①2月25日土曜日外反母趾など足や膝の無料相談会を行います! ②5月よりオーダーメイドインソールが値上がりします。③診療時間について。

ハイヒール用インソール

ハイヒールを履くと痛いのは足のせい

ハイヒールのパンプスやブーツを履くと、つま先が痛くなるのは回内足や開張足が原因。

回内足は踵が内側に倒れてしまう足で開張足は足が不安定で爪先が開いてしまう病的な足です。

この様な足は親指側に荷重し外反母趾同様の箇所に痛みが出やすいのですが、反力は足外側に及ぶため小指側にも痛みが出ます。

これらの症状は治療や運動で改善するのは難しいのでバイオメカニクスを改善するインソールの使用が合理的でしょう。

※外反母趾も同じ理由で発生します。

ハイヒールには専用のインソール

通常のインソールは2cm位(つま先と踵の高低差)の高さの靴に合わせて作成されています。

したがってハイヒールは専用のインソールが必要です。

インソールは荷重によるストレスを素材で和らげるものが多いのですが、当院ハイヒール用インソールは足自体を矯正し荷重が一点に集中しない様に作られています。

当院インソールはバイオメカニクスの改善で足のストレスを緩和するインソールです。

ハイヒール用インソール表

 

既製品は5cm以上のハイヒールに対応

既製品は5cm以上のハイヒールに対応し、主に後足部の矯正をします。(過回内矯正)

イージーフィットh

オーダーメイド品は個人の足型を採取し前足部と後足部のすべてを矯正します。
オーダー品はヒールに合わせ厳密に作成するので、異なるヒールとの共用は出来ません。

健康のためにはフラットな靴

や無負えない場合を除いてフラットな靴の使用をお勧めします。

健康面でハイヒールはフラットな靴に勝る理由は在りません。

しかし当院のハイヒール用インソールを使用した場合としない場合を比較すれば明らかに使用した方が身体へのストレスは小さいと言えます。

ハイヒールを履くと強い痛みが出る方は、足のバイオメカニクスが異常を来していることがあります。

足にタコ魚の目は危険信号です。

足以外の膝などにも違和感のある方でハイヒールを履くならばバイオメカニクスを矯正できるインソールの使用を強くお勧めします。

℡ 046-295-6311
平日  10:00-21:00
土曜  10:00-15:00
日曜・祝日 休診
いとう接骨院
神奈川県厚木市中町3-1-2濱屋ビルA2-1
℡ 046-295-6311
メール info@foot-head.com

 

 

タイトルとURLをコピーしました