捻挫が治りにくい

治りにくい捻挫は距骨滑車軟骨障害を疑え

距骨滑車骨軟骨障害

距骨滑車骨軟骨障害

 

距骨は内くるぶしと外くるぶしに挟まれた骨で足関節を構成している骨の一つです。
距骨滑車骨軟骨障害とは距骨滑車骨軟骨が何かの原因で変形し、足の関節の奥の方が痛くなる障害です。
変形の原因は明らかな捻挫であったり、突如痛みが出る場合もあります。
病院でもレントゲンなど画像検査で変形を見落とすこともあります。
あまり痛みが取れない捻挫の場合はMRIなどの検査をお勧めします。
治りにくい捻挫は距骨滑車骨軟骨障害を見落としていることがあります。
この様な場合、軟骨の変形が進行し関節の状態がさらに悪化てしまうことがあります。
難治性の捻挫は距骨滑車骨軟骨障害である場合があります。
上の画像の赤い部分が好発部位です。

捻挫をするとテーピングや包帯などで固定しますが捻挫の度合いが強い場合や初期の場合は腫れが強いのでテーピングは適さないことがあります。
腫れが進んでいる捻挫にテーピングを施す場合は血行障害に十分な注意が必要です。

距骨

距骨

 

捻挫負傷後の予防と対策

いとう接骨院は距骨滑車骨軟骨障害の好発部位が内側であることに着目し、捻挫が距骨下関節の過回内などの足機能と関係が深いと考えております。
足機能が乱れている方が多いと言うよりは、正常なヒトが少ないのが現状でしょう。
特に過回内足のヒトが多いのです。
過回内足の場合、距骨が足の内側下方に落ち込んできますので距骨内側に大きなストレスが発生し距骨滑車骨軟骨障害を引き起こすと私は考えています。
これを防ぐには足機能が正常に機能するようなインソール(ファンクショナルオーソティック)が有効だと思います。
人間が靴を履くようになって、足機能が退化したとも言われています。
そして足機能が育まれるのは生後1歳~6歳ともいわれています。
大事なお子さんの健康を祈るなら小学生になる前に足を鍛えてやると良いでしょう。
大人になってからでは遅いのです。
足機能が乱れている場合は足機能を矯正するインソールを使用すると改善の見込みがあります。

下に当てはまる方はインソールを試す価値があると思います。

  • 足にタコウオノメがある
  • 偏平足
  • 膝や腰が痛い
  • 外反母趾
  • 足趾のすき間がある

一般的な捻挫の治療法

捻挫の治療法は整形外科の場合、軽度ならば定期的なX線写真で経過観察をします。
重度の場合は手術となるでしょう。

整骨院ではテーピング固定や包帯固定などと温熱・電気・マッサージなどの物理療法が一般的です。
手術が必要な重度の場合整骨院での施術は無理でしょう。
手術後のリハビリテーションなどは整骨院で行えます。
いとう接骨院では、マイクロカレント治療器アキュスコープエレサスで痛みの早期軽減や関節可動域の早期回復に取り組んでいます。
※捻挫のテーピングはテーピングする際の姿位(テーピングする関節の骨と骨の位置関係)と目的が大事です。

本厚木ミロード2の近く、ファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療
いとう接骨院
℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

 

 

カラダに充電

微弱電流でカラダに充電

 

微弱電流治療器による全身通電で体内の電気バランス整え体調を元気にしましょう。

怪我がなかなか治らない・腱鞘炎や肩こり腰痛ひざ痛が良くならないのは体内の電気バランスが大きく関係しています。

痛みのメカニズム

痛みのメカニズム

 

微弱電流治療器でカラダの電気バランスを整えると。

  • 骨・筋肉・関節や皮膚などの修復を高める
  • 疲労回復
  • 浮腫みの軽減
  • 治療やリハビリの期間短縮
  • 損傷した神経組織の回復を高める

※効果には個人差があります。
※海外の臨床データです

人体の細胞小器官ミトコンドリアが造るATPは充電池のようなものに例えられます。

ATPは生体電流のような微弱電流で刺激されると活性化しエネルギー物質が生成されます。

 

