インソール

インソールはニュートラルが大事

ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール

ノースウエスト足病研究所製オーダーインソール

オーダーインソールは本来、足機能「バイオメカニクス」を改善するために足形採取と歩行分析をして作成されたインソールです。

人間の足には歩行時に体重の2倍、ジャンプの着地時には体重の8倍の力が足にかかります。

そのため、ノースウエスト社では非常に剛性の高いカーボングラファイトでインソールが作成されます。

左画像はアメリカの医療用インソール(ノースウエスト社製オーソテック:装具)です。

インソールを作るための足形採取は踵が垂直(ニュートラル)でなければなりません。

静止状態の足評価はニュートラルであることが重要です。

ニュートラルを保持し足形を採取するには熟練した技術が必要です。(ニュートラルが足評価の基準です)

日本で作成されるインソールは一部を除きニュートラルを無視した状態で作成されます。

そもそも日本ではニュートラルという概念すら希薄と言えるでしょう。

もし他院でオーダーインソールの作成を勧められたら、自分の足のニュートラルについてたずねてみてください。

最近でこそスポーツシューズではプロネーションコントトロールなどという言葉が使われるようになりましたが、プロネーションの意味は踵が内側に倒れることであり踵が外側に倒れることをサピネーションと言います。

ニュートラルは踵が内外に倒れていない垂直である足の基本状態を言います。

いかにニュートラルが大切であるか理解できると思います。

オーダーインソールの場合、ニュートラルを無視して作られたインソールは使用する人の足を無視して作られたと言えるでしょう。

下の画像左がニュートラル、右が過回内です。

距骨下関節のニュートラルと過回内

over pronation

インソールは硬くなければならない

足が悪い人ほど硬いインソールが必要です。
なぜならば悪い足ほど強い力で矯正しなければならないからです。
たとえば重篤な疾患PTTD(後脛骨筋機能不全症候群:過回内足で極度な偏平足の様な外見の足)の場合、造られるインソールの硬度は5段階中の最高硬度5を処方します。
もし暴漢に襲われ、誰かに護ってもらうならゴリラのように屈強な男性に護ってもらいたいと思いませんか。
インソールの場合、正確な足型から作られたインソールであれば違和感や痛みは無いでしょう。
国内で作られるインソールにおいては柔らかい物がほとんどです。
これは違和感などのクレーム対策や、柔らかい素材が足に良いと思っている人の心理を利用しているものと私は考えています。
足に違和感なく足機能を向上させる、硬くて矯正力のあるインソールを作るには卓越した技術と経験が必要です。
※インソールの機能を発揮するには靴との相性や適切な処方も大きく影響します。

足にかかる負荷は歩行時で体重の2倍、ジャンプして着地の際は体重の8倍かります。
体重50kgの人なら歩行時に100kg、ジャンプして着地時には400kgの負荷がかかるのです。
柔らかいインソールでは身体を支えることができません。
ノースウエスト社製のインソールは硬いカーボングラファイトで作成されています。
非常に硬い素材なので正確な足型をもとに作成しないと、強い違和感で使用にに堪えません。
足形採取には熟練した技術と知識が必要です。

 

※youtubeの仕様で動画終了後に関連画像が再生されてしまいますことをお詫びいたします。

インソールには種類がある

  • ファンクショナルタイプ
    足のバイオメカニクス(生体力学)を高める機能改善型
  • アコモデーティブタイプ
    主にリューマチや糖尿病患者など内科的疾患に使用されるもの。
  • 靴の容積調整やクッション材として用いるインソール
インソールのタイプ

インソールのタイプ

左:ファンクショナルタイプ

中央:アコモデーティブタイプ

右:容積調整やクッション材として用いるインソール

 

 

 

 

 

足が痛くなくても、足は壊れている

足自体に痛みがなくても足が正常に機能していない(壊れている)ことが多くあります。

むしろ足が正常なヒトのほうがはるかに少ないと言えるでしょう。

ヒトが靴を履くようになり足が退化したと言われています。

現代では裸足で生活しているような地域に行かなければ、正常な足のヒトと出会うことはないと考える学者もいます。

次のようなヒトは要注意です。

  • 足にタコやウオノメがある。
  • 姿勢が悪い。
  • 外反母趾。
  • 慢性的な腰痛
  • 膝が痛い

これらは足が原因である可能性が高い症状です。

足を矯正すれば症状を解消する可能性があります。

整形外科や整骨院に通って症状が改善しない場合は是非足の矯正を考えてください。

 

 

神奈川県厚木市中町3-1-2

電話 046-295-6311

いとう接骨院

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

 

カラダに充電

微弱電流でカラダに充電

 

微弱電流治療器による全身通電でカラダにエネルギーを充電(補充)しパーワーアップします。

怪我がなかなか治らない・腱鞘炎や肩こり腰痛ひざ痛が良くならないのはカラダのエネルギー不足が大きく関係しています。

痛みのメカニズム

痛みのメカニズム

 

微弱電流治療器でカラダに生体エネルギーを充電すると。

  • 骨・筋肉・関節や皮膚などの修復を高める
  • 疲労回復
  • 浮腫みの軽減
  • 治療やリハビリの期間短縮
  • 損傷した神経組織の回復を高める

※効果には個人差があります。

人体の細胞小器官ミトコンドリアが造るATPは充電池のようなものです。

充電池も充電されていなければ使い物になりません。

ATPにエレサスで充電して疲労や患部の回復してみませんか!

