した事項にあてはまったら、足の専門家に相談しましょう。

  • 外反母趾
  • 内股・極端な外股
  • 足裏のタコ・ウオノメ
    ※これらの症状は足機能の異常から起こるものです。
    ※スネの骨の湾曲によるO脚は、足機能の異常が大きな原因です。
    骨が湾曲しないよう小学校に入学したころには足機能の矯正を開始する事が望ましいと考えられます。

足の矯正ならノースウエスト社製インソール。

ノースウエスト社製インソールは幼児用インソールから内科的疾患(糖尿病やリューマチなど)まで幅広く対応できます。

小児用 インソール(既製品)

小児用インソール

足元から身体のトータルバランスを考える、いとう接骨院!

骨盤、足から頚椎まで

 

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院