足の常識は間違い?

足の常識は間違い?

足

foot

世間一般で言われている、思われている足の常識はバイオメカニクス(生体力学)的には根拠がない事が多く、そのために足の不調は対処療法(根本的原因を解決しない治療)がされてきました。

確かに、原因が解明されていない或いは解明されていても現代の医学では解決できない場合もあります。

日本では足を専門とする医療が少なく、時代遅れで迷信的な治療が行われる場合が多々あります。

足はとてもデリケートです。

二足歩行には足の役割がしっかり果たせないと思わぬ個所の不調を招きます。

ハイヒールや柔らかすぎる不安定な履物は膝腰全身に悪影響を及ぼします。

小さい女の子にハイヒールなどはもってのほかです。

ここ数年運動靴にプロネーションコントロールなどと謳った製品が出現してきましたが、そのメーカーで過回内する製品を製造しているという矛盾も生じています。

なぜこの様なことが起きるのでしょうか。

これはまだまだ足の知識が浸透していない。

あるいは痛みや極端な運動制限が無ければ、足が悪いという概念が無いためでしょう。

足の常識(良いと思っていること)

  • 裸足が健康に良いのは常識?
    1歳から6歳くらいまでは足機能が確立する時期なので、裸足で感覚を身に着けることは大事です。
    しかしその時期を過ぎて足に問題がある場合は、裸足のまま放置すべきでないでしょう。
    放置すれば膝関節症・O脚・姿勢の悪化が懸念されます。(欧米ではこれらの原因とオーバープロネーションと密接な関係にあると考えられています。)
    常識と思い込んでいると、取り返しのつかない事になるかもしれません。
  • 大きめの靴が良いのは常識?
    足が正常に機能しないと(オーバープロネーションなど)足長や足幅が大きくなります。
    そのため大きいサイズの靴を選びがちになります。
    自分に対し大きめの靴は足が動揺し靴擦れやハンマートゥなどの原因となります。
    大きめの靴を選ぶことが常識と思っていると自分の家族に大きめの靴を購入し前述のような問題を引き起こします。
  • 靴底はふわふわと柔らかい方が良いのは常識?
    柔らかくふわふわした靴底は、体重が内側外側にかかった際に大きく凹み踵が大きく傾きます。
    プロネーションぎみの足の場合、踵は大きく内側に傾きオーバープロネーションを引き起こします。
    このような状態が続くと膝の関節などが破壊され変形性膝関節症などの原因となります。
    靴底が「クッション性がありフワフワしたものの方が身体に良いのは常識」と思って靴を選択すると思わぬ不調を招きます。
    ※剛性のない靴は足が不安定になり、体の不調を引き起こします。

 

※オーバープロネーション⇒過回内足
※踵が内側に倒れることをプロネーション(回内)と呼びます。踵が外側に回転することをスーピネーション(回外)と呼びます。プロネーションもスーピネーションも必要な動きですがタイミングや過度の動きが問題となります。

足の問題

足に問題がない人は稀です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えています。

タコウオノメ外反母趾など足の問題から姿勢の悪化などの全身的な問題まで多種多様です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えているというと悲観的ですが、逆に考えれば足を整えると思わぬ改善が起きる可能性があるとも言えます。

もし膝や腰が痛くて足にタコウオノメがあるならば、しっかりした靴にフットベッドを試してみてはいかがでしょう!

いとう接骨院なら本格的なオーダーインソールも取り扱っております。

※フットベッドとは足機能の改善が見込めるインソールのことです。(スーパーフィートなど)

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

小田急線本厚木駅前ジョナサンさんの隣2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みはとれにくい症状の代表格です。

膝の痛みを抱える多くのひとは、「痛みの森」の迷子となり脱出が出来なくなるのです。

  • 転々と医療機関を替え同じような治療を繰り返す。(同じことの繰り返し)
  • 膝の痛みのため運動が出来ず筋肉が衰え悪循環のループにはまる。(筋力低下と、あきらめ)
  • テレビコマーシャルやチラシ広告を信じサプリメントにはまる。(サプリメントの過大評価)

