腰痛は揉んでも治りません

腰痛は揉んでも治らない

腰痛

腰痛

腰痛の原因は

  • 悪い姿勢
  • 運動不足
  • 使いすぎ(高負荷)

悪い姿勢

どうして悪い姿勢になるのでしょう?

筋肉を揉んでも姿勢は良くなりません(一時的に改善する場合はあります。)。

だから揉み続けても腰痛は良くならないのです。

腰から上の姿勢が悪いのは骨盤の歪みから起こります。

骨盤が歪むのは、正常な歩行ができないために起こります。

正常な歩行ができないのは、土台となる足機能が異常だからです。

足機能は生後1歳から6歳くらいまでに育まれます。(大人に成ってからでは足機能は鍛えられない)

したがって悪い姿勢を良くするには、土台の足を矯正する必要があるのです。

over pronation

画像は両足とも踵が内側に倒れている過回内足です。

左足はその度合いが強く大腿骨が内旋し爪先が内側に向いています。

大腿骨が内旋すると骨盤が前傾し脊椎の正常な湾曲が失われるため腰の筋肉バランスが崩れ痛みを誘発させるのです。

だから腰を揉んだだけでは良くならず、痛みを繰り返してしまうのです。

ギックリ腰を繰り返している方は一度足の専門家(米国足病学に基づいた理論を有した専門家)のカウンセリングをお勧めします。

揉んだりマッサージなども各部を整えながら行うのであればこうかがあると思います。

 

運動不足

運動不足は筋力低下(インナーマッスルは特に大切)を招くだけでなく、関節可動域や代謝なども悪化させます。

しかし痛みを抱えながらの運動は症状を悪化させる恐れがあります。

私がお勧めなのがノルディックウォーキングです。

ノルディックウォーキングは全身の90%位の筋肉を使い、足腰の負担を50%位軽減します。

運動量も通常のウォーキングに比べ30%~50%ほど増えるので、お忙しい方も短時間で良質な運動ができます。

いとう接骨院もノルディックウォーキングサークルを主催しているので是非体験申し込みをしてください。

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング

 

 

 

 

 

 

 

使いすぎ

足から身体全体を整えても、使い過ぎては腰を痛めてしまいます。

特に何時間も座り続けるなど同一姿勢を長時間行うことは腰に大きなストレスとなります。

車の長時間運転や重量物の運搬なども腰に大きなストレスなので、1時間おきくらいに軽度な運動やストレッチを行うと良いでしょう。

まとめ

皆と同じ事をしているのに、自分だけ腰痛や肩こりがひどい。

この様な場合ほとんどが姿勢の悪化によるものです。

人間は直立して2足歩行をするため、足全体を地面につける習性があります。

これは足機能の一部です。

足が正常に機能しないと膝や腰などを使いバランスを取り直立しようとします。

この様な行為を代償といい、代償された箇所はストレスがたまり痛みが出るのです。

足が正常に機能しないと姿勢が悪くなり痛みがでるのです。

痛みを出さない基本は土台(足)の矯正です。

※腰痛などには内科的要因や神経的要因も当然あります。

 

 

本厚木駅前ファミレスジョナサンさんの隣ビル2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

交通事故で腰部捻挫が多い理由

追突事故で多いのが頚部捻挫つづいて腰部捻挫

腰腹部の筋

なぜ交通事故で腰部捻挫が多いのでしょう?