細胞のパワーハウスと言われる細胞小器官ミトコンドリアが生体科学エネルギーであるATP合成の原動力となります。

200~800μAの微弱電流刺激により、必要十分なエネルギーがATPにチャージされます。

ATPがチャージされないと怪我や疲労の回復が遅れます。

目の奥が痛い、頭痛が・・・それはチャージ不足かもしれません。

 

※微弱電流とはμA(100万分の1アンペア)の事を言います。
※生体を流れる電流は微弱電流であることが分かっています。
※微弱電流治療とは専用の機器を使い低い電圧の微弱電流刺激を身体に送る治療法です。

ATPの機能

  1. 筋収縮
  2. タンパク質生合成
  3. 神経伝達
  4. 細胞膜を通した能動輸送

エレサス微弱電流治療器

エレサスとは

エレサスとは

いとう接骨院では保険診療でも+2000円の負担でエレサス微弱電流治療器による全身通電の施療を受けられます。

症状がなかなか改善されないのは、ATPチャージ不足かもしれません。

この様な症状にエレサスの微弱電流治療をお勧めします。

アキュスコープとの併用で更なる効果が期待できます。

微弱電流治療器エレサス

エレサス

 

 

本厚木ミロード2近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

外側ウエッジ、踵の外側を高くする?

膝痛の原因

今朝テレビの番組でO脚や浮指が膝痛の原因であるという様な番組を放送していました。

確かに浮指やO脚の方に膝痛が起こる事が多いのですが、浮指やO脚になる原因こそが膝痛の原因と関係が深いのだと私は思います。

またO脚や膝痛対策として、外側ウエッジ等の処方を紹介していました。

右足外側ウエッジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外側ウエッジ(踵外側を高くする)の使用目的は

下腿(膝より下)が外側に倒れているので外側ウエッジを使って下腿を内側に倒すことが目的です。

O脚は、踵が内側に倒れていることにより身体が内側に倒れないように下腿骨を外側に傾けバランスをとろうとしているのです。

外側ウエッジは踵を更に内側に倒れさせます。(過回内を増大させる)

そのため更に体重が内側に掛かり、膝へのストレスが強くなるのです。

踵が過度に倒れこむと身体全体に悪影響を及ぼすので、近年では運動靴メーカーがこれを防ぐ目的の靴を作成することが多くなりました。

プロネーションコントロール(過回内防止:踵が内側に倒れこみ過ぎないようにする)と検索すれば多くのメーカーがヒットします。

最近ではプロネーションと言う言葉が周知されてきました。

過回内足は身体にストレスをうむので、足病医学の進んでいる国は外側ウエッジの処方が殆ど行われないのです。

我が国ではいまだに多くの医療機関が外側ウエッジを処方しています。

過回内

過回内

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像が右足の過回内足(踵が内側に倒れ過ぎている足)です。

この状態で外側を高くする外側ウエッジを使用したら、踵は更に内側に倒れこんでしまいます。

画像では踵が内側に倒れています。
しかしヒトが地面に立った状態(クローズドチェイン)では踵が垂直になり、踵から上(すね)が外側に倒れるのでO脚のようになります。

ヒトは二足歩行の動物なので、ありとあらゆる関節を使ってどうにか倒れず地面に立とうとします。
踵が内側に倒れた場合、体重が内側に流れ込み身体が内側に倒れそうになります。
倒れないためには、すねの骨が外側に伸びて行き外側に体重を移動させねばなりません。
これがO脚の原因と思われます。
もし外側ウエッジを使用したら、もっと外側にすねを伸ばし体重をかけねばなりません。
これでは更に強いO脚となり、本末転倒と言わざるをえません。

 

O脚になってしまうのは、倒れず地面に立つためです。

すねの骨の湾曲は真っ直ぐになりません。

O脚の湾曲で膝が痛くなったのならば、O脚になった原因を解決するべきなのではないのでしょうか。

踵が内側に倒れ過ぎた(過回内足)ため、O脚になった可能性があるからです。

下の画像の靴は、靴底が内側と比べ外側が薄くなっており内側に倒れにくくなっています

これが世界の標準的な考え方です。

外側ウエッジはこれと真逆の処方です。

あなたならどちらを選びますか?

プロネーションコントロール

プロネーションコントロール

 

 

 

 

 

 

 

踵の外側が減るのは体重が外側に掛かっているから?

