①7月30日土曜日外反母趾など足や膝の無料相談会を行います! ②診療時間について。

装具固定具関係

装具固定具関係

足に良い子供の靴選び。大きい靴は身体に良くない。本厚木いとう接骨院

子供の靴選びは、成長と深い関係があるので慎重に行わねばなりません。足の機能を習得し足を形成する時期は生後1歳~6歳といわれています。この時期に足へ悪影響が及ぶと成長の過程や成人してから足だけに止まらず、膝・腰・脊椎などに悪影響が及ぶので適切な靴を選びましょう。
装具固定具関係

足や靴の間違った常識。柔らかい靴は身体に良いは間違いです。

足の常識は間違い? 日本では足の間違った認識が、常識となっています。 欧米やオーストラリアなど足医療の先進国と日本では、専門家でなくても足に関する常識が大きくかけ離れています。 足に関する常識が眞逆であることも珍しくありません...
装具固定具関係

インソール最強はノースウエスト。スニーカーから安全靴迄幅広く対応

インソール最強はノースウエスト。最高の材料を最高の技術で制作した最強のオーダーメイドインソール。足の機能を最大限に伸ばしスニーカーからハイヒール迄様々な靴に対応。硬くて身体に優しいインソールは本物の証です。
装具固定具関係

靴に注意、踵の歪みが全身の関節を壊す。

日本ではクッション性の高い柔らかな履物が足に良いという考え方が一般的です。しかし足の医学が進んでいる欧米では、逆の考え方が主流です。足病医学では、硬くて剛性のある履物のほうが足に良いと考えているのです。ゴム長のように、靴底が柔らかい靴は不安定なので身体に良くないと考えられています。
装具固定具関係

インソールで足がパワーアップする。足機能向上でタイム短縮

インソールで足がパワーアップするのは、足の力が効率よく路面に伝わるからです。足は柔らかくなったり硬くなったりを繰り返します。着地時はショックを吸収する為に柔らかくなり、前進する際に硬くなり路面に脚力を伝えます。足機能が正常に働かないと、不安定なまま路面を蹴りだします
タイトルとURLをコピーしました