交通事故で一番多い怪我は頚部捻挫(むちうち)ですが、意外に多いのが腰部捻挫です。

自動車対自動車の交通事故でなぜ腰部捻挫が多いのか考えてみました。

私の仮説

  1. 背もたれが倒れすぎていると、骨盤が後傾して脊椎が伸展(後にそる)する。更に追突の衝撃で過伸展となり負傷する。
  2. 腰椎の旋回可動域が狭い(頚椎:45°~50° 胸椎:35° 腰椎:5°)ので、追突され踏んばれない側の足(フットレストやブレーキを踏んで支えている)に身体が回旋し腰椎や仙腸関節を壊す。
  3. 足の代償で骨盤が歪んで、腰が脆弱になっている。(もともと弱い腰だった)
    ※腰は思っているより鈍感で骨盤が歪んでいるだけでは直ぐに痛みが発生しないが、些細な事で激痛に襲われることもある。

これらの理由の他にも考えられることが有りますが、腰椎の回旋角度が5°とは驚きの狭さですね。

交通事故による腰部捻挫が治りにくい理由

交通事故で腰部捻挫になった場合、痛みがなかなか取れないで長期加療になる場合があります。

考えられる理由は

  • 仕事で自動車を頻繁に運転する。運転姿勢は腰に負担を掛けやすいからストレスになる。
  • もともと弱い腰に交通事故でダメージを負ったから。
  • 自動車の乗り降りが腰に負荷を掛けるから。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

ギックリ腰の応急処置

夜中や休日にギックリ腰になってしまったら!

もし深夜や休日にギックリ腰や腰痛が酷くなったら。

腰痛が酷い時の寝方

 

 

 

 

 

 

応急処置

応急処置はRICEの法則にのっとって行います。

  • 腰を安静にする
  • 腰を氷嚢やアイスノンのような物で冷やす。
    ※お風呂で温めたりしないで下さい。お酒も禁物です。
  • 自転車のタイヤチューブの様なもので骨盤をしめる。
  • ふくらはぎの下に座布団を5枚くらい敷いて仰向けで寝る。
    ※仰向けになれない場合は一番楽な姿勢で休みましょう。 ※休日が明けたら病院や接骨院・整骨院でぎっくり腰を治療しましょう。 ※些細なことで繰り返し痛みが出る場合は、内科的疾患も疑いましょう。

 

ぎっくり腰の痛みが回復してきたら。(応急処置後)

  • 重いものを持ち上げる時は、身体になるべく寄せしゃがんで膝を使って持ち上げましょう。
  • 起床の際は膝を左右にゆっくり振って腰を柔らかくしてから起き上がりましょう。
  • 自動車を運転する場合は休憩とストレッチを繰り返しながら行いましょう。
  • 湿布にかぶれないように注意しましょう。

いとう接骨院のぎっくり腰の施療

いとう接骨院は腰痛(症状)の原因は骨盤の歪みから起こると考えています。

骨盤のゆがみは足機能不全により起こると考えます。

いとう接骨院では患者様の歩行から身体の異常を分析しストレスを除去していく施療を推奨します。

鎮痛剤や痛いところを揉みほぐだけの一時しのぎ施療はおすすめしません。

身体のバランスをとり、腰の痛みと別れましょう。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

下肢の変形性関節症

足は姿勢に大きく関係する

下肢の変形性の関節症とは

骨(主に軟骨)が変形して関節の機能に支障を来たしたものを言います。

下肢の変形性の関節症は膝・股関節・足首など下半身に起こります。

症状は関節周囲の腫れや痛み、関節の動きが悪くなるなどがあります。

足のちょっとした歪みが、足のバイオメカニクス(生体力学)をくるわせ関節の変形を誘発し痛みや腫れを生みます。

 

変形性関節症の治療

変形性関節症の治療は、物理療法・投薬・外科手術などがあり関節の状態によって治療法を選択します。

欧米では下肢の変形性関節症の治療に足病学(インソールなどによって歩行を改善する)的アプローチをする事が盛んです。

 

変形性の関節症は、なぜ起こる。

変形性の関節症は過度のストレスによって起こると考えられますが。

私は代償によってストレスが生じ、軟骨が磨り減り変形していくと考えております。

特に下肢に起こる変形性の関節症は不完全な足の代償によって引き起こされると考えております。

変形性膝関節症の原因は過回内足などの関連性を強く感じます。

 

