腰痛は揉んでも治りません

腰痛は揉んでも治らない

腰痛

腰痛

腰痛の原因は

  • 悪い姿勢
  • 運動不足
  • 使いすぎ(高負荷)

悪い姿勢

どうして悪い姿勢になるのでしょう?

筋肉を揉んでも姿勢は良くなりません(一時的に改善する場合はあります。)。

だから揉み続けても腰痛は良くならないのです。

腰から上の姿勢が悪いのは骨盤の歪みから起こります。

骨盤が歪むのは、正常な歩行ができないために起こります。

正常な歩行ができないのは、土台となる足機能が異常だからです。

足機能は生後1歳から6歳くらいまでに育まれます。(大人に成ってからでは足機能は鍛えられない)

したがって悪い姿勢を良くするには、土台の足を矯正する必要があるのです。

over pronation

画像は両足とも踵が内側に倒れている過回内足です。

左足はその度合いが強く大腿骨が内旋し爪先が内側に向いています。

大腿骨が内旋すると骨盤が前傾し脊椎の正常な湾曲が失われるため腰の筋肉バランスが崩れ痛みを誘発させるのです。

だから腰を揉んだだけでは良くならず、痛みを繰り返してしまうのです。

ギックリ腰を繰り返している方は一度足の専門家(米国足病学に基づいた理論を有した専門家)のカウンセリングをお勧めします。

揉んだりマッサージなども各部を整えながら行うのであればこうかがあると思います。

 

運動不足

運動不足は筋力低下(インナーマッスルは特に大切)を招くだけでなく、関節可動域や代謝なども悪化させます。

しかし痛みを抱えながらの運動は症状を悪化させる恐れがあります。

私がお勧めなのがノルディックウォーキングです。

ノルディックウォーキングは全身の90%位の筋肉を使い、足腰の負担を50%位軽減します。

運動量も通常のウォーキングに比べ30%~50%ほど増えるので、お忙しい方も短時間で良質な運動ができます。

いとう接骨院もノルディックウォーキングサークルを主催しているので是非体験申し込みをしてください。

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング

 

 

 

 

 

 

 

使いすぎ

足から身体全体を整えても、使い過ぎては腰を痛めてしまいます。

特に何時間も座り続けるなど同一姿勢を長時間行うことは腰に大きなストレスとなります。

車の長時間運転や重量物の運搬なども腰に大きなストレスなので、1時間おきくらいに軽度な運動やストレッチを行うと良いでしょう。

まとめ

皆と同じ事をしているのに、自分だけ腰痛や肩こりがひどい。

この様な場合ほとんどが姿勢の悪化によるものです。

人間は直立して2足歩行をするため、足全体を地面につける習性があります。

これは足機能の一部です。

足が正常に機能しないと膝や腰などを使いバランスを取り直立しようとします。

この様な行為を代償といい、代償された箇所はストレスがたまり痛みが出るのです。

足が正常に機能しないと姿勢が悪くなり痛みがでるのです。

痛みを出さない基本は土台(足)の矯正です。

※腰痛などには内科的要因や神経的要因も当然あります。

 

 

本厚木駅前ファミレスジョナサンさんの隣ビル2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

ふくらはぎの肉離れは踵から

ふくらはぎ肉離れ

ふくらはぎの肉離れ

ふくらはぎの肉離れは良く起こる怪我です。

ふくらはぎは下腿三頭筋といい、内側腓腹筋・外側腓腹筋・ひらめ筋などで構成されています。

ふくらはぎは踵の踵骨隆起と言うところにアキレス腱となり付いています。

ふくらはぎの肉離れで多い個所は膝裏の少し下の部分です。

臨床経験上特に多いのは、下図の丸で囲ってある内側(内側腓腹筋)部分です。

多発個所

tahatsukasyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ肉離れになるのか

ふくらはぎの筋肉は踵にアキレス腱となり付着しています。

そのため踵の傾きによりテンションが掛かります。

踵が内側に倒れすぎる過回内足となっている方がとても多く、大きな力が掛からなくても筋断裂を起こしてしまいます。

どうしても痛いところに目が行きがちですが、その原因が踵の関節の機能異常から起こっていることに気が付かないために症状の悪化や回復の遅延を招いてしまいます。

踵の中間位

neutral

過回内足

over pronation

 

