①7月30日土曜日外反母趾など足や膝の無料相談会を行います! ②診療時間について。

自由施療と健康保険の壁。制約だらけの保険施術

自由施療

 

自由施療の勧め

健康保険施術には多くの制約があります。

次の様な場合、健康保険で施療出来ません。

  • 肩こり・腰痛・神経痛などで慢性疾患の場合(発生起点のある場合は単なる症状となるので怪我として認められます。)
    ※健康保険適応の対象はお怪我のみです。
  • 重複施療:他の医療機関で同一箇所の健康保険による施術を受けている場合。
  • 第三者行為や労災や相手のいる交通事故(基本的には)
    ※交通事故は20年以上の実績、当院にお任せください。

この記事をお読みになっている方が整骨院・接骨院で施術を受け保険者の調査を受けた方も少なくないと思います。

今後ますます健康保険の調査が厳しくなることが予測されます。

 

当院ではハッキリとした施術成果を出し、安心して施療を受けれる自費施療を行っております。

都度の負担額が少なくても、施術の効果を実感できない保険施療を長々と続ければ患者様の貴重な時間を奪うことにもなります。

復帰するまでの費用や時間を考えれば自費施療のほうが遥かに合理的な場合が多いのです。

 

健康保険の壁を越える自由施療

健康保険を使用しない自由施療(自費施療)なら保険の制約が無い施療を受けれます。

もしレントゲンや断層写真などの検査や投薬・外科的処置が必要ならば保険を使い病院で施術を受けることが得策でしょう。

上記の場合でも手技や保険外の特別な処置により早期回復を実現できる事があります。

保険施療と自由施療を上手に組み合わせることによって効率的な復帰を目指せます。

自由施療を選択肢に加えることで、施術のバリエーションが格段に広がります。

 

再発を予防する自由施療

些細なことで壊れる・肩

これらの原因は足の機能異常による代償です。

当院の自由施療はカラダの細部まで眼を配りアンバランスを矯正します。

アンバランスの原因である代償を減らすことにより再発を予防できるのです。

※殆どの保険施療は対蹠的施療(痛いところだけ診る)といえます。この事が保険施療の限界とも言えます。

 

いとう接骨院の自由施療を支える三本の柱

  1. カラダの基礎、足のカウンセリング
  2. 骨盤骨格矯正
  3. エレクトロアキュスコープやエレサス微弱電流施術器による即効鎮痛消炎施術
    ※当院の自由施療は、施術前と施術後の変化がとても分かりやすい施術です。
    ※料金=初診8000円から・再診7000円から
    ※全身通電のみ 3000円

本厚木北口駐輪場の近くジンギスカン ラムちゃんの上 夜9時まで施療 

いとう接骨院

℡ 046-295-6311

神奈川県厚木市中町3-1-2濱屋ビルA2-1

平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診

本厚木の、いとう接骨院の地図。

© OpenStreetMap contributors

クリックして詳細地図

タイトルとURLをコピーしました