全身通電

全身通電

運動通電

運動通電

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細胞のパワーハウスと言われる細胞小器官ミトコンドリアが生体科学エネルギーであるATP合成の原動力となります。

200~800μAの微弱電流刺激により、必要十分なエネルギーがATPにチャージされます。(エレサスが手助け)

ATPがチャージされないと怪我や疲労の回復が遅れます。

目の奥が痛い、頭痛が・・・それはチャージ不足かもしれません。

 

※微弱電流とはμA(100万分の1アンペア)の事を言います。
※生体を流れる電流は微弱電流であることが分かっています。
※微弱電流治療とは専用の機器を使い低い電圧の微弱電流刺激を身体に送る治療法です。

ATPの機能

  1. 筋収縮
  2. タンパク質生合成
  3. 神経伝達
  4. 細胞膜を通した能動輸送

エレサス微弱電流治療器

エレサスとは

エレサスとは

いとう接骨院では保険診療でも+2000円の負担でエレサス微弱電流治療器による全身通電の施療を受けられます。

症状がなかなか改善されないのは、ATPチャージ不足かもしれません。

この様な症状にエレサスの微弱電流治療をお勧めします。

アキュスコープとの併用で更に効果アップします。

微弱電流治療器エレサス

エレサス

 

本厚木北口ファミレス ジョナサンさんの隣ビル2階

℡ 046-295-6311

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

足首の捻挫

足首の捻挫はなぜ起こる

内反捻挫

足首の捻挫の原因は大きく分けて2種類あります。

  • 単純外傷
  • 足機能異常+外力

足首の捻挫で最も多いのは内返し捻挫(足首が外側に回転して起こるです。

上の左側画像、外くるぶしは内返し捻挫のため輪郭がくっきりと見えません。
上の画像右側外くるぶしは怪我をしていないので外くるぶしがくっきりと見えています。

捻挫は関節周囲の軟部組織が外力によって破壊され関節周囲に浸出液が溜まって腫れを起こします。

単純外傷の捻挫は予測できない限り防ぎようがありません。

足機能異常による捻挫は些細な外力でも起こるので、捻挫ぐせがあるなどという人もいます。
足機能異常は適切なインソールを作製し使用すれば矯正できる可能性大なので、実践する価値があります。

 

捻挫の治療

距骨

距骨

内返し捻挫で前距腓靭帯が損傷した場合、多くの整骨院では踵が外反した状態で固定します。

踵が外反した状態で固定すると距骨頭は内側に倒れこみ前距腓靭帯は更に伸ばされてしまいます。

したがって内返し捻挫の固定は距骨下関節ニュートラルが良いのです。

当院では内返し捻挫が軽度な場合、既成のフットベッドで包帯固定を施します。

 

 

 

足部機能異常による内返し捻挫

横足根関節(内側縦アーチの中央付近を横切る関節)が外側に反り上がっている場合、歩行中に小指を地面に接地させようと踵が外側に倒れこみ内返し捻挫を引き起こす場合があります。

この様な足の場合、頻繁に捻挫が起こりますが本人は原因が分からず癖と思い込んでしまいます。

これは足の捻じれが原因で起こる捻挫なので、本人に合ったインソールをあつらえることで解消できる可能性が大きいと言えるでしょう。

原因がはっきりと分からないものは癖や成長痛や老化などのせいと片付けられがちです。

特に足に関しは、そういう傾向が多いと思います。

もしかしたら、あなたの抱えている痛みは足のせいかも?

 

本厚木駅前徒歩2分ファミレス ジョナサンさんの隣ビル2階 いとう接骨院

℡ 046-295-6311

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

足の常識は間違い?

足の常識は間違い?

足

foot

世間一般で言われている、思われている足の常識はバイオメカニクス(生体力学)的には根拠がない事が多く、そのために足の不調は対処療法(根本的原因を解決しない治療)がされてきました。

確かに、原因が解明されていない或いは解明されていても現代の医学では解決できない場合もあります。

日本では足を専門とする医療が少なく、時代遅れで迷信的な治療が行われる場合が多々あります。

足はとてもデリケートです。

二足歩行には足の役割がしっかり果たせないと思わぬ個所の不調を招きます。

ハイヒールや柔らかすぎる不安定な履物は膝腰全身に悪影響を及ぼします。

小さい女の子にハイヒールなどはもってのほかです。

ここ数年運動靴にプロネーションコントロールなどと謳った製品が出現してきましたが、そのメーカーで過回内する製品を製造しているという矛盾も生じています。

なぜこの様なことが起きるのでしょうか。

これはまだまだ足の知識が浸透していない。

あるいは痛みや極端な運動制限が無ければ、足が悪いという概念が無いためでしょう。

足の常識(良いと思っていること)

