本厚木駅前いとう接骨院で2020年10月24日外反母趾や足・膝の無料相談会を行います。

腰痛の改善は骨盤を整える

腰の痛みやギックリ腰の原因は

  • 骨盤のゆがみ
  • 運動不足と使い過ぎ
  • 腹筋の筋力や機能の低下
  • 代償(他の関節の動きを補う)
  • 上記が複合的に組み合わされたもの
    ※内科的原因で起こることも有ので、痛みが中々治まらない場合精密検査も必要です。

腰痛は身体が重力に耐えられなくなり起こります。(筋力低下や姿勢悪化による偏った腰への反力)

 

身体に掛かる力と力の方向で腰痛やギックリ腰がが発生するのです。

 

インナーマッスルの腹横筋や骨盤底筋が筋力低下をきたすと、体幹が不安定になり腰痛を引き起こします。

 

特に開腹手術や帝王切開などで腹横筋を傷つけている場合は注意が必要です。

 

インナーマッスルが原因の腰痛は腰だけの施術では痛みがなかなか取れません。

 

このような場合は腹部の施術や、微弱電流治療器エレサスによる全身通電が有効と考えられます。

腰痛は骨盤を整えインナーマッスルを鍛えましょう。

インナーマッスル

inner muscle

骨盤の歪み

骨盤のゆがみは、足から股関節と反力が伝わり骨盤を歪めていくために起こります。
足⇒膝関節⇒股関節⇒骨盤(仙腸関節)
足が正常に機能しないために、骨盤が歪むとも考えられます。

 

運動不足と使い過ぎ幼年期青年期は適度な運動をしていも、年齢と共に徐々に運動箇所が偏り運動不足な箇所と使い過ぎな箇所が出来てきます。関節には拮抗作用と言い関節を伸ばす筋肉と縮める筋肉があります。
運動不足と使い過ぎによってこのバランスが崩れ腰痛を誘発します。
大腰筋の緊張で腰痛が起こるのも、これが原因と考えます。

腹筋の筋力低下人間の胴体部分を自転車のタイヤと仮定すると、タイヤの空気圧が減少するとペダルを回すのが重くなったりハンドルが不安定になります。
人間の身体も同様に不安定になるのです。
その結果腰痛を誘発します。

≪代償≫
代償とは、ある関節が正常に機能しないために他の関節がその動きを補うことです。
足部の関節が機能しないと足趾や膝や股関節で代償が起こり、腰痛を誘発します。

腰痛などの殆どの場合、前述したものが複合的に組み合わされて起こります。
足部の代償で骨盤が歪み、腹筋の筋力低下で内圧が下がったうえに背筋と腹筋のバランスを崩し些細なことでギックリ腰になってしまうのです。
したがって代償を無くすことが予防であり回復をはやめる方法と言えます。
どんな良い治療でも代償を放っておけば、回復しても負傷を繰り返してしまいます。

足による身体の歪み

 

腰痛 ギックリ腰の施療

痺れや痛みに聞くアキュスコープ

腰は体の中心でストレスがとても掛かる部位です。
そうとう悪い状態にならないと痛みが出ない部位でもあります。
なので気が付かないうちにどんどん悪化して動けなくなるまで来院しない患者様が多いのです。

いとう接骨院では、足や骨盤の矯正をしながら微弱電流治療器で痛みを除去するので非常に早く痛みが取れてしまいます。
微弱電流治療器(アキュスコープや エレサス)の鎮痛効果は目を見張るものがあります。
特に腰痛に足の痺れが伴い、なかなか症状が改善しない場合などはアキュスコープが威力を発揮します。
また腰痛で歩けないような時でさえ、数分の施術で自力で歩けるようになることも珍しくありません。
アキュスコープは痛み除去の即効性が高く、それを患者様は治った又は軽傷だったと勘違いして腰を酷使しさらに腰を悪化させてしまうこともありますので適度な安静が必要です。

一度傷ついた靭帯は再生しないので関節は弱くなってしまいます。
だから徹底的に腰を管理していかないと悪化の道をたどることになるのです。

腰痛で臀部や足の付け根に症状がある場合などは足のアライメント異常を疑いましょう。
足のバイオメカニクス(生体力学)に基づく施術は足つぼマッサージなどとは異なり科学的な理論による治療です。
いとう接骨院はインソールと骨盤矯正で姿勢を改善し腰のストレスが少ないバランスの取れたカラダによる痛みの改善をめざし施療しています。
ノースウエスト社製オーダーメイドインソール

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県 厚木市 中町3-1-2濱屋ビル2F

平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診

本厚木の接骨院、いとう接骨院

© OpenStreetMap contributors


クリックして詳細地図

タイトルとURLをコピーしました