下肢の変形性の関節症とどう向き合うか

変形性の関節症で、外科的手術が必要で有っても無くても、その関節に不必要なストレスは避けるべきでしょう。

特に足が大きく関与している代償があるならば、足を整えるべきだと考えます。

しかしながら、足は1歳から6歳位までに成熟されると考えられているので成人の足を鍛えなおすことは不可能と思われます。(欧米の足病学的には、そう考えられています)

これは眼鏡を使用しても目自体は改善しない事に似ています。

欧米では足機能について深い関心があり、特に米国では足病学として確立されています。

残念なことに日本を含むアジアでは、未だ関心が少ないと言わざるを得ません。

少しだけでも足病学的アプローチを施せば、痛みを軽減できる下肢は少なくないでしょう。

腰から下の下半身に、原因不明の痛みを抱えている方は足機能を確認する価値があると思います。

初めは小さな関節のゆがみでも、繰り返し関節を使うことで、変形が進み代償も大きくなっていきます。O脚や姿勢の悪化はこうして進行していきます。

もし足の異常に気づいたら、是非足の専門家に相談しましょう。

 

足機能が不完全で起こる症状

  • 下肢(股関節より下)関節・筋肉痛
  • 骨盤の歪み
  • 姿勢が悪くなる
  • 外反母趾
  • タコ・ウオノメ

足機能を整えるインソール

足機能を整える機能的インソールをフットベッドあるいは足底板と言います。

足の異状に過回内足(踵が内側に倒れすぎた状態)があります。

過回内足は下記のような症状を引き起こします。

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • O脚
  • 膝関節症
  • シンスプリント

過回内足を矯正するには、機能的インソールが効果を発揮します。

機能的インソールは足機能を構造的に矯正し、代償による痛みを軽減させます。

※代償とは不完全な関節機能を他の関節が補うことを言います。

 

外反母趾や膝などの痛みを軽減するオーソティック(インソール)

NWPLドレスシューズ用

ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)

ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)は3次元で、足をコントロールします。

通常の機能的インソールでは、ショパール関節までコントロールすることが困難です。

可能であれば、ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)を選択することをお勧めします。

ノースウエスト社製 ドレスシューズ用オーソティック(インソール)は、関節の変形をもたらす不完全な足を矯正します。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院

 

ムチウチは骨盤から治す

むちうちは骨盤から治す!

ムチウチ(頚椎捻挫:むちうち)が中々治らない患者さんは骨盤の歪みがある方が多くみられます。

ムチウチの回復は頚椎のストレスに大きく影響されます。

骨盤がゆがむと背骨の正常な湾曲がこわれ、カラダに対する路面からの反力や前後左右のブレでムチウチを悪化させます。

頚椎は骨盤のゆがみで、湾曲を失ったストレートネックになりやすいため、症状を更に悪化させます。

交通事故でムチウチ症になった頚椎は、骨盤のゆがみで安静をとることができず悪循環のループに陥ります。

交通事故→ムチウチ→骨盤のゆがみによるストレス→痛みによる運動不足→運動不足による血行不良→血行不良による痛みの慢性化

だからムチウチを治すには骨盤のゆがみも解消しなければならないのです。

そして骨盤が歪む原因の多くは足にあります。

むちうちの治療は足元からカラダのバランスをとらなければなりません。

下半身と上半身を結ぶ骨盤と脊椎

骨盤の中心である仙骨は脊椎の土台となります。

下半身の不具合は仙骨を含む背骨を介して頚椎まで達します。

脊椎は連続した関節で、いくつもの筋肉が胴体部分のみならず上肢下肢にも折り重なるように付着しているため骨盤の影響が全身にも及びます。

もともと骨盤のゆがみによってストレートネックになった頚椎は外力に対して弱いので、交通事故などの大きな衝撃で甚大な被害をうけます。

骨盤、足から頚椎まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いとう接骨院のムチウチ治療

※任意保険一括請求対応・自賠責保険被害者請求対応

 

℡     046-295-6311

mail:  info@foot-head.com

神奈川県厚木市中町3-1-2

いとう接骨院