踵の外側が減るのは異常ではありません。

通常左右の爪先は外側に8度くらい開いています。

そのため歩行時に踵から着地した場合踵の外側底部を着き、踵の外側が削れて減るのです。

踵の内側が減る場合X脚などが考えられます。

踵の外側が減るからといって異常と考えて、外側ウエッジを処方するのは的外れといえるでしょう。

足は手と違う

ヒトは二足歩行をする動物です。

したがって足と手の機能は異なります。

足は全体重を支え、時には大きな推進力を路面に伝えたり時には体重の何倍もの衝撃を和らげたりします。

本来、足は硬くなったり柔らかくなったり変化するのです。

この足の変化(機能)を習得するのは生後1歳から6歳のあいだと言われています。

この時期を過ぎてからでは習得不可能と考えられています。

現代病と言われている過回内足は硬くなるべき時に硬くならず、柔らかい状態のままでいます。

偏平足や外反母趾などは過回内足の代表的な症状です。

過回内足などの足部異常は特別に珍しいものではありません。

むしろ正常な足の方が少ないと言えます。

ヒトは足をあまり使わなくなったために足機能が退化したとも考えられます。

足は人間の土台だから、足部異常は全身に影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

レンズで目を矯正するように、自分に合ったオーダーインソールを使うことによって体調の改善が見込めます。

  • 腰痛・ 肩こり・背部痛
  • 外反母趾や踵の痛み
  • 膝痛・股関節痛・etc

足のカウンセリング

歩行状態後から

歩行後から

 

足の状態を知るには、歩行のチェックが1番です。

静止している状態では足の状態を推測する事しかできません。

是非カウンセリングで歩行チェックをお勧めします。

※カウンセリングは完全予約制の自費診療です。

 

本厚木ミロード2近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

足の常識は間違い?

足の常識は間違い?

足

foot

世間一般で言われている、思われている足の常識はバイオメカニクス(生体力学)的には根拠がない事が多く、そのために足の不調は対処療法(根本的原因を解決しない治療)がされてきました。

確かに、原因が解明されていない或いは解明されていても現代の医学では解決できない場合もあります。

日本では足を専門とする医療が少なく、時代遅れで迷信的な治療が行われる場合が多々あります。

足はとてもデリケートです。

二足歩行には足の役割がしっかり果たせないと思わぬ個所の不調を招きます。

ハイヒールや柔らかすぎる不安定な履物は膝腰全身に悪影響を及ぼします。

小さい女の子にハイヒールなどはもってのほかです。

ここ数年運動靴にプロネーションコントロールなどと謳った製品が出現してきましたが、そのメーカーで過回内する製品を製造しているという矛盾も生じています。

なぜこの様なことが起きるのでしょうか。

これはまだまだ足の知識が浸透していない。

あるいは痛みや極端な運動制限が無ければ、足が悪いという概念が無いためでしょう。

足の常識(良いと思っていること)

  • 裸足が健康に良いのは常識?
    1歳から6歳くらいまでは足機能が確立する時期なので、裸足で感覚を身に着けることは大事です。
    しかしその時期を過ぎて足に問題がある場合は、裸足のまま放置すべきでないでしょう。
    放置すれば膝関節症・O脚・姿勢の悪化が懸念されます。(欧米ではこれらの原因とオーバープロネーションと密接な関係にあると考えられています。)
    常識と思い込んでいると、取り返しのつかない事になるかもしれません。
  • 大きめの靴が良いのは常識?
    足が正常に機能しないと(オーバープロネーションなど)足長や足幅が大きくなります。
    そのため大きいサイズの靴を選びがちになります。
    自分に対し大きめの靴は足が動揺し靴擦れやハンマートゥなどの原因となります。
    大きめの靴を選ぶことが常識と思っていると自分の家族に大きめの靴を購入し前述のような問題を引き起こします。
  • 靴底はふわふわと柔らかい方が良いのは常識?
    柔らかくふわふわした靴底は、体重が内側外側にかかった際に大きく凹み踵が大きく傾きます。
    プロネーションぎみの足の場合、踵は大きく内側に傾きオーバープロネーションを引き起こします。
    このような状態が続くと膝の関節などが破壊され変形性膝関節症などの原因となります。
    靴底が「クッション性がありフワフワしたものの方が身体に良いのは常識」と思って靴を選択すると思わぬ不調を招きます。
    ※剛性のない靴は足が不安定になり、体の不調を引き起こします。

 