 

ふくらはぎの回復には

ふくらはぎ肉離れの回復には、安静が必要です。

過回内足などの足機能が乱れている場合、ただ立っているだけでふくらはぎにストレスやダメージを与えます。

したがって、在宅中でも足を矯正し安静にする必要があります。

足には踵以外にも重要な関節が存在しますが、特に横足根関節の役割は非常に大切です。

しかしながら横足根関節をコントロールするには非常に高度な装具(インソール)が必要です。

先ずは踵のコントロールやヒールレイズ(踵を上げる処方)を試す事をお勧めします。

上記方法なら市販品でも可能な場合があります。

人によっては市販品のインソールだと足のどこかが当たり痛くて履けない場合があります。

下の画像は市販のインソールとサポーターで外出先や自宅でも踵をコントロールしふくらはぎを安静にする方法です。

市販インソール

dressfit

suporter

サポーターで固定

supoter setting

 

 

 

 

 

 

 

 

市販のサポーターとインソールで踵の関節を安定させ、ストレスから幹部を守る。

上記方法とふくらはぎを圧迫するサポーターの併用をお勧めします。

 

  • インソールによる踵の安静
  • サポーターによる患部の圧迫
  • アキュスコープなどの物療

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル


神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル2F

 

本厚木駅前いとう接骨院

℡046-295-6311

 

 

踵が重要、ヒールストライク走法

 

ランニング

ヒールストライク走法

ヒールストライク走法は、踵から接地する走法ですが、足のバイオメカニクスについてあまり解説されていません。

そのため足機能を理解しないまま大きな関節の動きに関心が集中しがちです。

たしかに足機能は膝や股関節や骨盤などと同時に連動しますが、特にヒールストライク走法は正常な動きで連動しないと思わぬ不調を身体にきたします。

ヒールストライク走法とは読んだ字のごとく、踵から接地し爪先で蹴り出して行く走り方です。

正常な歩行は下の様な順番で行われます。

  1. 踵の外側から接地
  2. 小指の付け根を接地
  3. 親指の付け根を接地
  4. トゥオフ
    ※ヒールストライク走法は踵の動きが重要です。

 

踵が接地すると踵の骨が内側に倒れ足が柔らかくなり土踏まずが低くなって衝撃を吸収します。

内側に倒れた踵は外側に戻り(再回外)、体重が小指の付け根に掛かり柔らかい足から硬く安定した足へと変化し床反力で足が内側に回転(ショパール関節外反)親指の付け根に体重移動し推進力を地面に伝えトゥオフ(離床)します。
これらが正常な歩行の一連動作です。

したがって接地時の踵の関節(距骨下関節)やショパール関節が正常に動作しないと、床からの衝撃や推進力も得られないことになります。
これが故障や競技成績伸び悩みの原因に直結しています。(過回内や前足部の歪み)
ヒールストライク走法の方は是非superfeetなどのインソールをお試しください。

※インソールやシューズを選ぶ際は踵の大きさに注意して下さい。
自分の足に対してインソールや靴の踵を包み込む部分が大きすぎると、踵の動きをコントロール出来ません。
足の着床タイミング

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階いとう接骨院

電話 046-295-6311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

靴のサイズ

shoe

靴のサイズを決める

靴のサイズを決める際の基準は、足長と足幅と甲の高さです。 靴のサイズ計測時は、踵の関節がニュートラル(中間位)で計るのが理想です。 ニュートラルポジションでのフィッティングでも過回内足の人が非常に多いので、 足に荷重が掛かると足幅足長が大きくなり靴が窮屈になってしまいます。 ※足が過回内すると足長と足幅が増大する。 したがって多くの人が足機能が異状なまま適正サイズより大きな靴を履く事になります。 靴のサイズを決めるには、スーパーフィートなどの機能的インソールを挿入した状態でフィッティングすればニュートラルポジションに近い(ちょうど良い)足サイズで決めれます。 ※足機能が異状なまま生活すると、身体故障の原因となります。