もしあなたが膝の痛みを抱え、その痛みから完全に逃れられないとしたら上記3点を見直す必要が有ります。
今迄に膝のためにしたことで痛みが変化しないのであれば、全く違う思考で新たに取り組まなければなりません。
今までと同じことをしたのでは、結果は同じです。

膝の痛みは何処から来る

膝の痛みは何処から来るのでしょう。

  1. 変形性の膝関節症。(年配者に一番多いパターン)
  2. 単純な怪我によるもの。(スポーツや事故など)
  3. 内科的な問題。(リュウマチなど)

膝の変形はなぜ?原因は?
起立時や運動時に集中して変形箇所へ物理的な外力が加わり変形する。
変形後もその外力が直撃し続けていれば、痛みや変形は悪化していくとは考えられないでしょうか?

単純な怪我によるもの。
単純な怪我によるもので軽度な場合組織の回復と共に傷みも回復していくでしょう。
この様な場合でも上記の様な外力が加えられ続ければ、怪我をきっかけに症状が出現し悪化の道をたどるのです。

内科的な問題。
関節リュウマチは関節を破壊していく内科的病変なので、内科的処置が必要です。リュウマチの場合でも上記物理的な外力が加えられていけば症状は更に悪化していくのです。

膝の痛みを誘発する外力とは。

膝の痛みは、足機能の乱れから外力で誘発されます。
足機能が乱れていると膝関節に正常な方向で外力が加わらず、偏ってしまいます。
その外力は脛骨(すねの骨)の内側を浸食し変形が起こります。
此の外力を正常な方向(膝の中心)に向かわせれば痛みは軽減するでしょう。
足機能の乱れを矯正すれば、変形性の膝関節症の痛み軽減も見込めるのです。

今までと同じ繰り返しでは、結果も同じです。
※足機能の乱れは膝痛だけでなく腰痛肩こりなどの症状も誘発します!

 

やわらかい足やわらかい靴?

やわらかい靴は身体に良いか?

確りした靴

newbalance

やわらかい靴は、はたして身体に良いのでしょうか?

足機能が損なわれると人間の足は偏った足になります。

  • やわらかい足⇒体重で踵が内側に倒れ(過回内足)土踏まずが低くなった足。人類の多くが柔らかい足です。
  • 硬い足   ⇒踵が外側に倒れ横足根関節が外反し硬直した土踏まずが高い足。割合とすれば極少ない足です

殆どの人がやわらかい足なので、靴底がやわらかいと足裏に付く筋肉や足の様々な関節に大きなストレスが生じます。(シンスプリント足底腱膜炎・肉離れetc)

現代人の足は機能低下していることが多いのです。

市場の靴

現在の靴は靴底がやわらかく剛性が低いものが主流です。

デザインだけで購入すると、足から上の身体に思わぬ事態が起こります(外反母趾・膝痛・腰痛etc)

確りした靴が窮屈に感じる場合は足機能の異常を疑いましょう。

子供靴を選ぶ時は慎重に

人間の足機能は幼少期に形成されます。

成長が早いからといって大きな靴を履かせるのは止めましょう。

子供用靴は粗悪なものが多いので、確りした女性用運動靴でフィットするものがある場合それを履かせましょう。

インソール・足のことなら小田急線本厚木駅前「いとう接骨院」にお任せください。
℡ 046-295-6311

 

インソールとは

インソールとは

日本では靴中敷の総称をインソールと呼んでいます。

通常のインソールとはメーカーが靴にあらかじめ入れといたものや、大きな靴の内容積を調整するものが殆どです。

それらインソールの中には素材でショックを吸収したり、足の冷えを防いだりするものもあります。

中敷

insole

いとう接骨院で扱うインソールとは

いとう接骨院で扱うインソールとは、バイオメカニクスに基づいた足機能を整える機能があるインソールです。

私達はこのインソールをフットベッドと呼びます。

また更に高機能なものはオーソティックと呼びます。

走行時、人間の足に掛かる力は体重の8倍と言われています。

オーソティックと呼ばれる「いとう接骨院」のインソールはカーボングラファイト製で、走行時の衝撃も十分耐え足機能を3次元でコントーロールすることができます。

石膏で足型採取

 

 

 

 

 

 

前足部外反の比較4

 

 

