①骨盤矯正無料トライアルキャンペーン②2月24日土曜 足の無料相談会開催③診療時間について。

スプラング・バック治療におすすめのアキュスコープ!

スプラング・バック(腰椎棘間靱帯損傷)とは

スプラング・バックとは、腰椎棘間靱帯損傷の一種です。
日常生活での急な動作やスポーツなどでの突然の負荷によって引き起こされることがあります。
腰椎にかかる負荷やストレスが極端に大きくなり、靱帯組織が痛みや損傷を生じることで、腰痛や動作制限などの症状が現れます。

主な症状として骨盤の仙腸関節部の痛み・第4第5腰椎間の痛み・腰椎仙骨関節部の痛みなど。
立っている時よりも座っている時の方が痛いなどの症状が出ることもあります。

スプラング・バック治療におけるアキュスコープの効果

スプラング・バックは、腰椎棘間靱帯の損傷による症状の一つであり腰痛や腰の可動域制限などが見られます。
この症状の治療において、アキュスコープが有効な効果を発揮します。
アキュスコープは微弱電流を用いて筋肉の収縮を促進や自律神経に働きかける装置であり、痛みの軽減や筋肉のリラックス効果があります。
具体的な治療方法としてはアキュスコープの電極プローブで痛みのある箇所や施術ポイントへ程よい強さの電流を流します。
これにより血流やリンパの流れも良くなります。
アキュスコープを用いた治療は痛みの軽減や筋肉の緊張の解消に効果的であり、スプラング・バックの即効回復を促す役割を果たします。
アキュスコープの治療はいとう接骨院で行われており、アキュスコープを駆使したスプラング・バック治療の取り組みが行われています。
アキュスコープを導入した理由としては、その効果の高さや患者への負担の少なさが挙げられます。
また、アキュスコープを活用した治療によるスプラング・バック治療のメリットとしては、痛みの軽減や早期の回復が挙げられます。
しかし、アキュスコープの適応症や禁忌症には注意が必要です。
適応症としては、スプラング・バックや関連する症状があり、その使用が適切と判断される場合です。
一方、禁忌症としては、心臓病や妊娠中などです。
アキュスコープを活用したスプラング・バック治療は、患者の症状に合わせた適切な治療計画が必要であり、専門的な知識と技術が求められます。

アキュスコープの効果を高める骨盤矯正

骨盤の仙腸関節

上図:医歯薬出版株式会社「図解四肢脊椎の診かた」より

骨盤矯正は腰椎棘間靱帯の損傷に対して効果的な方法です。
骨盤矯正の目的は、骨盤の歪みや姿勢の改善によって腰椎棘間靱帯の負担を軽減することです。
骨盤の歪みは腰椎棘間靱帯への負荷を増やす原因となりますので、骨盤矯正によって正しい姿勢を保つことが重要です。
骨盤矯正は、専門家による施術やエクササイズなどの方法があります。
厚木いとう接骨院では最も安全な骨盤矯正と言われているSOTブロックによる方法を取り入れています。
アキュスコープに骨盤矯正を加える事で施術効果が安定します。
しかし骨盤の歪みは過回内足などが深く関わっているので、効果的な骨盤矯正は足の矯正も並行して行うことをお勧めします。
エクササイズでは、コアトレーニングやストレッチングなどの運動を行いましょう。
これらの方法によって、骨盤の歪みを正しい位置に戻し、腰椎棘間靱帯の損傷の症状の回復を促すことができます。
骨盤矯正は痛みの軽減や姿勢の改善だけでなく、腰椎棘間靱帯の損傷の再発を防ぐ効果もあります。
これは靱帯に掛るストレスを軽減できるからです。
定期的な骨盤矯正の受けることで、腰椎棘間靱帯を健康な状態に保つことができるでしょう。

アキュスコープの施術は鎮痛、炎症の除去が主な目的です。
原因を解決するには各部の矯正などが重要です。

タイトルとURLをコピーしました