①長期骨盤矯正の無料お試しキャンペーン②12月18日土曜日外反母趾など足や膝の無料相談会を行います! ③診療時間について。

過回内

症状と疾患別

短腓骨筋腱付着部炎(外側ウエッジは腓骨筋に効く?・・・)

短腓骨筋腱付着部炎は足機能の乱れが原因です。インソールで足を矯正して改善しましょう。炎症を鎮めるには原因となる外力を軽減することが大事です。早期改善には室内外での足部矯正が有効です。簡単な固定方法を掲載しているのでご覧ください。
症状と疾患別

過回内足とは

過回内足とは踵が内側に倒れすぎた足の状態を言います。インソールで過回内足を矯正することは可能です。治療や筋トレで治すことはできません。過回内足を放置すると、様々な疾患や怪我の原因になるだけでなく成長やスポーツなどの競技成績にも悪影響を及ぼします。
装具固定具関係

お勧めのインソール

足が悪いと、どんな靴を履いても窮屈に感じてしまいます。足を矯正できるインソールを使えば今までより幅の狭い靴でも履けるようになる場合があります。お勧めのインソールで靴を快適に履きましょう。本格的なオーダーメイドインソール取り扱い本厚木いとう接骨院。
症状と疾患別

踵が重要、ヒールストライク走法

ヒールストライク走法 ヒールストライク走法は、踵から接地する走法ですが、足のバイオメカニクスについてあまり解説されていません。この走法は踵から着地するので距骨下関節が正常に機能するようなインソールの使用(機能していない人が多いため)をお勧めします。
症状と疾患別

子供靴は将来の足機能や健康を左右する。

靴は姿勢を決定する骨や関節などが正常に成長をする為に非常に大切な役割があります。柔らかすぎる子供靴は不安定なので成長に悪影響を及ぼすことが有ります。 運動量が増えてくる3歳位からは特に確りした子供靴が必要でしょう。お子様の成長が心配なら靴をチェックしましょう。
タイトルとURLをコピーしました