 

 

 

足型の採取

オーソティック

 

 

 

 

 

オーソティック

Black11

 

 

 

 

 

フットベッド

いとう接骨院のインソール

  • フットベッド
    スーパーフィート 4100円~20000円
    ※オーダーインソール含む
    ※中心価格帯5200円(加工代・60日間快適保証込)
  • オーソティック
    ノースウエスト 80000円~100000円
    ※石膏で足型採取・歩行ビデオ撮影・静止画撮影・米国までの往復送料含む
    ※2年間保証付

フットベッドやオーソティックと呼ばれるインソールは足の機能を整えるため、膝や腰背中首の痛みを軽減することがあります。
この様な症状でお悩みの方は是非お試しください。

 

インソールのことなら小田急線本厚木駅前「いとう接骨院」にお任せください。
℡ 046-295-6311

 

下肢の変形性関節症

足は姿勢に大きく関係する

下肢の変形性の関節症とは

骨(主に軟骨)が変形して関節の機能に支障を来たしたものを言います。

下肢の変形性の関節症は膝・股関節・足首など下半身に起こります。

症状は関節周囲の腫れや痛み、関節の動きが悪くなるなどがあります。

足のちょっとした歪みが、足のバイオメカニクス(生体力学)をくるわせ関節の変形を誘発し痛みや腫れを生みます。

 

変形性関節症の治療

変形性関節症の治療は、物理療法・投薬・外科手術などがあり関節の状態によって治療法を選択します。

欧米では下肢の変形性関節症の治療に足病学(インソールなどによって歩行を改善する)的アプローチをする事が盛んです。

 

変形性の関節症は、なぜ起こる。

変形性の関節症は過度のストレスによって起こると考えられますが。

私は代償によってストレスが生じ、軟骨が磨り減り変形していくと考えております。

特に下肢に起こる変形性の関節症は不完全な足の代償によって引き起こされると考えております。

変形性膝関節症の原因は過回内足などの関連性を強く感じます。

 

下肢の変形性の関節症とどう向き合うか

変形性の関節症で、外科的手術が必要で有っても無くても、その関節に不必要なストレスは避けるべきでしょう。

特に足が大きく関与している代償があるならば、足を整えるべきだと考えます。

しかしながら、足は1歳から6歳位までに成熟されると考えられているので成人の足を鍛えなおすことは不可能と思われます。(欧米の足病学的には、そう考えられています)

これは眼鏡を使用しても目自体は改善しない事に似ています。

欧米では足機能について深い関心があり、特に米国では足病学として確立されています。

残念なことに日本を含むアジアでは、未だ関心が少ないと言わざるを得ません。

少しだけでも足病学的アプローチを施せば、痛みを軽減できる下肢は少なくないでしょう。

腰から下の下半身に、原因不明の痛みを抱えている方は足機能を確認する価値があると思います。

初めは小さな関節のゆがみでも、繰り返し関節を使うことで、変形が進み代償も大きくなっていきます。O脚や姿勢の悪化はこうして進行していきます。

もし足の異常に気づいたら、是非足の専門家に相談しましょう。

 

足機能が不完全で起こる症状

  • 下肢(股関節より下)関節・筋肉痛
  • 骨盤の歪み
  • 姿勢が悪くなる
  • 外反母趾
  • タコ・ウオノメ

足機能を整えるインソール

足機能を整える機能的インソールをフットベッドあるいは足底板と言います。

足の異状に過回内足(踵が内側に倒れすぎた状態)があります。

過回内足は下記のような症状を引き起こします。

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • O脚
  • 膝関節症
  • シンスプリント

過回内足を矯正するには、機能的インソールが効果を発揮します。

機能的インソールは足機能を構造的に矯正し、代償による痛みを軽減させます。

※代償とは不完全な関節機能を他の関節が補うことを言います。

 

外反母趾や膝などの痛みを軽減するオーソティック(インソール)

NWPLドレスシューズ用

ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)

ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)は3次元で、足をコントロールします。

通常の機能的インソールでは、ショパール関節までコントロールすることが困難です。

可能であれば、ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)を選択することをお勧めします。

ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)は、関節の変形をもたらす不完全な足を矯正します。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院