腰を痛めて整形外科に行ったが

腰を痛めた

腰を痛めた

 

何かの作業中に腰を痛めた

何かの作業中に腰を痛めて最初に整形外科に受診すると、その後で整骨院などで保険治療ができなくなることがあります。

整骨院(接骨院)の保険適用は怪我に限ります。

したがって整形外科でヘルニアなどの慢性疾患として診断された直後(約1か月以内位)は、たとえ腰をひねって完治後に腰を痛めたとしても怪我として認められない場合があります。

仮に腰をひねって痛めた怪我だとしても、最初に整形外科で慢性疾患の診断が下されると整骨院での保険診療が厳しくなります。

最初に整骨院で治療を受ければ、整形外科に移ることは可能です。

よくあるケースとして、整形外科では湿布と痛み止めしか処方されず満足な治療が受けれなく接骨院に移りたいが慢性疾患の診断が足かせとなり接骨院で保険治療が受けられない。

この様な方が当院にも多く来院されますが、保険診療での施術は困難となります。

最初に接骨院で受診し、下の条件を満たせば保険での診療が可能です。

  • いつ(2週間以内)
  • どこで
  • 何をして、痛めた(ささいなことでも構いません:ぶつけた・ひねった・のばした等)

※骨折と脱臼は医師の同意が必要です
※お仕事中の怪我は労災保険扱いとなります。
交通事故は自賠責などの自動車保険扱いとなります。

※他人による怪我は第三者行為となり自費または保険者への届け出が必要です。

かかりつけの接骨院を持とう

接骨院の施術方法は千差万別です。

貴方に合った施術で患者様の事を第一に考える、かかりつけの接骨院を持つことをお勧めします。

もし検査が必要な疾患や病院でなければ治療できない疾患の場合、躊躇なく病院を紹介する信頼のおける接骨院をかかりつけにしましょう。

セカンドオピニオンとしての接骨院

何らかの理由でどうしても病院へ通院しなければならないが、接骨院の特別な施術も受けたい。

この様な場合、自費診療で接骨院を利用することができます。

またお怪我の治療なら、医師の承諾があれば病院で経過観察しながらの保険診療も可能です。

神奈川県厚木市中町3-1-2はまやビル

℡ 046-295-6311

平日夜9時まで施療

本厚木駅前 北口から徒歩二分ファミレス ジョナサンさんの隣のビル2階

 

膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みはとれにくい症状の代表格です。

膝の痛みを抱える多くのひとは、「痛みの森」の迷子となり脱出が出来なくなるのです。

  • 転々と医療機関を替え同じような治療を繰り返す。(同じことの繰り返し)
  • 膝の痛みのため運動が出来ず筋肉が衰え悪循環のループにはまる。(筋力低下と、あきらめ)
  • テレビコマーシャルやチラシ広告を信じサプリメントにはまる。(サプリメントの過大評価)

もしあなたが膝の痛みを抱え、その痛みから完全に逃れられないとしたら上記3点を見直す必要が有ります。
今迄に膝のためにしたことで痛みが変化しないのであれば、全く違う思考で新たに取り組まなければなりません。
今までと同じことをしたのでは、結果は同じです。

膝の痛みは何処から来る

膝の痛みは何処から来るのでしょう。

  1. 変形性の膝関節症。(年配者に一番多いパターン)
  2. 単純な怪我によるもの。(スポーツや事故など)
  3. 内科的な問題。(リュウマチなど)

膝の変形はなぜ?原因は?
起立時や運動時に集中して変形箇所へ物理的な外力が加わり変形する。
変形後もその外力が直撃し続けていれば、痛みや変形は悪化していくとは考えられないでしょうか?

単純な怪我によるもの。
単純な怪我によるもので軽度な場合組織の回復と共に傷みも回復していくでしょう。
この様な場合でも上記の様な外力が加えられ続ければ、怪我をきっかけに症状が出現し悪化の道をたどるのです。

内科的な問題。
関節リュウマチは関節を破壊していく内科的病変なので、内科的処置が必要です。リュウマチの場合でも上記物理的な外力が加えられていけば症状は更に悪化していくのです。

膝の痛みを誘発する外力とは。

膝の痛みは、足機能の乱れから外力で誘発されます。
足機能が乱れていると膝関節に正常な方向で外力が加わらず、偏ってしまいます。
その外力は脛骨(すねの骨)の内側を浸食し変形が起こります。
此の外力を正常な方向(膝の中心)に向かわせれば痛みは軽減するでしょう。
足機能の乱れを矯正すれば、変形性の膝関節症の痛み軽減も見込めるのです。

今までと同じ繰り返しでは、結果も同じです。
※足機能の乱れは膝痛だけでなく腰痛肩こりなどの症状も誘発します!

 

健康保険の枠を超えた自費診療

自費診療とは

自費診療とは健康保険を使わない診療を言います。

  • 健康保険に未加入の場合⇒自費診療
    例:外国人旅行者等
  • 健康保険適応で無い場合⇒自費診療
    整骨院・接骨院は外傷(怪我:些細な理由でもかまいません)が健康保険適応で、それ以外は健康保険適応外となります。
    他医療機関と重複する場合。(重複診療の禁止)⇒自費診療
    健康保険で支給されない材料や特別な処置等。(整骨院・接骨院では骨折及び脱臼以外は材料費が支給されません)
    ※健康保険で認められている材料に限る。

外反母趾など慢性的な疾患

外反母趾などの慢性的な疾患も、更にぶつけたり捻って負傷した場合は外傷となり健康保険で施療できます(骨折の場合は医師の同意が必要)。
※負傷日の日にちが多く経った(3週以上)ものは外傷として認められ無い事があります。

外傷とは

整骨院・接骨院における健康保険対応の外傷とは。

  • いつ(日にちが経っても2週間以内程度の怪我)
  • どこで(私用時間:仕事中や第三者行為以外)
  • どうなったか?(ぶつけた:打撲  ひねった:捻挫 伸ばした:肉離れ等 骨折 脱臼)

健康保険適応内でも自費診療を選択される患者様もおられます。
※健康保険の枠を超えた納得の治療。

小田急線本厚木駅前ソフトバンクさんの2階

℡ 046-295-6311

いとう接骨院