①骨盤矯正無料トライアルキャンペーン②5月25日土曜 足の無料相談会開催③診療時間について。

歩くと痛い短腓骨筋腱付着部炎

歩くと痛い短腓骨筋腱付着部炎解消のヒントとは?

 短腓骨筋腱付着部炎の概要について、まず短腓骨筋腱付着部炎とは、足首の外側にある腓骨筋腱が足部の骨に付着している部分の炎症を指します。

 この症状の発生原因と症状について、短腓骨筋腱付着部炎は過度な運動や外反母趾、過回内足、もしくは足部のアーチの変形などの足部機能異常が原因とされています。症状としては、歩くと痛い、足首の外側に痛みや腫れ、特に踵からつま先にかけての痛みが挙げられます。

 短腓骨筋腱付着部炎の解消方法と再発予防には、機能的なオーダーメイドインソールによる足部矯正、適切なトレーニング方法が効果的です。痛みを和らげるためには、短腓骨筋を伸ばすストレッチや筋力トレーニングを行うことが重要です。

 さらに、オーダーメイドインソール療法は足を矯正することで、炎症や痛みを軽減し、再発を防ぐことができます。ただし、適切なインソール(足底板)を選ぶことが重要であり、専門家の指導を受けることをおすすめします。

柔らかすぎるインソールは症状を悪化させる恐れがあるので注意しましょう。

足部矯正には体重や運動に耐える高剛性な物が必要です。

足が及ぼす姿勢と疾患の関連性について考えてみましょう。

短腓骨筋腱付着部

回内足と短腓骨筋腱付着部炎の関連性

過回内足とは、踵が内側に倒れている状態のことを指します。この状態が続くと、足全体に負担がかかりやすくなり、短腓骨筋腱付着部炎を引き起こすリスクが高まります。回内足を改善することで、短腓骨筋腱付着部炎の改善につなげることができます。

足のアーチの変形と短腓骨筋腱付着部炎

 足のアーチの変形も短腓骨筋腱付着部炎の原因となります。例えば、高アーチや平坦足などのアーチの変形が足部に負担をかけ、炎症を引き起こす可能性があります。足のアーチの適切なサポートや運動を通じて、短腓骨筋腱付着部炎を予防しましょう。

効果が実感できる、アキュスコープの施術

足を矯正してストレスを軽減したらアキュスコープで回復を早めましょう。

プロアスリートの評価が高い微弱電流治療器アキュスコープは痛みや炎症を素早く軽減します。

損傷の回復が遅れると拘縮や筋力低下などの二次的な問題が起こります。

アキュスコープで早期回復をはかり復帰を加速しましょう。

当院ではアキュスコープの施術を低料金で行っております。

タイトルとURLをコピーしました