生後2歳くらいから、幼児の足の形は成人の足に近づいていくと言われています。
この時期から足も徐々に整えられ6歳くらいまでに足機能を習得していきます。
6歳くらいまでに足機能が未成熟だと、それ以降に多くの問題を引き起こす原因となります。
足機能は生後6歳までに習得できなければ、習得できないと考えられています。
従って子供の靴選びは慎重におこなうべきでしょう。
成長期だと大き目の靴を選ぶ傾向にありますが、これは間違いです。
健康寿命を伸ばすにも、幼少期の靴選びは大事なのです。

不適切なサイズの靴を履くと

  • 靴ずれ
  • ハンマートゥ
  • 捻挫
  • 腰痛
  • 肩こり

 

足機能を改善するインソール

足の機能異常は視力に例えられます。 近視や遠視を鍛えて治すことができないように、成人の足部(踵の関節や土踏まずの関節)機能異常は訓練などで鍛えることが出来ません。 視力はレンズで矯正するように、足機能は機能的インソールで矯正します。 そして靴はメガネのフレームがレンズを安定させるように足とインソールを密着させ、剛性が強く安定させる機能が重要です。 剛性が強くフィットした靴と機能的インソールを組み合わせて使用すれば、足機能を改善します。 身体不調(肩こり腰痛etc)の原因である代償を無くすにも、これらが有効です。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

靴に注意、踵の歪みが関節を壊す。

梅雨入

6月5日、関東地方も梅雨入りしました。

この時期は、なにかとゴム長靴を履く機会が多くなります。

足腰が不調な方は、履物が大きく不調箇所に影響を及ぼします。

日本ではクッション性の高い柔らかな履物が足に良いという考え方が一般的です。

しかし足の医学が進んでいる欧米では、逆の考え方が主流です。

足病医学では、硬くて剛性のある履物のほうが足に良いと考えているのです。

ゴム長のように、靴底が柔らかい靴は不安定なので身体に良くないと考えられています。

欧米の足病医学では、距骨下関節という踵の関節を非常に重要視しています。

外反母趾など足の病気の殆どに深く関わっている関節だからです。

この踵の関節が正常に機能しないと近くの関節から、それを補う動きが発生します。

このように、ある関節が正常に機能しないために他の関節がそれを補うことを代償と言います。

踵の関節の代償が徐々に遠くの関節や軟部組織の不調を誘発するのです。

踵→膝→骨盤→背骨

※距骨下関節のほかにも横足根関節など大変重要な関節も足に存在します
※距骨下関節で最も多い機能障害は過回内足です。

踵は靴が土台となって全身を支えているので靴底が柔らか過ぎると体重が内外前後に移動するたびに不安定になり、それを支える関節にストレスが生じます。

変形性の膝関節症や外反母趾はこういうメカニズムで起こるのです。

柔らかすぎる靴や大きくフィットしない靴が身体に良くない理由がこれです。

ゴム長靴や安全靴はこのような理由から、身体にストレスを与える靴の筆頭と言えるでしょう。

ムートンの様な生地で出来た靴や英国製のハンティングブーツ(ゴム製)が若い女性の中で流行していることが懸念されます。

履くだけで・・・などのキャッチコピーで売っているスポーツシューズもありますので、くれぐれも甘い言葉には御用心!

 

工場や厨房などの製造現場で働いている方の足腰の不調は、ゴム長や安全靴が原因の可能性があります。

足の機能異常は、足に直接痛みがともなうとは限りません。

足自体に痛みが無い場合や足病の専門的知識が乏しいと、足部機能異常を発見できず代償による損傷を憎悪させてしまいます。

外反母趾の原因が踵にあることは、欧米で一般的です。

しかし日本では外反母趾の治療に、踵の矯正をすることはまれです。

もしあなたが足に良くフィットした靴が窮屈に感じられるなら、足機能の異常を疑いましょう。

日本の医療機関での足病的アプローチが行われるよう、将来に期待します。

足腰に不調のある方は、自分の履物のチェックから始ましょう。

 

足の事なら、本厚木駅前「いとう接骨院」

夜9時まで診療!