①骨盤矯正無料トライアルキャンペーン②5月25日土曜 足の無料相談会開催③診療時間について。

肉離れは距骨下関節と横足根関節の乱れから。

脚の肉離れとは

脚の肉離れとは、下肢の筋肉が繊維の断裂や損傷を起こす怪我のことです。

これは、通常、激しい運動や突然の動作、筋肉の疲労などが原因となります。

下肢肉離れの主な症状は痛み腫れ内出血などです。

筋肉の断裂により、日常生活にも支障が出ることもあります。

下肢肉離れは、距骨下関節や横足根関節の不調が原因となることがあります。これらの関節の役割や構造について詳しく説明しましょう。

下腿三頭筋肉離れ好発部位

距骨下関節の不調と下肢肉離れの関係

下肢肉離れは、距骨下関節の不調が原因の一つとされています。

距骨下関節は足の土踏まず部分にある関節であり、主に足首の動きを制御しています。

距骨下関節が正常に機能しない場合、足首の動きの制御が乱れ下肢肉離れのリスクが高まります。

具体的には、距骨下関節の可動域が制限されることにより脚の筋肉や靭帯に過度の負荷がかかり肉離れが発生する可能性があるのです。

したがって、下肢肉離れを予防するためには、距骨下関節の正しい動きを維持することが重要です。

適切なストレッチや強化運動を行うことで、距骨下関節の不調を改善し、下肢肉離れの予防につなげましょう。

 横足根関節の不調と下肢肉離れの関係

下肢肉離れは、足の横足根関節の不調が原因で引き起こされることがあります。

横足根関節は足の内側にあり、足首と足のアーチをつなぐ重要な関節です。

この関節が不調になると、足の運動に支障をきたし下肢肉離れのリスクが高まることがあります。

横足根関節の不調が下肢肉離れを引き起こす主なメカニズムとして、関節の可動域の低下や筋力バランスの乱れが挙げられます。

関節の可動域が低下すると足の動きを制限し負担がかかる箇所が偏ってしまいます。

また、筋力バランスの乱れによって関節にかかる負荷が大きくなり疲労や過負荷による肉離れのリスクが高まることがあります。

そのため下肢肉離れを予防するためには横足根関節の適切なケアが必要ですが、加療で矯正することは出来ません。
したがって個人個人に合った矯正用インソールが必要です。

その他に周辺部の適度なストレッチや筋力トレーニングによって、筋力バランスを整えることが重要です。

さらに、足の過負荷を避けるために、適切な靴の選択なども注意が必要です。

横足根関節

下肢肉離れの予防法

下肢の肉離れを誘発する張力は足を矯正すれば減ります。

だから予防には下記運動+矯正が効果的です。

下肢肉離れを予防するためには、適切なストレッチや筋力トレーニングが重要です。

まず下肢の筋肉を十分にほぐすために、ふくらはぎや太ももの筋肉を伸ばすストレッチを行いましょう。

これにより筋肉の柔軟性が高まり肉離れの発生リスクが低くなります。

また筋力トレーニングでは下肢の筋肉を強化するためにスクワットやランジなどのエクササイズを取り入れることが効果的です。

これにより下肢の筋力が向上し肉離れを予防することができます。

さらに下肢肉離れの予防には、適切な身体の使い方も重要です。

歩行や走行時には足の着地や体重の移動を意識し無理な負荷がかかることを避けるようにしましょう

また疲労や筋肉の冷えも肉離れの原因となるため、十分な休息や適切な保温も心掛けましょう。

これらのポイントに注意することで、下肢肉離れの予防につなげることができます。

下肢肉離れの施療方法

下肢肉離れの施療方法には、休養や物理療法が効果的です。

下肢肉離れは筋肉の損傷を伴うため、患部を休めることが重要です。

日常生活での活動を制限し安静に過ごすことで傷ついた筋肉が回復する時間を確保することができます。

また物理療法としては電気療法・冷却療法や温熱療法マッサージなどが行われます。

冷却療法は炎症を抑える効果があります。

患部に冷却パックを当てることで炎症や腫れを軽減することができます。

一方、温熱療法は血流を促進し筋肉の修復を助ける効果があります。

炎症が引いた後の施療によく用いられます。

またマッサージは筋肉の緊張をほぐし血流を改善する効果があります。

筋肉の修復を促すだけでなく痛みの緩和にも効果的です。

ただし下肢肉離れの施療において注意しなければならないことがあります。

例えば、早期に過度な負荷をかけると再発のリスクが高まりますので充分な休養期間を確保しましょう。

また適切なケア方法も大切です。

包帯やテーピングで患部を固定することで負担を減らし回復を支えることができます。

専門家の指導のもと適切な施療やケアを行いましょう。

※当医院ではアキュスコープエレサスによる微弱電流療法を推奨しております。

タイトルとURLをコピーしました