身体各部の不調は足機能と密接な関係がある

 

足の矯正

足機能の改善は身体の改善

身体に掛かった重力は足へ反力として身体各部へ伝わっていきます。

足が正常に機能しないと、それを補う動きが足付近の関節から発生します。

この動きを代償といいます。

代償が行われている関節はストレスが生じ、やがて故障してしまいます。

この事実に気がつかないと身体各部の改善どころか、悪化の道をたどる破目になります。

中々改善しない身体各部の症状には代償が潜んでいます。

対蹠的な治療では、このような原因(代償)による不調の治療に限界があります。

足機能を改善すれば身体各部の様々な不調を改善できる場合が数多くあります。

上記の如く、その逆も然りです。

胴体部分や股関節から下の箇所で痛みが慢性化している場合などは、足部機能異常を疑う必要があります。

関わりの深い症例

 

人間の足機能は生後6歳までに形成される!

人間の足機能は生後1歳から6歳までに形成されます。

小学校に入学するくらいの期間は人間の足にとって、とても重要な時期といえます。

音楽の絶対音感などもこの時期に習得されます。

この時期に家の仲にばかりいて適度な運動をしないと、足の将来=身体の将来に致命的なダメージを与えかねません。

歳を取ってからでは、足機能を鍛えられないからです。

後脛骨筋機能不全症候群などは足機能の発育と深い関係があると考えられています。

 

足機能を改善するインソール

ここまでの記事をご覧になり落胆された方もいらっしゃると思いますが、ご安心下さい。

たとえ大人になって足機能に異常がある場合でも、足機能を改善する適切なインソールを使用すれば多くの場合生活に問題ないレベルまで機能回復が可能です。
※症状によっては、改善されない場合も有ります。

 

子供靴は将来の足機能や健康を左右する。

子供靴は正常に成長をする為の非常に大切な役割があります。

運動量が増えてくる3歳位からは特に確りした子供靴が必要となります。

そして適切なサイズ選びも大事です。

靴選びで最も大切なのは、足にフィットする硬い靴を選ぶことです。

最近の子供靴は靴の脱ぎ履きのし易さやデザイン性を重視したものが多く、足機能の障害になるものが多く見受けられます。

お子様の足に合う子供靴がどうしてもない場合は

足長が、ある程度(22cm以上)ある場合は,大人婦人用運動靴で子供靴として代用できることがあります。

子供靴は靴ひもの変わりにゴム紐やマジックベルトでフィットさせるものが大半です。

これに対し女性用の本格的女性用運動靴ならば、靴紐で確りフィットさせることが可能です。
※成人男性用運動靴では足長が合っていても、足幅や踵の大きさが合わないことがあります。

幼少期に足機能が異常だと、下記症状を悪化させていく原因となります。

  • 脛の骨の湾曲(O脚)
  • 身長がのびない
  • 脊椎の側湾
  • ねこぜ
  • 外反偏平足
  • 外反母趾・内反小趾・・・

未来の社会を担う子供たちの健康の土台である足機能を考えた靴生産をメーカーに懇願します。

剛性がなく脆弱な靴は人の身体を蝕んでいくからです。

くれぐれもメーカーの宣伝文句に惑わされること無く、本物を見極める力を培ってください。

良い靴の選び方は当サイトに掲載しております。

 

 

過回内足など足機能に問題がある場合は機能性インソールや医療用足底板をしようしましょう。

小児用足底板

OTCチルドレンズ(小児用足底板)

 

いとう接骨院
小田急線本厚木駅前 夜9時まで診療
℡046-295-6311

 

偏平足:内側アーチは幼少期の足機能発育に影響される。

偏平足は内側アーチが低くなった足のことです。
※偏平足は足部機能異常です。
※偏平足を放置すると身体の各部に障害を起こします。

偏平足

「アーチの種類」

  • 内側アーチ:踵骨・距骨・楔状骨・中足骨で構成。
  • 外側アーチ:踵骨・立方骨・第5中足骨で構成。
  • 横アーチ:第1~第5中足骨頭で構成。

「偏平足のタイプ」

内側アーチ

  • 非荷重時でも内側アーチが低い:足根骨癒合症などで変形したもの、前足部内反(軟部組織が適応し前足部回外となる)。
  • 荷重時に内側アーチが低くなる:後脛骨筋の筋力低下→PTTDなど。(主に過回内足

「身体への影響」

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • 硬直母趾
  • モートン神経腫
  • 骨盤
  • 脊椎

「対処方法」

  • 小児期(1~6才)の偏平足は、経過観察しながら対処。
  • 上記以降は足底板で対処する。(放置すると代償による脛骨の内湾やO脚などの恐れあり。)
    ※軟部組織の適応による前足部回外は、早期の足底板使用により予防できる場合があります。

人間の足機能は幼少期(1歳から6歳)に形成されます。

幼少期に育まれた足機能が、その後の人生に大きく関わります。

お子様の歩行が不安ならば、是非足の専門家に相談しましょう。

平日          10:00~21:00
土曜・日曜 10:00~15:00
水曜日・祝日 休診
℡ 046-295-6311
mail: info@foot-head.com
本厚木駅前徒歩2分 いとう接骨院

過回内足とは

過回内足とは距骨下関節で踵の骨が内側に倒れすぎた足の事です。

これは正常な足です。踵の骨は垂直で横アーチも有ります。

距骨下関節ニュートラル ニュートラル時のアーチ

 

これが過回内足です。踵の骨が内側に大きく倒れこみ、横アーチも無く扁平な足です。

過回内で扁平になったアーチ 過回内した踵骨

扁平化した内側アーチ

 

 

 

街中でこういう状態のブーツを良く見かけます。過回内で変形しています。

過回内足で変形したブーツ

 

過回内足の主な原因は後脛骨筋の筋力低下と言われています。

後脛骨筋は回内の減速と制御に働くため過回内で腱に大きなストレスを発生させます。

後脛骨筋不全症:PTTDは身体に様々な病変を引き起こします。

 

《過回内足が関係する傷病》

  • 強直母趾
  • 外反母趾
  • 足関節背屈不全
  • シンスプリント
  • 内反小趾
  • モートン神経腫
  • 足底筋膜炎
  • PTTD
  • 膝蓋軟骨軟化症

足の事なら、本厚木駅前「いとう接骨院」
平日夜9時まで診療、日曜日も診療

 

平日    10:00-21:00
土曜、日曜 10:00-15:00
水曜・祝日 休診
info@foot-head.com

いとう接骨院ホーム