①骨盤矯正無料トライアルキャンペーン②7月27日土曜 足の無料相談会開催③診療時間について。

距骨下関節

症状と疾患別

過回内足とは、踵が倒れ過ぎた足。回内足矯正をして予防しましょう。

過回内足とは踵が内側に倒れすぎた足の状態を言います。インソールで過回内足を矯正することは可能です。治療や筋トレで治すことはできません。過回内足を放置すると、様々な疾患や怪我の原因になるだけでなく成長やスポーツなどの競技成績にも悪影響を及ぼします。
症状と疾患別

肉離れを早く治すための方法いとう接骨院

肉離れを治すコツは足のストレスを取る事です。厚木いとう接骨院は足の肉離れを速く回復させる施術を行っています。安静だけではストレスの解決にはなりません。足からくるストレスを削減し腫れや痛みをとる特別な施術を合わせれば早期回復が実現します。
未分類

肉離れは距骨下関節と横足根関節の乱れから。

足の機能を支える関節が乱れていると脚の筋肉がツレて肉離れを起こしやすくなります。足を矯正し足機能が整えば余分な脚のツレが無くなり回復を早めると同時に再発の防止にもなります。繰り返し起こる脚の問題は足にあります。
症状と疾患別

内反捻挫で足関節を安定させる固定方法

内反捻挫の固定法をご紹介します。足関節捻挫はスポーツで良く起こる外傷です。その中でも特に多いのが内反捻挫です。足関節の可動域は外反(回内)する動きより、内反(回外)する動きが大きいため加速して大きくなった外力が足関節を極度に内反させ可動域を超え捻挫し易いと考えられます。
装具固定具関係

靴に注意、踵の歪みが全身の関節を壊す。

日本ではクッション性の高い柔らかな履物が足に良いという考え方が一般的です。しかし足の医学が進んでいる欧米では、逆の考え方が主流です。足病医学では、硬くて剛性のある履物のほうが足に良いと考えているのです。ゴム長のように、靴底が柔らかい靴は不安定なので身体に良くないと考えられています。
タイトルとURLをコピーしました