  • 裸足が健康に良いのは常識?
    1歳から6歳くらいまでは足機能が確立する時期なので、裸足で感覚を身に着けることは大事です。
    しかしその時期を過ぎて足に問題がある場合は、裸足のまま放置すべきでないでしょう。
    放置すれば膝関節症・O脚・姿勢の悪化が懸念されます。(欧米ではこれらの原因とオーバープロネーションと密接な関係にあると考えられています。)
    常識と思い込んでいると、取り返しのつかない事になるかもしれません。
  • 大きめの靴が良いのは常識?
    足が正常に機能しないと(オーバープロネーションなど)足長や足幅が大きくなります。
    そのため大きいサイズの靴を選びがちになります。
    自分に対し大きめの靴は足が動揺し靴擦れやハンマートゥなどの原因となります。
    大きめの靴を選ぶことが常識と思っていると自分の家族に大きめの靴を購入し前述のような問題を引き起こします。
  • 靴底はふわふわと柔らかい方が良いのは常識?
    柔らかくふわふわした靴底は、体重が内側外側にかかった際に大きく凹み踵が大きく傾きます。
    プロネーションぎみの足の場合、踵は大きく内側に傾きオーバープロネーションを引き起こします。
    このような状態が続くと膝の関節などが破壊され変形性膝関節症などの原因となります。
    靴底が「クッション性がありフワフワしたものの方が身体に良いのは常識」と思って靴を選択すると思わぬ不調を招きます。
    ※剛性のない靴は足が不安定になり、体の不調を引き起こします。

 

※オーバープロネーション⇒過回内足
※踵が内側に倒れることをプロネーション(回内)と呼びます。踵が外側に回転することをスーピネーション(回外)と呼びます。プロネーションもスーピネーションも必要な動きですがタイミングや過度の動きが問題となります。

足の問題

足に問題がない人は稀です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えています。

タコウオノメ外反母趾など足の問題から姿勢の悪化などの全身的な問題まで多種多様です。

ほとんどの人が足に何らかの問題を抱えているというと悲観的ですが、逆に考えれば足を整えると思わぬ改善が起きる可能性があるとも言えます。

もし膝や腰が痛くて足にタコウオノメがあるならば、しっかりした靴にフットベッドを試してみてはいかがでしょう!

いとう接骨院なら本格的なオーダーインソールも取り扱っております。

※フットベッドとは足機能の改善が見込めるインソールのことです。(スーパーフィートなど)

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

 

小田急線本厚木駅前ジョナサンさんの隣2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

 

ふくらはぎの肉離れは踵から

ふくらはぎ肉離れ

ふくらはぎの肉離れ

ふくらはぎの肉離れは良く起こる怪我です。

ふくらはぎは下腿三頭筋といい、内側腓腹筋・外側腓腹筋・ひらめ筋などで構成されています。

ふくらはぎは踵の踵骨隆起と言うところにアキレス腱となり付いています。

ふくらはぎの肉離れで多い個所は膝裏の少し下の部分です。

臨床経験上特に多いのは、下図の丸で囲ってある内側(内側腓腹筋)部分です。

多発個所

tahatsukasyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ肉離れになるのか

ふくらはぎの筋肉は踵にアキレス腱となり付着しています。

そのため踵の傾きによりテンションが掛かります。

踵が内側に倒れすぎる過回内足となっている方がとても多く、大きな力が掛からなくても筋断裂を起こしてしまいます。

どうしても痛いところに目が行きがちですが、その原因が踵の関節の機能異常から起こっていることに気が付かないために症状の悪化や回復の遅延を招いてしまいます。

踵の中間位

neutral

過回内足

over pronation

 

 

ふくらはぎの回復には

ふくらはぎ肉離れの回復には、安静が必要です。

過回内足などの足機能が乱れている場合、ただ立っているだけでふくらはぎにストレスやダメージを与えます。

したがって、在宅中でも足を矯正し安静にする必要があります。

足には踵以外にも重要な関節が存在しますが、特に横足根関節の役割は非常に大切です。

しかしながら横足根関節をコントロールするには非常に高度な装具(インソール)が必要です。

先ずは踵のコントロールやヒールレイズ(踵を上げる処方)を試す事をお勧めします。

上記方法なら市販品でも可能な場合があります。

人によっては市販品のインソールだと足のどこかが当たり痛くて履けない場合があります。

下の画像は市販のインソールとサポーターで外出先や自宅でも踵をコントロールしふくらはぎを安静にする方法です。

市販インソール

dressfit

suporter

サポーターで固定

supoter setting

 

 

 

 

 

 

 

 

市販のサポーターとインソールで踵の関節を安定させ、ストレスから幹部を守る。

上記方法とふくらはぎを圧迫するサポーターの併用をお勧めします。

 

  • インソールによる踵の安静
  • サポーターによる患部の圧迫
  • アキュスコープなどの物療

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル


神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル2F

 

本厚木駅前いとう接骨院

℡046-295-6311