※オーバープロネーション⇒過回内足
※踵が内側に倒れることをプロネーション(回内)と呼びます。踵が外側に回転することをスーピネーション(回外)と呼びます。プロネーションもスーピネーションも必要な動きですがタイミングや過度の動きが問題となります。

足の問題

足に問題がない人は稀です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えています。

タコウオノメ外反母趾など足の問題から姿勢の悪化などの全身的な問題まで多種多様です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えているというと悲観的ですが、逆に考えれば足を整えると思わぬ改善が起きる可能性があるとも言えます。

もし膝や腰が痛くて足にタコウオノメがあるならば、しっかりした靴にフットベッドを試してみてはいかがでしょう!

いとう接骨院なら本格的なオーダーインソールも取り扱っております。

※フットベッドとは足機能の改善が見込めるインソールのことです。(スーパーフィートなど)

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県 厚木市 中町3-1-2濱屋ビル2F

平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診

 

 

膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みはとれにくい症状の代表格です。

膝の痛みを抱える多くのひとは、「痛みの森」の迷子となり脱出が出来なくなるのです。

  • 転々と医療機関を替え同じような治療を繰り返す。(同じことの繰り返し)
  • 膝の痛みのため運動が出来ず筋肉が衰え悪循環のループにはまる。(筋力低下と、あきらめ)
  • テレビコマーシャルやチラシ広告を信じサプリメントにはまる。(サプリメントの過大評価)

もしあなたが膝の痛みを抱え、その痛みから完全に逃れられないとしたら上記3点を見直す必要が有ります。
今迄に膝のためにしたことで痛みが変化しないのであれば、全く違う思考で新たに取り組まなければなりません。
今までと同じことをしたのでは、結果は同じです。

膝の痛みは何処から来る

膝の痛みは何処から来るのでしょう。

  1. 変形性の膝関節症。(年配者に一番多いパターン)
  2. 単純な怪我によるもの。(スポーツや事故など)
  3. 内科的な問題。(リュウマチなど)

膝の変形はなぜ?原因は?
起立時や運動時に集中して変形箇所へ物理的な外力が加わり変形する。
変形後もその外力が直撃し続けていれば、痛みや変形は悪化していくとは考えられないでしょうか?

単純な怪我によるもの。
単純な怪我によるもので軽度な場合組織の回復と共に傷みも回復していくでしょう。
この様な場合でも上記の様な外力が加えられ続ければ、怪我をきっかけに症状が出現し悪化の道をたどるのです。

内科的な問題。
関節リュウマチは関節を破壊していく内科的病変なので、内科的処置が必要です。リュウマチの場合でも上記物理的な外力が加えられていけば症状は更に悪化していくのです。

膝の痛みを誘発する外力とは。

膝の痛みは、足機能の乱れから外力で誘発されます。
足機能が乱れていると膝関節に正常な方向で外力が加わらず、偏ってしまいます。
その外力は脛骨(すねの骨)の内側を浸食し変形が起こります。
此の外力を正常な方向(膝の中心)に向かわせれば痛みは軽減するでしょう。
足機能の乱れを矯正すれば、変形性の膝関節症の痛み軽減も見込めるのです。

今までと同じ繰り返しでは、結果も同じです。
※足機能の乱れは膝痛だけでなく腰痛肩こりなどの症状も誘発します!

 

インソールで膝の負担を軽減

膝に痛みがある方の殆どが足に問題があります。

足の問題

  • 距骨下関節
    距骨下関節が過回内している方が非常に多く膝の周囲に痛みを発しています。

  • 横足根関節
    横足根関節が外反している方は人類の80%くらいと言われています。

これらの問題を解決すれば膝の痛みは大きく軽減もしくは無くなります。

横足根関節を矯正するにはオーダーインソールが必要です。
距骨下関節の過回内だけの問題であれば既成のインソールでも解決できることがあります。(偏平足の度合いが大きい場合は、既製品だと足裏が痛くて使用に堪えないです。)

オーダーインソールはオーバーホールもでき耐久性も高いのでお勧めです。欠点は高価であることです。

膝でお悩みの方は是非オーダーインソールをチャレンジしてみてください。

 

本厚木ミロード2の近くファミレスジョナサンの隣 夜9時まで診療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県 厚木市 中町3-1-2濱屋ビル2F

平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル