立ち仕事

立ち仕事は

立ち仕事

立ち仕事

同一姿勢を長時間維持する立ち仕事は足腰に大きなストレスをあたえます。

足機能が乱れている場合、姿勢を維持するだけでも身体全体の関節を複雑に酷使してしまいます。

足腰の痛みや肩の張りは足機能の乱れによる姿勢悪化が強く影響しています。

特に安全靴・厨房靴・ゴム長靴などはルーズに出来ている物が多く、足にフィットせず足を不安定にさせます。

足機能を矯正するインソールを使用しても、靴が足にフィットし安定した状態でなければ足は上手く矯正されません。

足が不安定状態での長時間立ち仕事による身体へのストレスははかり知れません。

姿勢を悪くする

土台である足の機能が乱れていると、歩行や姿勢維持のために関節を代償させます。

代償とはある関節が機能しない分を他の関節がカバーすることです。

代償している関節は無理な使い方を強いられるため故障することが多くなります。

大きな外力で怪我をしたのではなく、腰や膝や首肩に痛みや不調がでるのは足の代償を膝や腰や背骨で行っているからです。

姿勢が悪くなった大きな原因は足の代償です。

だから姿勢を良くしたいからといって、意識して背筋を伸ばしてもあまり意味がないでしょう。

本来、姿勢は無意識のままの姿です。

意識して悪い姿勢をとるのは何かを演じている場合のみでしょう。

良い姿勢は良い足から、悪い姿勢は悪い足からできると私は考えています。

当然足だけの問題ではありませんが、寝そべっていなければ最初に反力を受ける部分は足なので姿勢に大きな影響を及ぼします。

※昨今では過回内足と変形性膝関節症の関連性が指摘されています。

姿勢をよくする

足機能を整えると姿勢は改善します。(特別な場合を除いて:骨自体に変形がある等)

しかしながら先ほど述べた安全靴や厨房靴やゴム長靴などは足にフィットしない場合が多ので、インソールの上に正しく乗らず安定しないためインソールの効果を発揮できないことがあります。

この様な靴でインソールの性能を引き出す方法として、薄手の足部サポータの中に革靴用インソールを入れて使用する方法があります。

こうすればインソールを足に直接装着できるので、仕事で履くフィットしないルーズな靴でもインソールが安定し足機能を保てます。

この様な使い方は本来の使用方法ではないので、あくまでも自己責任で行ってください。

インソールをセットする

インソールを足へ直に

足サポーター

足サポーター

 

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

腰痛は揉んでも治りません

腰痛は揉んでも治らない

腰痛

腰痛

腰痛の原因は

  • 悪い姿勢
  • 運動不足
  • 使いすぎ(高負荷)

悪い姿勢

どうして悪い姿勢になるのでしょう?

筋肉を揉んでも姿勢は良くなりません(一時的に改善する場合はあります。)。

だから揉み続けても腰痛は良くならないのです。

腰から上の姿勢が悪いのは骨盤の歪みから起こります。

骨盤が歪むのは、正常な歩行ができないために起こります。

正常な歩行ができないのは、土台となる足機能が異常だからです。

足機能は生後1歳から6歳くらいまでに育まれます。(大人に成ってからでは足機能は鍛えられない)

したがって悪い姿勢を良くするには、土台の足を矯正する必要があるのです。

over pronation

画像は両足とも踵が内側に倒れている過回内足です。

左足はその度合いが強く大腿骨が内旋し爪先が内側に向いています。

大腿骨が内旋すると骨盤が前傾し脊椎の正常な湾曲が失われるため腰の筋肉バランスが崩れ痛みを誘発させるのです。

だから腰を揉んだだけでは良くならず、痛みを繰り返してしまうのです。

ギックリ腰を繰り返している方は一度足の専門家(米国足病学に基づいた理論を有した専門家)のカウンセリングをお勧めします。

揉んだりマッサージなども各部を整えながら行うのであればこうかがあると思います。

 

運動不足

運動不足は筋力低下(インナーマッスルは特に大切)を招くだけでなく、関節可動域や代謝なども悪化させます。

しかし痛みを抱えながらの運動は症状を悪化させる恐れがあります。

私がお勧めなのがノルディックウォーキングです。

ノルディックウォーキングは全身の90%位の筋肉を使い、足腰の負担を50%位軽減します。

運動量も通常のウォーキングに比べ30%~50%ほど増えるので、お忙しい方も短時間で良質な運動ができます。

いとう接骨院もノルディックウォーキングサークルを主催しているので是非体験申し込みをしてください。

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング

 

 

 

 

 

 

 

使いすぎ

足から身体全体を整えても、使い過ぎては腰を痛めてしまいます。

特に何時間も座り続けるなど同一姿勢を長時間行うことは腰に大きなストレスとなります。

車の長時間運転や重量物の運搬なども腰に大きなストレスなので、1時間おきくらいに軽度な運動やストレッチを行うと良いでしょう。

まとめ

皆と同じ事をしているのに、自分だけ腰痛や肩こりがひどい。

この様な場合ほとんどが姿勢の悪化によるものです。

人間は直立して2足歩行をするため、足全体を地面につける習性があります。

これは足機能の一部です。

足が正常に機能しないと膝や腰などを使いバランスを取り直立しようとします。

この様な行為を代償といい、代償された箇所はストレスがたまり痛みが出るのです。

足が正常に機能しないと姿勢が悪くなり痛みがでるのです。

痛みを出さない基本は土台(足)の矯正です。

※腰痛などには内科的要因や神経的要因も当然あります。

 

 

本厚木駅前ファミレスジョナサンさんの隣ビル2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みはとれにくい症状の代表格です。

膝の痛みを抱える多くのひとは、「痛みの森」の迷子となり脱出が出来なくなるのです。

  • 転々と医療機関を替え同じような治療を繰り返す。(同じことの繰り返し)
  • 膝の痛みのため運動が出来ず筋肉が衰え悪循環のループにはまる。(筋力低下と、あきらめ)
  • テレビコマーシャルやチラシ広告を信じサプリメントにはまる。(サプリメントの過大評価)

もしあなたが膝の痛みを抱え、その痛みから完全に逃れられないとしたら上記3点を見直す必要が有ります。
今迄に膝のためにしたことで痛みが変化しないのであれば、全く違う思考で新たに取り組まなければなりません。
今までと同じことをしたのでは、結果は同じです。

膝の痛みは何処から来る

膝の痛みは何処から来るのでしょう。

  1. 変形性の膝関節症。(年配者に一番多いパターン)
  2. 単純な怪我によるもの。(スポーツや事故など)
  3. 内科的な問題。(リュウマチなど)

膝の変形はなぜ?原因は?
起立時や運動時に集中して変形箇所へ物理的な外力が加わり変形する。
変形後もその外力が直撃し続けていれば、痛みや変形は悪化していくとは考えられないでしょうか?

単純な怪我によるもの。
単純な怪我によるもので軽度な場合組織の回復と共に傷みも回復していくでしょう。
この様な場合でも上記の様な外力が加えられ続ければ、怪我をきっかけに症状が出現し悪化の道をたどるのです。

内科的な問題。
関節リュウマチは関節を破壊していく内科的病変なので、内科的処置が必要です。リュウマチの場合でも上記物理的な外力が加えられていけば症状は更に悪化していくのです。

膝の痛みを誘発する外力とは。

膝の痛みは、足機能の乱れから外力で誘発されます。
足機能が乱れていると膝関節に正常な方向で外力が加わらず、偏ってしまいます。
その外力は脛骨(すねの骨)の内側を浸食し変形が起こります。
此の外力を正常な方向(膝の中心)に向かわせれば痛みは軽減するでしょう。
足機能の乱れを矯正すれば、変形性の膝関節症の痛み軽減も見込めるのです。

今までと同じ繰り返しでは、結果も同じです。
※足機能の乱れは膝痛だけでなく腰痛肩こりなどの症状も誘発します!

 

肩こり 腰痛は捻挫の症状

肩こり 腰痛は症状です。

症状とは

例えば寒気や熱や咳喉の腫れなどは症状であり病名では有りません。
症状だけでは何の病気か判断できません。
ただの風邪それともインフルエンザか、確定診断が出来ませんよね?
腰痛 肩こりは症状です。
腰痛 肩こりの症状だけでは何の怪我や病名が判断できません。

傷病名とは

その症状が何によって引き出されているのか(どこが、どうなって起きたか)が傷病名です。

首肩を捻って起きた肩こりなら頚部捻挫です。
腰を捻ったり、重いものを持ち上げてなった腰痛は腰部捻挫です。
腰痛 肩こりは症状です。

慢性疾患は健康保険対応外

接骨院 整骨院では原因がハッキリしないものや、慢性疾患や内科的疾患が原因の関節痛・筋肉痛は健康保険適応外です。

しかし、この様な疾患であっても同一箇所を捻ったり ぶつけたり 伸ばしたり 挟んだりして負傷した場合は外傷扱いとなり保険対応となります。

接骨院 整骨院で健康保険を使い外傷の施術を受ける場合は、いつ・どこで・何をして傷めたかを些細なことでも正確に伝えましょう。

肩こりや腰痛などの症状だけ伝えても健康保険で取り扱うことは出来ないので注意が必要です。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

姿勢が悪い、身長が伸びないのは足が原因!

姿勢や、身長の伸びは足と深い関係がある。

良い姿勢は足元から!

骨盤の歪み傾きは足機能の不調に左右されます。

そして姿勢は骨盤の歪み傾きに大きく影響します。

姿勢が悪い、身長が伸びない原因の一つが足機能の不調なのです。

足機能を整えれば、関節の骨と骨の位置関係が正常になる手助けになります。

例えば、偏平足は足機能の不正常から起こります。

偏平足で土踏まずが低くなれば身長も低くなります。

だから偏平足を矯正し土踏まずが正常な高さになれば、身長は高くなります。

なにより、足を矯正すれば骨盤の歪みを改善し姿勢もよくなり身長が伸びて健康度がアップする可能性があるのです。

もしも足機能が不正常なまま成長すると。

  • O脚(脛骨の過度な内湾)
  • 外反母趾など足部の疾患
  • 猫背・ぽっこりお腹
  • 側わん症
  • 膝内障
  • 腰痛、肩こり
    ※上記以外、その他多数の障害も危惧されます。

子供の姿勢が気になったら、足を疑いましょう。

つぎに記載した事項にあてはまったら、足の専門家に相談しましょう。

  • 外反母趾
  • 内股・極端な外股
  • 足裏のタコ・ウオノメ
    ※これらの症状は足機能の異常から起こるものです。
    ※スネの骨の湾曲によるO脚は、足機能の異常が大きな原因です。
    骨が湾曲しないよう小学校に入学したころには足機能の矯正を開始する事が望ましいと考えられます。

足の矯正ならノースウエスト社製インソール。

ノースウエスト社製インソールは幼児用インソールから内科的疾患(糖尿病やリューマチなど)まで幅広く対応できます。

小児用 インソール(既製品)

小児用インソール

足元から身体のトータルバランスを考える、いとう接骨院!

骨盤、足から頚椎まで

 

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院