過回内足とは

過回内足

過回内足とは距骨下関節で踵の骨が内側に倒れすぎた足の事です。

本来、安静立位において距骨化関節は水平な場所でニュートラルポジションになります。

距骨下関節(カカトの関節)が過回内すると、土踏まずのMTJもロックされず扁平な足になります。

これが原因でフクラハギや足裏の筋が伸ばされ腫れや断裂をおこす事があります。

体重も脚の内側に多く掛かるため膝変形性関節症を引き起こすことも多くあります。

外反母趾の発生原因は正に過回内にあると言えます。

距骨下関節の過回内は中足部前足部に影響を及ぼすので、足が地面を効率よく蹴りだす事ができなくなります。

この様な足の場合、強直母趾などの疾患や足趾周りに疾患を引き起こす可能性が高くなります。

過回内足のために女性は内また男性はガニ股になる場合が多く、姿勢も猫背や前かがみになります。

市販のインソールでも過回内をコントロールするものがありますので試してみるのも良いと思います。

あまりアーチが落ちている足は既製品や熱形成のイージーオーダー品では足裏が痛くて使用に堪えません。

過回内を矯正すれば、思わぬところが改善することも珍しくありません。

 

距骨下関節の過回内

これは正常な足です。踵の骨は垂直で横アーチも有ります。(ニュートラルポジション)

距骨下関節ニュートラル ニュートラル時のアーチ

 

これが過回内足です。踵の骨が内側に大きく倒れこみ、横アーチも無く扁平な足です。

過回内で扁平になったアーチ 過回内した踵骨

扁平化した内側アーチ

 

 

 

街中でこういう状態のブーツを良く見かけます。過回内で変形しています。

過回内足で変形したブーツ

 

過回内足の主な原因は後脛骨筋の筋力低下と言われています。

後脛骨筋は回内の減速と制御に働くため過回内で腱に大きなストレスを発生させます。(最悪は腱の断裂)

後脛骨筋不全症:PTTDは身体に様々な病変を引き起こします。

 

《過回内足が関係する傷病》

  • 強直母趾
  • 外反母趾
  • 足関節背屈不全
  • シンスプリント
  • 内反小趾
  • モートン神経腫
  • 足底筋膜炎
  • PTTD
  • 膝蓋軟骨軟化症

本厚木ミロード2近くファミレスジョナサンの隣 いとう接骨院

平日 10:00-21:00
土曜 10:00-15:00
日曜・祝日 休診
℡ 046-295-6311
info@foot-head.com

いとう接骨院ホーム

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル